家に遊びに来た友人が彼女を無理やり・・・

この体験談は約 4 分で読めます。

数年前、家に友人が遊びに来た時のことです。

私は23歳、彼女の美由は20歳です。
美由とは同棲をしてました。

友人が来るまで時間があるし、どうしても、エッチがしたくなり、美由の腕を縛り、目隠しをして、フェラをしてもらいました。
いつも美由とは、こんな感じなので美由も普通にしてくれました。
私は黙って、静かな中“チュ、チュパ、チュパ”とイヤらしい音だけが、部屋に響き渡りました。

私はミニスカートの下から手を入れ、パンティー越しに触ると、少し湿ってました。

「ひろ、感じちゃう」
「もう濡れてきたね」

「あん!言わないで」

そして、パンティーの隙間から指を入れると、もうビショビショでした。

「パンティー脱がすよ」
「う、うん」

美由は腰を浮かした。
私はパンティーを脱がし、指を入れ前後に動かした。

「あん・・いや・・」
「俺は今から喋らないから、誰かにヤられてると想像して」

「あん・・あ・あん」

美由は異常なくらい濡れていた。

「あ、あー、イキそう」

その時、突然の腹痛に・・・。

「少しトイレに行ってくるから、帰って来るまでこのままでいてね」
「いや、三浦くん来ちゃう」

私は、そのままトイレに入った。
私はまだこの続きをしたくて、美由をそのままにしてきたが、三浦が来るまでまだ30分あるし、とりあえずこの腹痛から逃れる事だけを考えていた。

“ピンポン”

(あれ?誰か来た。)

鍵は掛けてないけど、返事をしなければ、誰も入って来るはずがないと思ってた。

「おーい?来たぞ?」

(三浦だ。)

私は、焦ってトイレから出ようと急ぐが、なかなか腹痛が治まらない。

「三浦!トイレにいるから少し待ってくれ」
「あれ?トイレか?分かった」

(美由は、三浦がいる部屋の隣りにいるからバレないはず・・)

ちょっとした悪戯心で、美由をそのままにしてきたが、こんなに焦ることになるとは思わなかった。
三浦が来てどれくらい経ったのか、腹痛が治まったと思えば、また痛くなる。

(テレビをつけたのか?やたらと音量がデカいような気がする。)

私は不安になり、確認するために、腹痛を我慢してトイレから出た。

なぜかバレないように、こっそりと部屋を見ると、三浦が居ない。
美由がいる隣りの部屋を見ると、襖を閉めたはずなのに、三分の一ほど開いていた。
静かに歩き、こっそり覗くと、美由が座ったままで、三浦は立ち、美由の頭を持って前後に揺らしていた。

私は、余りの光景に釘付になった。

「美由ちゃんが、こんなにエロいとは思わなかったよ」
「んっ・・ん・」

「早くイカせないとアイツが出て来るよ」

(なんてことだ。三浦に脅されて。)

「もういいや」

三浦は美由を寝かせると、美由の中に入れた。

「もうやめよう?」
「こんなに濡らして!無理矢理されるの好きなんだろ」

美由は、先程まで私に愛撫されてたから仕方なかった。
三浦は、乳房を鷲掴みにし腰を振った。

「あん!あん・・」
「感じてんじゃん」

「やだ・・あっ・・あん」

そして、美由のことなんか気にせず・・・。

「すごい締めつけだ。出る」
「いやあー・・・」

三浦は、中出しした。
少しの間余韻に浸ると、美由から離れ・・・。

「気持ち良かったなー、今夜アイツが寝たら、また、可愛がってやるよ」

なんてことだ。
三浦は、夜もヤル気だ。
私はトイレに戻り、水を流し、戻ると、三浦はテレビを見ていた。

「おー!長かったな」

三浦は何食わぬように言って来た。

「まっ、まーな」
「彼女は?」

「隣りで寝てんだ!起こしてくるわ」

私は扉を開けるのに怖かったが、震える手で開けた。
そこには、トイレに行く前の状態の美由がいた。

「おーい!三浦が来たぞ」

私は、言いながら美由に近づき、目隠しや紐を解くと「遅いよー」と抱きついてきた。

私は部屋に残るいやらしい匂いに、苛立ちを覚えた。
そして、何もなかったように、三浦の元に戻った。

「今日は、俺が奢るから、買って来てくれ」と、三浦が突然言ってきた。

私は嫌な予感がして「美由と行って来るよ」と言うと、「話相手がいないから、一人で行って来いよ」と上手く言われ、渋々行くことになったが、家を出る時の美由の怯えた顔が今でも忘れられない。

家を出ると、突然「いやー」と叫び声が聞こえ、怖くなり、うずくまってしまいました。

そして、美由は玄関まで逃げてきたのか?ドア向こうで・・・。

「お願い、やめて」
「相変わらずいい乳してんな」

「いや・・あ・」
「オラ、尻突出せ!」

私は彼女が犯されてるのに、逃げるように買い出しに行った。
往復30分は掛かっただろう。

ドアの前に立った。
中かは静かだった。
家に入ると、三浦は居なくなっていた。
美由は裸の状態で、泣いていた。

私は何があったかも聞かず、美由を抱きしめた。
それからは、歯車が狂い、少しして別れた。