職員室で体育教師とセックスしていたDカップ女教師と

この体験談は約 4 分で読めます。

俺は某高校の2年生。
自分で言うのもなんだが、部活に勉強にと頑張っているつもりだ。
しかし、最近は担任の教師のことが気になってしょうがない。

俺の担任の名前は佐藤N美。
片瀬那奈に似たセクシーな大人の女だ。
年は確か22歳。
胸はDカップくらい。
いつもミニスカートを穿いてきて、俺たちを誘っている。
まあ勝手にそう思ってるだけだが・・・。

(一度でいいから、あの大きい胸に顔をうずめてみたい)

俺は、そんなことをいつも考えて股間を爆発させていた。
聞くところによると、先生は最近彼氏と別れたばかりらしい。
あんな美人だから、彼氏ができるのも時間の問題だろう。

そんなある日、俺は忘れ物に気付いて誰もいない学校に来た。
夜来ると、なんとも不気味な雰囲気だ。
なんとか忘れ物をとって帰ろうとした時、誰かの声が聞こえてきた。
職員室の方からだ。
行ってみると案の上、電気が点いていた。
だんだん声が大きくなってきた。
よく聞いてみると女の声だ。

そーっと職員室のドアを開けてみた。
そこで俺は見てはいけないものを見てしまった。
なんと担任と体育教師の及川がエッチをしてる最中だった。
佐藤先生はいつもと全然違う顔をしていた。
童貞の俺には、それがとても恐ろしかった。
俺は思わずその場から逃げ出してしまった。
家に帰り、落ち着きを取り戻した。
誰かに言おうか迷ったが、やめといた。

次の日、先生はいつもと同じように授業をしていた。
しかし俺は昨日のことを思い出していた。

(先生は本当はすごくエッチなんだ・・・)

そんなことを考えると、俺の股間は今にも爆発しそうだった。

俺は先生の秘密を握っていることに優越感すら感じるようになっていた。
俺は、数学の問題でわからないとこがあったので先生に聞くと、「放課後に来てくれたら教えてあげる」と言われたので放課後まで待つことにした。

みんなが帰った後、職員室に行った。
そこには佐藤先生しかいなかった。

「ごめんね、遅くなって。どこがわからないの?」

「ここが何度やっても解けないんです」

「ここはね、解の公式を・・・」

先生が顔を近づけてきた。
先生はなんとも言えない甘い香りがしていた。
ふと先生の方を見てみると、白いブラウスから黒いブラジャーが見えた。
先生はボタンを2つ外していたので、近くから見ると豊かな胸の谷間が見える。
俺は痛いほど勃起していた。

「先生わかりました。ありがとうございました・・・」

「もう遅いから気をつけてね」

「はい、さような・・・」

その時、先生がいきなりキスをしてきた!
初めてのキスに呆然としていると・・・。

「どうして何も言ってこないの?昨日・・・見てたんでしょ?」

先生は知っていたのだ。
先生は静かに、「抱いて・・・」と言ってきた。
俺は先生が好きだった。
狂ったように先生の乳房に顔をうずめた。
夢にまで見た先生のおっぱいだ。
先生はまたキスをしてきた。
今度は舌を絡めて・・・とろけるような気分だった。
俺は先生の服を脱がして、ブラジャーの上から優しく揉んだ。

「あぁん・・・」

少し声が漏れる。
俺はブラジャーを剥ぎ取った。
先生の胸は想像以上に大きくて綺麗だった。

「先生!俺・・・」

「何してもいいんだよ」

先生のその言葉で俺の中で何かが吹っ切れた!
俺は先生の胸を揉みまくり、乳首も舐めまくった!

ちゅる、ちゅるちゅる・・・。

「あぁ、いい・・・もっといじめて・・・」

「先生好き・・・俺のも気持ちよくして」

「先生も大好きよ・・・もっといっぱい抱き締めて・・・ちゅっ」

先生と何度も舌を絡めてキスをした。

「◯◯君のちんぽも大きくなっちゃったかな?」

先生は俺の股間に触れた。
俺はそれだけでイキそうだった。

「お口で気持ちよくしてあげるね」

先生は俺のズボンを優しく脱がした。
俺のアレはもうビンビンだった。
先生はそれを見るなり咥えてしゃぶりまくった。
先生の茶色くてサラサラの髪が揺れる。

ちゅぱ、ちゅぱ、れろれろ・・・。

「あぁ気持ちいい・・・」

先生は筋や玉の裏まで丁寧に舐めてくれた。
あの佐藤先生が俺のちんぽを・・・。
先生の大きな胸が揺れる。

(俺は今、先生と裸でエッチしてるんだ)

そう考えているうちに絶頂がきた。

「先生イッちゃうよぉ・・・」

「我慢しなくていーよ。先生のお口に出して」

「あっ、うぅ・・・」

俺は先生の口の中に大量の精子を出した。
先生はそれを全部飲み込んだ。
そして上目遣いで俺を見た。

(なんて可愛いんだ・・・)

俺は先生を床に押し倒した!
そして再びおっぱいを弄りまくった。

「あぁ、もっとして・・・下も弄って・・・」

俺は恐る恐るスカートの中に手を入れてみた。
先生のパンツはビショビショに濡れていた。
俺は勢いよくスカートを脱がした!
先生のパンツは黒のレースで、恥毛が薄っすら透けていた。

「恥ずかしいぃ・・・」

俺はふとあることを思い出した。

(そうだ!及川もこうやって先生と愛しあったんだ!)

俺の中で怒りが込み上げてきた。

「先生!及川ともこうやって抱きあったんでしょ?!俺だけじゃないの?」

「違うの・・・及川には無理やり・・・職員室でオナニーしてるとこを見るられて・・・仕方なかったの・・・」

「そうだったんだ・・・先生は俺のことが好きなんだよね?」

「うん。◯◯君が大好き◯◯君といっぱいエッチなことしたい・・・」

「先生・・・!!」

その言葉を聞くと俺はパンツも剥ぎ取った。
夢にまで見た先生のおまんこだ。

「先生、綺麗だよ・・・」

「舐めて・・・」

俺は先生のアソコを舐めまくった。

「あぁぁん、気持ちいいよぉ・・・もっとぉ・・・」

俺は初めてながら頑張った!
舌を出したり入れたりした。

「先生!俺もう我慢できない!」

「もぉ、せっかちなんだからぁ。でも可愛い・・・じゃあ入れて・・・」

ズプッ、ニュルニュル・・・。

「あぁぁぁ、これがセックスかぁ・・・気持ちよすぎだよぉ」

「◯◯君、もっと突いて!」

パンパンパン・・・。

「あぁぁん、いい!もっとぉ!あぁぁぁ、気持ちいいよぉ・・・」

「先生!イッちゃうよぉ!」

「中に出していーよ!先生の子宮にいっぱいかけて!」

「あぁぁぁ!」

ドピュッ!

「あぁ、あぁぁ・・・はぁ、はぁ」

「はぁぁ、◯◯君大好きぃ・・・」

俺達はまた熱いキスをした。

タイトルとURLをコピーしました