ペニスに細工を施している友人の罠

この体験談は約 4 分で読めます。

この間、とんでもない光景を見せられてしまいました。
学生時代から付き合っている仲間で、『G』という男がいます。
仕事も長続きせず、遊んでる時の方が多い奴です。

その日、Gのアパートに呼ばれました。
行くともう1人知らない男がいました。

「こいつ、俺の学生時代からのダチ」

私をそう紹介したのですが、彼の紹介はありませんでした。

「なんかあるの?」

「オウ!まあ待ってろよ、これから面白いもの見せてやるからよ」

Gはそう言いながら、もう1人の男に向かって「そうだよな」と念を押していました。

「ハイ、ここに来るように話しましたから・・・間違いなく来るはずです」

男はGに丁寧な言葉で話していました。

「来なかったら約束違反だからな。その時はわかってるよな」

「誰か来るの?」

「アア、こいつのお袋さんだよ。保険のセールスしてるんだって。友達を紹介するてこいつに話してもらってるんだよ」

「友達って俺かよ、やだよ、保険なんか入らないぜ」

「お前じゃないよ、俺のことだよ」

Gは保険なんか入るやつじゃありません。
なんとなく彼が何を考えているのかわかってきました。

「まさか・・・お前・・・」

「わかったか。案外勘がいいじゃないか。まあそういうこと。こいつは俺の言いなりなんだよ、なっ!」

2人の関係がどんなものなのは今は関係がないので省きます。

それからしばらくしてその女性がやって来ました。
年は40代半ばで、結構いかした感じ。
G好みです。

「今回はありがとうございます。お話を聞いていただけるそうで・・・」

女は息子の方に合図しながらGに礼を言いました。

「こちらは?」

「僕の友達です。こいつにも聞かせてやって下さい」

「そうですか・・・」

女は意外そうな表情を見せました。

「じゃ、俺行くからさ。後はお袋、頼むよ・・・」

男はそう言いながら部屋を出ていきました。
彼は自分のお袋をGに売ったようです。
彼が出ていったところで、Gが俺に声をかけました。

「悪い、自販機でタバコ買ってきてくれよ」

どうやら今度は私を追い出す腹のようです。
案の定、部屋を出たところでGが追いかけて来ました。

「わかってるだろう。ここで見張ってろよ、いいな。後で声をかけるから。それまでここにいろよ」

Gはそう言い残すと再び部屋に戻りました。
これから中で起こることが容易に想像できました。
Gにかかったらあの女もわけないなと。
Gはペニスに細工を施しています。

「女なんかこれでイチコロだ」

そううそぶいているような奴なんです。
事実、Gにはそんな女が何人もいるのは知っていました。
気の毒だとは思いましたが、私も善人ではないので人助けをするつもりはありません。
恨むんだったら息子を恨むべきだと思いました。

どれくらい時間が過ぎたのか、私は入り口から離れた場所にいました。
誰もこんなボロアパートに来るような人はいないから。
1時間ほどで戻り、近くをウロウロしてると入り口が開き、Gが顔を見せました。

「待たせたな。入れよ」

Gは上半身裸でした。

(やっぱりな・・・)

そう思いながら中に入りました。
部屋に入って目に入ったのは、スリップ姿のまま畳の上に仰向けになっている女の姿でした。
スリップの裾は捲れ上がり、下半身が丸出しになっていました。
パンティは脱がされ、オマンコが見えていました。
どうやら失神しているようでした。

「気絶したみたいだぜ。結構好きみたいだな、この女。これからもう1回戦だ。その後はお前にさせてやるよ」

Gはそう言いながらその女の傍に行き・・・。

「オイ、起きろ、もう一度してやるからさ」

そう言って女を抱き起こしました。
女が私の存在に気が付きました。

「嫌っ!やめて下さい。人がいるのに・・・いや!」

Gは構わず女の身体に残っているスリップを脱がしはじめました。

「お願い・・・やめて・・・いや・・・」

「デカい声出すと人が来るぞ。いいのかよ?」

Gは女を脅かしています。

「黙って言うこと聞いてればいいんだよ」

女が裸にひん剥かれました。
Gの下で形ばかりの抵抗をしていますが、女の下半身はあっさりと開かれました。
女が大きな声を出して喘ぎはじめると、Gが口を押さえ声が外に漏れるのを防いでいました。
Gのペニスが女を思い切りイカかせているようです。

「俺のチンポを味わったら忘れられなくなるからな。いつでもしてやるからここに来いよ。わかったな」

女はGの背中に腕をまわして、両足を絡めるようにしてしがみついています。

「お願い・・・もっと突いて・・・もっと・・・」

女がGにねだっています。

「ほらな、見たろ。この女、スケベだろ」

私は見ているのが馬鹿馬鹿しくなりました。
ただ、女というものが分かりません。
こうも簡単にGの言いなりになるなんて。

(息子は母親のこんな姿を見たらどう思うだろう?)

Gが再び女とはじめると、俺はその部屋を後にしました。

タイトルとURLをコピーしました