近所のお兄ちゃんがオナニーしてるのを見た

この体験談は約 2 分で読めます。

あたしが小学5年生の時、近所に高校生のお兄ちゃんがいて、よく一緒に遊んでくれてた。

ある日のこと、お兄ちゃんを驚かそうといきなり部屋に入ったら、お兄ちゃんがパンツ脱いで何かしてた。
その時は何してたのか分からなかったけど、今思えばオナニーしてたみたい。

私「お兄ちゃん何してるの?」

お兄ちゃん「病気でここ(おちんちん)が腫れて、痛くなった」

あたしがどうしようと困ってたら・・・。

お兄ちゃん「Yちゃん(あたし)がお口で舐めてくれたら治るよ」

あたしはお兄ちゃんの病気を治してあげようと、何も疑わず必死で舐めてあげた。
口に含んでしばらく動かしてたら何か出てきたの。
それをティッシュに出して捨てた。
そしたらおちんちん、ちっちゃくなって治ったよ。
ありがとうって言われたけど、それからだんだんエスカレートしてきた。

あたしの裸見たいって言ってきたの。
大好きだったお兄ちゃんの頼みを聞いてあげました。
何回もフェラしました。

最初はティッシュに出してたけど、飲むようにもなった。

お兄ちゃんはあたしのアソコ舐めてた。
何かくすぐったいような、気持ちいいような変な感じした。

風呂場でおしっこするとこも見られました。
お尻に指入れられた時はさすがにビックリした。
でも、何回もされてるうちに気持ちよくなってきた。

夏場はワンピース着て、パンツ穿かないまま外出した。
露出プレイってやつ?
公園の草陰でおしっこさせられたり、時にはうんちも。

これはいけない事してるって分かってるけど、止められない。
フェラも上手くなったと褒めてもらい、調子に乗って何回もしました。
お兄ちゃんも調子に乗り、ロウソク持ってきてあたしに垂らしたりしてきた。

あたしが、「熱い!痛い!」って騒ぐと、口にハンカチ入れて、手足縛っていっぱいロウソク垂らされた。

何が楽しいんだろ。
あたしは辛いだけだのに。

バスの中でフェラしたこともありました。
一番後ろの席に座り、お兄ちゃんがズボンのチャック開けておちんちん出したので咥えて、出したのを飲んであげました。
その後、あたしのあそこ触ってきたり、お尻に指を入れたりして遊んでました。

そんな付き合いも、お兄ちゃんにちゃんとした彼女出来て、あたしとは遊んでくれなくなりました。
あたしもその後はそれなりに性の知識も分かり、あの時の遊びはいい思い出になりました。