母親と不倫していた外国人教師を脅して

この体験談は約 2 分で読めます。

1月の冬季合宿から帰ってくると、母親が学校の外国人英語教師ミーズゥ(仮名)とセックスしているのを目撃してしまいました。

そのとき、既に自分には彼女がいて、セックスも経験していましたが、何か全く別なものを見ているような感覚でした。
ミーズゥのあそこは、AVでしか見たことも無いような大きさでした。
その大きさと、外国人の溢れるスタミナで母はメロメロでした。
俺が帰ってきたことに気づかないほど熱中していたのです。

母は生まれたままの姿でダイニングの机の上で四つん這いになり、ミーズゥのものを受け入れていました。
母の結合部からはバチュッ!バチュゥッ!という厭らしい音とともに、くぐもった嗚咽が漏れてきました。

「ミカコサン、ほんとにスバラシイネ。こんなキモチイイのはじめてデスヨ」と、片言の日本語で母に話しかけながらも、母の乳房を弄び、大きなチンポで蹂躙していました。

「あぁぁ、あなたも素敵よ。こんな立派なチンポ私も初めてよ」

二人はドロドロと溶け合うチョコレートのようにお互いのものを求め合い、2~3時間ほどその行為を繰り返していました。
二人のセックスはとても興奮しました。

翌日学校に行き、ミーズゥに目撃したことを話すと顔面蒼白になり、泣きつくように黙っていてくれと言ってきました。
そこで俺は名案を思いつき、ミーズゥに母を誘って3泊4日の温泉旅行に行くことを勧めました。
まぁ、当然二人はセックスをするのだから、それをビデオに撮って、後で見せることを条件に母と付き合ってもいいと認めました。
ミーズゥは渋々了解して、先日から母と温泉旅行に行っています。

今日帰ってきて、明日約束の物を受け取りに行って来ます。