プリクラ中のJKの生足をオカズにシコシコ

この体験談は約 11 分で読めます。

ゲーセンの店員の面接に受かった。
ずっと枠が空くのを狙っていた。
そのゲーセンはあまり大きくなく、ビデオゲームとプリクラコーナーがある。
しかし夕方になればプリクラ機はだいたい満員となる。
なぜならギャル率高めの女子校がこのゲーセンの近くにあり、駅までの通学路に位置するからだ。
何度となくそのゲーセンに入ったことはあったが、ビデオゲームなどはほとんどする人はおらず、ほぼプリクラ専用ゲーセンという印象だった。

プリクラコーナーが一番奥にあり、その近くのトイレに行くためにプリクラコーナーの辺りまで近づいたことがあるのだが・・・その光景はまさに桃源郷だった!
いくつかのプリクラにルーズとハイソのミニスカJKがひしめきあっていた。
しかもみんなプリクラ機の中に入ってるので、顔はこちらから見えない。
足元だけが見えるものや腰から下が見えるようになっているものもあった。
しかしコーナーの中に店員のカウンターがあるので店員の目を気にしてその時はトイレに行くしかなかった。

しかし、もう怖くない。
店長はゲーセンにいることはほとんどなく、店員は1人のみの配置となる。
初出勤の朝は店長と勤務していたが、午後から用事があるらしく俺1人となった。
午後になると客はほとんどいなくなった。
JKたちが来るのは4時くらいなのだが興奮を抑えきれず、まず一番人気のプリクラ機の中に入った。
そしてズボンを下げてイチモツを操作ボタンに擦り付けた。
それからラクガキコーナーに行き、JKたちが持つであろうペンにイチモツから出た我慢汁を擦りつけた。
キモイのは分かる!
しかし数時間後にはこの狭い空間がミニスカJKの匂いでいっぱいになるかと思うと興奮して我慢汁が出っぱなしだった。

人気プリクラでいつも満員の機種はコーナーの一番奥にある。
そしてあまり人気のない古い機種がすぐ隣にあるのだが、人気のヤツは腰までのカーテンとなっており、古いヤツはほぼ足元まで隠れるヤツだ。
そしてこの2つは普通入り口は機械の両脇にあるのだが、プリクラコーナーの狭さにより両方の機械の側面がぴったりくっついた状態。
つまり、2つの機械の入り口がくっついて横に移動できる状態になっている。

その人気の機種を本来なら400円だが、まず200円設定にする。
その上、200円で2クレジット。
つまり2回連続撮影の設定にした実質1枚100円というわけだ。
これによりJKはこの機種から離れることはない。
そして古い機種の入口に故障中の貼り紙をする。
横移動されないように内側の入口の方にも。

夕方になり、さっそくルーズJK2人組がやって来た。
彼女たちはさっそく人気機種のとこへ行く。
安い設定に気付くと、「スゴ~イ!」とはしゃいでいた。

あまり大勢になるとやりにくいので行動に移ることにした。
今はゲーセンには彼女たちとオレ以外誰もいない。
彼女らのプリクラの音楽が鳴り始めた。
カウンターから見える。
ちょうどスカートから下が見える状態。
ルーズJKがポーズを決めて立っている。
彼女の脚をガン見しながらカウンターの中でチンコをしごく。
たまらなくなったので掃除道具(雑巾)をカモフラージュに持ち、反対の古いプリクラの入口に回り込んだ。
古いプリクラ機の中にカーテンを開け、音を立てずに入る。
この機種は地面から30センチくらいまである長いカーテンが左右に付いてあり、外からは人が入ってるのか分かりにくいという少し欠陥的なプリクラ機だ。
しかし今はかなり役に立つ。

まずは眺めてみようと思い、ドキドキしながらJKのいる側のカーテンを真ん中から少し開いた。
その先には人気機種のカーテンが10センチほどの隙間の向こうにあり、下を見ると予想通りJKのスカートが少しはみ出ている。
JKたち撮影に夢中になっており、ヒラヒラと動くスカートは予想以上にこちら側にはみ出ていた。

オレはカーテンを1回閉め、しゃがみ込んだ。
隙間から黒のローファーが見える。
オレはたまらなくなってその場に寝転び隙間に顔をくっつけて向こうを覗いた。
目の前にはルーズがあった。
ちょうどJKたちの顔はこちらから見えないので向こうも気付く様子はなかった。
少し首を上にやると余裕でピンクのパンツが見える!

パンツもいいがオレは超脚フェチなので、JKの脚がよく見えるように四つん這いになり、太ももくらいの高さめがけてカーテンの向こうに顔を入れた。
そこには毛穴のひとつひとつまで見えるくらいの距離に白い太ももがあった。
見た瞬間、あまりにも近いのでよだれを垂らしてしまった。
匂いまでしてくるような距離に憧れのJKの太ももがあり、それを覗き見してるという状況に大興奮!

