夫のエッチな悪戯に困っています

この体験談は約 4 分で読めます。

私は夫(35歳)のエッチな悪戯に困っています。
夫は酔うと気が大きくなり、私にエッチなことをさせて楽しむんです。
そんな悪戯に私自身興奮しちゃってアソコは濡れてしまうんですが、他人ならまだ笑い話で済みますが、知人や親戚は何度も顔を合わせるので、次に顔を合わせることが出来なくて困っているんです。

先日も夫の実家で法事が行なわれ、私たち家族も参加することになりました。
母親も早くに亡くし、義父と独身の兄(37歳)の2人暮らし。
女の私が酒と食事の準備をすることになり、和尚さんのお経を終えると食事を運び、来てくれた親戚や和尚さんに食事を振舞っていたんです。
子供たちも爺ちゃんの所に行き、一緒に食事をしながらはしゃいでいました。

親戚の人たちが帰りはじめ、和尚さんも帰る頃には、夫も兄も義父も酒に酔っていました。
私も夫や義父に勧められ、ちょっと酔い気分でした。
そんな中、子供たちが「近場の公園に行きたい」と言い出し、家族で歩いて行くことにしたんです。
実家から歩いて15分ほどの山中に広い公園があり、展望台や長い滑り台、ターザンロープなどの遊具がいっぱいある所でした。
夕方ということもあり人気も少なく、敷地が広いので他の人たちと会うこともありません。

滑り台やブランコに乗った子供たちが進んだのは、カラフルな樹脂土管でできたトンネルでした。
四方八方に分かれていて迷路になった土管の中を潜り抜ける遊具で、子供たちは這うようにして中に入っていきました。
夫に勧められて私も中に進んでいくと中央の広い場所に抜け、後ろを酔った夫と兄・義父がついて来たんです。

「どこに抜けるんだ?お前、こっちに行ってみろよ」

指差す土管は小さく、大人が通り抜けるのは大変な感じです。
酔った夫は、「早く行ってみろよ」と私を押すので仕方なく中に入ると、お尻辺りが引っ掛かり進めません。

「駄目だわ!狭くて進めない!」

そう言うと後ろに立っていた夫が、「なんて格好だよ!後ろからパンツ丸見えだぞ」とお尻をビシッと叩いてきたんです。
法事を終え、黒いワンピースの喪服のまま来た私は、四つん這いの格好で後ろから見ればスカートが捲れパンツが見えていたんでしょう。
そんな私のお尻を叩きながら夫の悪戯が始まったんです。
夫は私のスカート捲り上げると、義父たちに見せつけるようにお尻を叩き、終いにはパンツを引き下ろしてきたんです。

「あなた!何してるの・・・ダメ」

「ったく!こんな大きな尻だから抜けれないんだぞ!」

生尻をビシッと叩かれ、「あぁぁ~ん」と甘い声を出してしまった私。
膝元まで完全にパンティを下げられ、兄や義父にまで大事な所を見られたと思います。

「嫌!」と言いながら、太腿を伝ってエッチな汁が流れるのを感じた私は、恥ずかしい以上に下半身に熱いものを感じていました。

やがてアソコに指を入れられグリグリされたんですが、それが夫だったのかは不明です。
なんとかバックして土管を抜けた私の目の前には義父と兄が。
ニヤニヤしながら見ていたんです。
酔った状態とはいえ、2人に2度も大事な所を見られたんです。
土管を抜ける間、義父と兄は私の後ろを付いて歩き、パンチラを堪能されました。

他にも、夫の友人が家に遊びに来た時の出来事なんですが・・・。
彼は何度も我が家に来ていて、しかも私のエッチな姿を見たことのある1人でした。
いつものように酒を飲みだし、子供たちも部屋で寝ると、彼がエッチな話を持ち出してきました。
夫もノリノリで、「お前!好きだね!・・・もしかして、こいつの見たいのか?」と言いだしたんです。

「見たいなぁ!奥さんの裸」

「なに言ってるの?無理よ!それに30過ぎの女のどこがいいの?」

「だって巨乳だし、お尻もすごく大きいし・・・見てみたいなぁ」

「ヤダ!恥ずかしい・・・」

「前は少しだけ見せてくれたじゃないっすか?」

そんな会話を聞きながら夫が言いました。

「少しくらいいいじゃないか?減るもんじゃないし」

「酔うとこれなんだから・・・」

「お前だって『見られて興奮する』って、いつも言ってるだろう!」

「それはそうだけど・・・」

なんとなく誤魔化して私は風呂に向かいました。
脱衣場で着替えると、やはりパンティに染みが・・・。
指を這わせてみるとねっとりと汁が溢れ、ジンジンと疼いてきました。
風呂に入りアソコを洗い流すと、湯船で高まる気持ちを抑えていたんです。
その時、脱衣場の戸が開く音が聞こえ、やがてコソコソと話していました。

「ほら・・・あいつ、こんなに濡らしていたぞ!」

「すごい濡れ方ですね・・・あぁ~たまんね・・・」

「お前も好きだね!臭くないのか?」

「先輩には分かんないんですよ。奥さんのマンコの匂い、すごくいいですよ」

「持って帰っていいよ。そのかわり今度奢れよ」

「いいっすか?マジラッキー」

友人に脱ぎたてのパンティをあげるなんて・・・。
彼が私のアソコの匂いを嗅いでいる。
そう思うとまたアソコから溢れる汁!
湯船から上がり、脱衣場で洗濯機の中を見ると私の下着がありません。
本当に友人にあげたことを知り、心臓がバクバクしていました。

(もう!)

そう思いながら服を着ようとしたら。

(着替えが・・・ない・・・)

下着も、パジャマ代わりに着ていたワンピースもなくなっていました。
バスタオルを体に巻き、リビングへ向かいながら戸の隅から声をかけました。

「ちょっとあなた!私の着替え返して・・・」

「お前、忘れたんだろう!」

「もう!イジワル」

「奥さん、一緒に飲み直しましょうよ」

バスタオルを巻いただけの姿で友人のもとへ・・・。
恥ずかしくてたまりません。
彼の視線を浴びながら、ふと彼のポケットを見ると、私の下着の一部が食み出していると同時に彼の股間が異常に大きく張り出しているのを見て、心臓がバクバクしてしまいました。
その時、バサッという音がしてバスタオルが床に落ちてしまったんです。
何が起きたのか、訳が分かりません。
ただ目の前の友人の目が大きく見開き、私の体をガン見していたんです。
一瞬固まった私ですが、恥ずかしくてその場から逃げるように2階へ上がって着替えたんです。

友人はその夜は泊まりましたが、翌朝は顔を合わせられませんでした。
昨日の下着も戻ってくることはなく・・・。
きっと友人のオカズになっているんだと思います。
夫の影響で私も見られることに興奮してしまいます。
最近では、夫の友人や兄、そして義父にまで犯されることを考えてしまうんです。
そんな妄想の後は決まって下着が汚れてしまいます・・・。

タイトルとURLをコピーしました