潮吹きに興味を示した後輩の彼女・前編

この体験談は約 5 分で読めます。

「先輩!週末、時間ありますか?」

仕事を切り上げて、帰り仕度を始めようとした時に、マサアキが声を掛けてきた。

「おう!また飲みに行くか?」

マサアキは俺の八つ下だが、毎週一緒に飲みに行くほど親しかったので、呑みの誘いかと思い、そう返事をした。
するとマサアキは、彼女が出来たので紹介したい、彼女の友人も来るのだが、4人で飲みに行きましょうという事だった。

当時俺は38歳でバツイチ、遊んではいたが特定の女も居なかったので、早速週末に予定を立てて飲みに行くことにした。

当日、俺は飛び込みの仕事が入り、1時間程遅れて店に着いた。
1時間でだいぶ飲んだらしく、マサアキと女の子2人は結構盛り上がっていた。

とりあえず自己紹介すると、髪が長く目鼻立ちのハッキリした子がユキ、髪がショートで大人し目の子がユウコ。
ユキがマサアキの彼女だった。

ユキとユウコは同じ地元で幼馴染、年は二人とも25歳。
マサアキのアパートとユキの実家が近所で、しょっちゅう顔を合わすうちに話をするようになったらしい。
ユキは、付き合い始めてまだ1ヶ月、週に一度マサアキの部屋にユキが泊まりに行くと、結構オープンに話してた。

店は照明が暗めで、座ったテーブルは半円形でマサアキ側が壁になっており、マサアキ、ユキ、ユウコ、俺の順番で座っていた。
ユキがトイレに行くと言うので、テーブルとユウコと俺の前の狭い間を通り、トイレに行き戻って来ると、また奥に入るのは悪いからと、ユキは俺の隣に座った。

しばらくユウコとマサアキ、俺とユキが話をしていたが、ユキがグラスを取った時に、グラスの底にくっ付いていたコースターが俺の太ももの所に落ちた。
ユキが小さく「ごめん」と言ってコースターを取るために手を伸ばした瞬間、俺の股間をギュッと握り、そのままコースターを拾った。
俺はハッとしてユキの顔を見たが、ユキは何事も無かったような顔をしていたので、俺は偶然だろうと思いそれには触れず、普通に話をしていた。
それから少し飲んで、俺とユウコは電話番号とアドレスを交換し、その日はお開きになった。

その後は、4人で飲みに行くことは無く、ユウコは「デート」と言えば俺の部屋に泊まりに来るようになった。

4人で飲んでから1ヶ月半後の年末。
マサアキは田舎に帰り、ユウコは家族と温泉旅行、俺は一人で部屋に居た。

携帯が鳴り、見ると知らない番号。
電話に出るとユキだった。

「どうして俺の番号知ってるの?」
「ユウコから聞いたの・・・」

「ユウコがね、私が温泉に行ったら、俺さん一人だから、おせちでも食べさせてあげてと言われたの」
「ユウコは何も言ってなかったぞ・・・」

「ユウコが行く前に言ったら、俺さんは遠慮するからって・・・」
「そうか・・・」

「それでいつおせちをご馳走してくれるのかな?」
「俺さんさえ良かったら、これから持って行きたいんだけど・・・」

「俺の部屋知ってるの?」
「前にマサアキを聞いたことがあるから・・・」

時計を見ると6時だった。
電話で詳しい場所を説明し、少しするとユキが来たので部屋に上げると、ユキはテーブルにおせちを広げた。

「すごいね!」
「全部ユキちゃんが作ったの?」

「私も手伝ったけど・・・」
「ほとんどはお母さんかな・・・」

「では早速頂こうかな。ユキちゃん良かったらビールでも飲む?」
「ええ!良いんですか?」

ユキにビールを注いでやり、おせちを摘む。
マサアキやユウコの話題で話をしていると、ユキが・・・。

「ユウコが言ってましたけど、俺さんって凄いんですね」

「何が?」
「俺さんのエッチはちょっと変態だけど凄いって!」

「はあ!ユウコとそんな話してるの?」
「しますよ~」

「何聞いたか知らないけど、普通だよ」
「そうなんですか、でもユウコ潮吹かされるって」

「女の子はみんな吹くんじゃないの?」
「ええ~そうなんですか!」

「ユキちゃんは経験無いの?」
「無いですよ~」

「じゃあ今度マサアキに教えておくよ」
「ホントですか?」

「それとも今やってみる?」
「ええ!ダメですよ~」

「ユキちゃんエッチ好きそうだよね?」
「好きですよ~!どMだし~」

俺は立ち上がり、ユキの後ろに回り、後ろから抱きかかえるように座った。

「ええ!ダメですよ~」

無言でユキの胸を揉む。

「ダメです!」

左手で胸を揉みながら、右手でユキの顔を振り向かせ強引にキスをした。

舌を入れると、ユキが舌を絡ませてきた。
座ったまま後ろから抱きしめキスをしながら、右手を下に下ろした。
スカートの中に手を入れるとユキは俺から口を離し俺の腕を押さえたが、構わず股に手を捻り込み、左手でユキの顔を押さえキスを続けながら、パンストの上からオマンコの部分を強く指でなぞると、ユキは吐息を漏らした。

キスをしながらしばらくオマンコの部分を擦っていると、ユキは甘い吐息とともに「うっ、うっ」と声を出し始めた。
パンストの中に手をこじ入れようとすると、ユキが俺の腕を押さえてきたが、強引にパンストの中に手を入れオマンコを直に触ると、ユキは「ああぁぁ」と声を出した。
ユキのオマンコはすでにヌルヌルになっていた。

人差し指と薬指でオマンコを軽く開き、中指でクリを撫で上げると、ユキは指の動きに合わせ声を出し、腰を揺すりだした。
俺はユキを横たえ、ユキの右手を俺の体の下に入れて押さえ、左手をユキの頭の上で俺の左手で押さえつけ、右手を使い尻の方からパンストと下着を一気に膝まで下げ、後は足を使い下半身を素っ裸にした。

ユキの両足に俺の両足を絡め、ユキの股を思いっきり開かせて、右手でヘソの辺りから撫でながらオマンコの方に下がっていくと、ユキの腰がクネクネうねり始め、右の手のひら全体でオマンコを覆って揺すると、ユキは「はぁぁぁ」と声を出し、そのままヌルヌルのオマンコに中指をずぶっと入れると、ユキは「うぅぅぅぅ」と呻いて軽くイッてしまった。

俺は荒い息をしているユキの顔を跨ぎ、69の体勢のままユキの両足を俺の両脇に抱え込み、69でマンぐり返しの状態でユキの顔にチンコを擦りつけた。
ユキは俺の尻を抱え、口だけで俺のチンコを飲み込んだ。
俺はヌルヌルになっているユキのクリを強く吸いながら、オマンコにやるように口に腰を使った。

クリを吸いながら、ヌルヌルのマン汁をケツの穴にたっぷりと塗り込め、右手の人差し指をケツの穴にねじ込むと、ユキは俺のチンコを咥えたまま「ぐぅぅぅぅ」と呻いてまたイッてしまった。

ユキは俺のチンコを口から吐き出しぐったりしていたが、構わずまたユキにチンコを咥えさせ、ユキの口に腰を使いながら、今度は左手の人差し指と中指をオマンコに挿し込み、ケツの穴にねじ込んだ指と、オマンコに挿し込んだ指で、ケツの穴とオマンコを左右に開くように掻き回すと、ユキは「うぐぅ、うぐぅ、うぐぅ」呻きイッてしまった。