よだれを我慢しながらスリスリと少しずつ顔を太ももに近づけていった。
そしてついに顔と太ももの距離5センチにまで挑戦!
撮影のポーズが決まってからカメラが撮り終わる約5秒間が接近のチャンス。
たとえ脚が内側に引っ込んでいても、JKたちは撮影の時は上のカメラしか見ていないので接近し放題!
ポーズを決め固まってるJKの太ももに息を吹きかけないようにして顔を近づける。
だんだん勇気が出てきたので、距離も約2センチくらい!
まず実生活ではありえない距離にJKの太ももがある。
太ももの毛穴や肌のキメまですべて見える。

超興奮状態になったオレはズボンのチャックに手をやった。
しかし撮影が終わったのか、JKたちは出ていってしまった。
だが、床にはJKたちのカバンがそのまま置いてある。
JKたちはラクガキコーナーにいるようだ。
ラクガキは5分間は戻ってこないはず。
オレはカーテンを開けて、さっきまでJKのいた新しいプリクラ機の方へ移動する。
そしてJKのカバンの中身をチェック。
ゴチャゴチャと化粧道具や携帯などがあるが、夏服の体操着が奥に入っていた。
しかし彼女たちはラクガキを早めに切り上げる気配がしたので体操着には何もできず、カバンを元に戻し、急いで隣のプリクラへと戻る。

2回目の撮影をはじめるようだ。
オレは始まる前に着ていたシャツを脱ぎ、ズボンも下ろして穿いていた。
ブリーフ1枚になった。
すでに股間はこれ以上ないくらい立っている。
ブリーフのまま四つん這いになり、顔だけを向こうに出した。
今度は場所を入れ替えたらしかった。

さっきのコよりも少し焼いてある太ももが目の前にあった。
こっちのコは最初に見た時から気になっていた。
背が高く脚も長い上にかなり短いスカートを穿いていたからだ。
その上、ほどよい化粧にほどよく焼いた肌ローファーのかかとを潰してはいているのもいい。
ルーズのかかと部分もほつれて少し茶色い。
最高の獲物だ。
脚が長いのでこちらから見えるカーテンの開いた所の8割は彼女のムチムチの生足が曝け出されていた。
JKの視点も高いのでさっきよりも大胆に見れるのも嬉しい。
それにしてもテンションが高いのか、よく動く。
そのたびにムチムチな彼女の太ももの肉が上下に揺れる。
顔をかなり近づけてるので揺れる音すらも聞こえてくるようだ。
もうすごい迫力だった。
いつもはチラチラとしか見れなかったミニスカJKの生足をこんな接近してガン見してる!
しかも太ももの揺れる動きすらもじっくり見れるなんて!
大興奮したオレは夢中になり、もうよだれは床にダラダラと垂れていた。

JKは1枚目の撮影のポーズをとりはじめた。
両足を軽く開いて立ったので、右の脚がこっち側に接近する。
オレは四つん這いのまま右のローファーを踏んでいるかかとに顔を近づけた。
かかとはルーズの糸のほつれが何本か出ている。
床を擦って歩くのか、少し茶色く汚れていた。
鼻を近づけて匂いを嗅ぐ。
キツくはないが少し汗くさい匂いがした。

カシャ!

カメラが鳴ったのですぐに離れる。
カメラの設定を選ぶ時にJKは前に動いた。
その時かがんでいたオレの目にあるものが飛び込んできた。
水色のTバックだった。
オレは一旦陣地に戻り、興奮と驚きのあまり固まってしまった。

(すげぇ・・・!)

心の中で叫ぶ。
さすがミニスカJK!
エロ過ぎ!
ミニスカルーズJKのTバック!
こんないいモノが見れるなんて予想外だった。
あまりのサプライズに股間のブリーフははち切れそうになっていた。

オレは片膝をつきブリーフの中に手を入れ、しごきながら携帯を取り出した。
こうなったら撮影だ。
高画質設定にしたムービー録画を開始!
体半分をカーテンの向こう側に出し、片膝をつく。
携帯持った左手を彼女の足元にゆっくりと近づける。
まずは半分ずり落ちたルーズを舐め回すように撮影。
ふくらはぎの肌に付いてるルーズのゴム部分のギザギザ跡をじっくり撮る。
完全保存版だ!

