誰が見ても可愛いと思うJCは超敏感だった

この体験談は約 5 分で読めます。

俺の場合、登校してると可愛い子を1人くらいは見かける。
その子は中学生のメチャクチャ可愛い子で、俺は一目惚れ。
ダチに話したら、「お前あぶねーぞ」って言われた。
そらそうだ、俺は高1だし、相手は中1だし。

話しても話しても反対されるから、ダチにその子を見せた(待ち伏せてね)。
そしたらダチの反応は俺と一緒w

「可愛い~」とか「あ~、お前の目は確かだ」とか。

まぁ相手が中1ってことで恋愛対象からは外れるらしいが、見た目は誰もが認める可愛い子だ。
俺は話しかけることはできなかったが、ダチと喋るフリしてその子のことを凝視したり、少しストーカーっぽいこともやった。

それでわかったことは、その子の名前は『和泉(仮名)』。
中1ってのは名札の色で判断。
俺の母校と一緒だし、色も一緒だし。
月曜日に塾に行ってるらしく、結構夜遅くなっても制服で外を歩いてた。
部活は弓道っぽかった。
なんか休日にそれらしいの着てたし。
もしかしたら剣道部かもわからんが、とにかく運動部。
顔に似合わね~とか思った。
登下校はいつも1人。
なんか悩んでる顔しながら歩いてた。
まぁこんなもんだろ、これ以上わかってたらストーカーになりかねん(笑)

本題は結構前の話。
夜10時頃だったかな?
そのときはホントたまたま出会って、ちょっと後を追っかけてみた。
周りに人いなかったし、暗い道だったし、怪しいって言われる心配もないわけ。
そんな安心感からかはしらんが、なんでか思わず、「あの・・・」とか言って声かけたんだよね。
そしたら「はい?」って返ってきて(まぁ当たり前か)、俺も喋れずシーンってなった。
和泉はずっと俺の目を見て『なんだろ?』みたいな顔してんの、それが可愛くて可愛くて、訳もわからず告っちゃった。

俺「好きです!」

自分でも何がなんだか意味不明(笑)

和泉「はい?あの・・・?」

俺だけ勝手に盛り上がって、顔を真っ赤にして、今思い出してもハズいw
ちょっと間を空けて、すこーし冷静になりながら事情を話したわけ。

俺「あの、え~っと・・・ずっと前から見てて・・・んで・・・」

しどろもどろで何を話したか覚えてないけど、ちゃんと全部話したはず。

和泉「え!え~・・・あ・・・はい」

結局、俺が何言いたいかは察してくれて、話は進んだ。

俺「付き合ってくれませんか?」

初めて普通に言った。

和泉「本気ですか?誰かと間違えてませんか?罰ゲームですか?」

そんな感じで質問攻めw
とりあえず本気だってことも言って、返事を聞きたいって言った。

和泉「本気なら・・・でもごめんなさい」

ホントにショックで、急にムカついてきて、「なんで!?」って言った。

和泉「好きな人がいるんです・・・ごめんなさい」

(俺の今までの気持ちは?)って感じだけど、そんなのこっちの勝手だったし。
それに、彼氏がいたのなら諦めたけど、まだ「好きな人」だったし。

「そいつとは上手くいっとるん?」って言ったら首を横に振った。

「じゃあいいじゃん」って言っても同じ反応。

和泉「じゃ・・・帰りますので・・・」

俺に背を向けて歩き出した。
俺は彼女の腕を引っ張って、壁にどーんってした。
漫画でよくある、あれな感じ。

俺「いいじゃん、別に。上手くいってないんでしょ?なんで?俺は本気やよ」

たぶん眉間にしわが寄ってたと思う。

和泉「ごめんなさい・・・帰らせてください。お願いします」

俺「俺と付き合うなら、帰すよ」

和泉「えっ・・・無理です・・・ホントに・・・帰らせてください」

一瞬ドキッとした、ちょっと涙ぐんでたから。
ここからだ、俺がホントに壊れ始めたのは・・・。

俺「いいじゃん別に。彼氏おらんのやし。彼氏欲しいやろ?」

そう言いながら、どんどん顔を近づけていったら初めて彼女が抵抗を見せた。

和泉「やめてください!無理です・・・離れて・・・」

俺「なんでわからんの?ええやん!」

って言ってキスをした。
抵抗する手を軽く押さえて。
数分経ったらディープ。
その時の抵抗は俺も焦ったけど、なんとか抑えてキスの場所を変えていった。
耳とか首筋とかに。
嫌々言ってる割には結構反応がいいんだよね、和泉。

「っん!やめて・・・」とか顔真っ赤で言ってるしw

手を使わずにやるのも結構大変なんで、和泉の両手を上にあげて片手で押さえた。
もう片方の手は制服を上にあげて生乳をモミモミ。
柔らかかった。
ただ、乳首が立ってたことに驚いた。

俺「なんだ・・・感じてんじゃんw」

摘んでやった。

和泉「あっ!嫌!やめて!」

ホントに嫌なの?ってくらい感じてた。
で、乳首を口に含んで、片手を下へw
もう上からとかいう余裕はなし。
手を突っ込んだらすでに濡れてるし、クリも発見するし。
で、突いたり、撫でたり、円を描いたり。

和泉「え!いや!や・・・んっ・・・あぁ!」

感度OK!
押し倒してクンニしようと思ったけど、倒せるほど綺麗な場所じゃなかったので、立ったままでしかできなかった。
指を入れようとしたら、ちょっと顔を歪ませたから、(あぁ、やっぱり処女か)って思いながら、緩んだら入れて、歪んだら抜くって感じで、少しずつ入れていったら入った。
そのまま猛スピードで出し入れ。

和泉「やぁ!あぁ!っん・・・やぁ・・・めて!!」

もう感じすぎw

俺「もうイク?w」

聞いた後で、(「イク」って言葉、知ってるかな?)とか思ったけど、わかってたみたい。
オッパイがものすごく揺れんのw

和泉「や!・・・ん・・・やぁ!あぁぁぁぁぁ・・・はぁ。はぁ・・・」

イッたなってわかった。
ここまで来たらもうOKでしょ。
自分のを出して、ちょっとしごいて、すぐ挿入w
童貞じゃなかったけど、久々の感覚に、すぐイキそうになった。
でも楽しみたいので我慢我慢。
最初はゆっくりで、どんどん速く!

和泉「やぁ!ああああぁん!やぁん、んあ!いや!」

感じまくってるw

俺「あ~気持ち~あ、イク!」

和泉「あぁん!あぁぁぁぁ」

同時にイッた。
もちろん1回じゃ終わらせない。
ってことで、次はバック。
和泉はバックの方が声がすごかったw
入れた途端に「あぁん!」だし、ゆっくりでも「ああぁん!やぁぁ!んあぁぁ!あぁあぁ!」だし。

この後、もう1回バックでしたら和泉はフラフラ。
家の前まで送ってやった。
不思議とその後、何も問題にはならなかった。

ある日、待ち伏せして、「何にもしないから」って言って、「誰にも言わんかったん?」って聞いてみた。

そしたら、自分であんな声を出したってことを、誰にも知られたくなかったらしい。
ただ、俺みたいな男子を見るたび、思い出して泣いてしまうって言ってた。
長文駄文でスマンw

タイトルとURLをコピーしました