ルーズを堪能した後は、太もものプルプル感を撮影。
カメラを離れたり接近したりさせる。
そして携帯をスカートの後ろ側へ持っていく。
目で見るのは諦めた上でスカートの真下に手を伸ばす、右手ではブリーフの中でシコシコしながら左手でスカートの中を撮影。
あまりの興奮につい大胆になってしまう。
ライトを点灯させ、スカートのヒラヒラの中にゆっくり携帯を入れる。
たまらなくなったので少し顔を下げスカートの中を覗く。
Tバックのお尻を見ながら狙いを定めて、ムチムチしたケツの肌にカメラを接近させる。
時間は短いが最高のムービーになりそうだ。

もうアソコはヤバい状態だ。
撮影を切り上げ、ブリーフを脱いだ。
全裸になると興奮も倍増してくる。
立ち上がり、こっちのカーテンにチンコを差し込む。
顔も出すが足元のカーテンは閉めた状態になっているのでJKは気付かないと踏んだ。
顔とチンコだけを隙間に出した状態。
チンコの目の前5センチにはTバック。
JKのムチムチ太もも、超幸せ!
あまりの興奮にクラクラ!
太ももに擦りつけたい衝動に駆られたがそこは抑え、両膝を立たせた状態に低くなる。
シコシコしながら目の前のプルプル太ももに顔を超接近!!
撮影ポーズ時には鼻先が触れるくらいまで顔を近づけ太ももの毛穴をガン見!
両手を使いチンコをシコシコ!
目の前にはムチムチ!
ああ、おかしくなりそうだ!

ミニスカルーズJKは変態店員に全裸でガン見シコシコされてるのにも気付かず、楽しくプリクラ撮影。
そのことも興奮を誘う。
JKの生足の毛穴見ながらシコシコ!

(最高だ!もうヤバい!)

イキそうな直前に撮影が終わり、JKたちは出ていってしまった。
速攻で服を着てカウンターに戻る。
JKたちはまたラクガキコーナーのイスに座っていただけだった。
監視カメラは停止してある。
ゲーセンにまだ誰も客がいないのを確認し、入り口に向かい鍵を掛けることにした。
そしてカウンターに戻り、また服を脱ぐ。
ラクガキコーナーには2人かけのイスがあるのだが画面の周りは腰くらいまでカーテンに覆われている。
つまりラクガキに夢中になっているJKに接近できるということになる。
ラクガキは他に人が撮影するまで制限時間がない。
また画面に集中する上に、うるさい音楽が鳴り続ける。

全裸のまますり足で近づく。
2人の背中に接近。
さっきのTバックJKは右側で脚を組んで座っている。
イスと画面が近いために上半身は画面に向いているが、脚は右横に向いていた。
またとないチャンスだった。
カウンター側にさらけ出された組んだ生足に近づいた。
組んでいるのでムチムチ感がすごい!
フラフラと顔が引き寄せられる。

その時、JKがローファーの片方を床に脱ぎっぱなしにしてることに気づいた。
音を立てずに引き寄せる。
かかと部分が潰れた古いローファーだ。
鼻先を中に入れ匂いを確かめる。
かなり温かい!
その間も組んだ生足をガン見!!
匂いの持ち主であるルーズJKの太ももをじっくり見ながら、脱ぎたてムレムレのローファーの匂いを嗅ぎまくる。
右手はシコシコ!
音楽でまったく気付く様子はない。
太ももの毛穴を見てるとたまらなくなり、温かいローファーの中に舌を突っ込み舐め回す。
JKのローファーを舐めるだけなら飽きてしまうかもしれないが、目の前にさっきまでその中に入っていたルーズの脚があり、ガン見しながら舐めるということにより興奮は高まった。

ローファーを戻し、やはり携帯をムービー録画にする。
完全にラクガキに夢中なっているので撮りやすい。
ルーズをじっくり撮った後、やはりふくらはぎのルーズのゴム跡にレンズを超接近させ、カメラをじっくりと一周、組んでムチムチした太ももに這わせていく。
太ももにレンズを今までにないくらい近づける。
毛穴を数えられるくらいに太もも全体にカメラをスライド!
ホクロもまんべんなく撮影。
組んで突き出ている生ルーズのつま先に鼻先を近づけ、匂いを嗅ぐ。

その時だった!
彼女は足を直すと右手を伸ばし、ローファーを脱いでいた足のルーズをおもむろに下ろしていき、脱ぐと床に落としてしまった。
裸足になった彼女は気持ちよさそうにまた足を組む。
顔はカーテンの中のまま。

(これは夢なのか?!)

ありえない状況に少し不安になったが、急いで落ちてクシャクシャになったルーズに手を伸ばした。
持つとかなり温かい。
ルーズを持ち、とりあえず他のプリクラ機に隠れる。
汗で蒸れていたのだろう、ルーズはかなり湿り気があり、熱を持っていた。
広げると、やはりかかと部分の汚れはひどく糸がほつれていた。
触ったことがなかったが、引っ張るとかなり伸びる!
顔も入りそうだ。
ルーズを両手で広げ頭の上から被せる。
汗の匂いがすごい!
しかし興奮して、奥まで被ると内側から生地を舐め回す。
脱いだ後、生地を裏返しにしつま先部分に舌を付ける。

そのままJKの後ろにゆっくりと戻る。
さっきはローファーに今度はルーズ!
つま先部分の生地を口に含みながら彼女の裸足になったつま先をガン見!
憧れのJKの脱ぎたての蒸れたルーズソックスを噛みながら、つま先を見つめてシコシコ!!
まだ脱ぎっぱなしのローファーを拾う膝をつき、彼女の裸足のつま先の真下に位置し、持っているルーズをチンコにスッポリ被せる。
ローファーの中に舌を伸ばし舐めながら、上を向きJKの裸足のつま先に鼻を近づける。
JKの指の汗の匂いを存分に嗅ぎながら汗で湿ったホカホカのルーズの上からチンコを激しくシコシコする。
舌先はローファーの中へ。
ルーズの中ではチンコから我慢汁が溢れますます湿り気を帯びてくる。

まだ撮影は続くだろうと考え、勿体ないのでシコシコをやめ、ルーズとローファーを元に戻す。
音を立てずにカウンターに戻り、服を着た。
ラクガキが終わり、シールが出るのを待つためにイスから立ち上がる。
JKはそのままルーズとローファーを元通りに履いてしまった。
さっきまで我慢汁だらけのチンコが入ってたルーズを履いている。
カウンターの中でその様子を見ながらギンギンになっていた。

彼女らはまたさっきのプリクラ機の中へ。
よく飽きないもんだ(笑)
しかし今は好都合。
また反対から回り込み、隣の古い機種の中へ。
撮影するためにお金を入れる直前に電話の着信音が鳴った。
JKの声が聞こえる。
どうやら友達らしい。
電話のJKはどうやらプリクラ機の外に出たらしい声がする。
恐る恐るカーテンを覗くと向こうには1人しかいない。
しかもTバックJKだ。
彼女は仲間が電話してるので暇そうに立っている。
しかし、しばらくしてもう1人のJKは戻ってきた。
プリクラ撮影がはじまった。
こちらも撮影タイム。

第2ラウンド開始!
さっそく服を脱ぎ、全裸になる。
チンコの先は興奮でずっとヌルヌルしている。
シコシコしながらカーテンを開ける。
カーテンを開けると希望通り、先ほどのTバックJKがこっち側だ!
暑いのかルーズはますますずり下がり、形の良いふくらはぎが露わになっていた。
蒸れるはずだ!
ルーズの中は臭いチンコの我慢汁でベトベトなのだから!

(さっきまで自分のチンコを包んでいたルーズを目の前の可愛いJKが穿いている!)

そう思うと興奮した。
彼女は足をかなり開き、足下がこちら側にかなりはみ出ていた。
お互いのいるプリクラ同士の10センチほどの空間に右足がはみ出ている。
脚を伸ばして立っているので顔を近づけてもまるで分からない。
ルーズのずり下がってる足元へ顔を近づけた。
蒸れていたのかふくらはぎに汗の水滴がついている。
鼻先を近づけ、汗ばんだ匂いを嗅ぐ。
チンコが破裂しそうだ!
水滴の付いたJKの生足をガン見!
興奮で頭がクラクラしてくる。

むしゃぶりつきたい思いを我慢する。
ここでバレたら今後も楽しむことができなくなるので必死に抑える。
ルーズはずり落ちてるせいでボリュームがすごい。
床に顔を付け、ルーズに指を軽く触れてみる。
ルーズがクシャクシャになっている所は厚みがあるので触れても気付かない。
こっちのはさっきチンコを包んだ側じゃないのでじっくり匂いを嗅ぐ。

(舐めてみたい・・・)

口をルーズに近づける。
ルーズのクシャクシャの部分に舌を付けペロペロと舐める。

(あぁ・・・オレは今、TバックJKの蒸れたルーズソックスを直に舐めている!)

目の前のふくらはぎの汗を見つめながら床に顔を付けてペロペロ!
かかとのルーズの糸のほつれを口に入れる横に寝ながら陣地ではチンコをシコシコ!

(あ~!)

しかし彼女が動きそうな直前、顔を離し体を戻した。
今日のところはもう発射するしかない。
覚悟を決めた。
初日のオカズとしては彼女は最高だ。

こちらのカーテンを全開に開ける。
お互いの空間が繋がり、少しかがめばJKからは全裸になった男が立っているのが見えるのだが気付かない。
こっちの足元が見えないように両足を開き仁王立ちになる。
JKのはみ出たスカートのヒラヒラにチンコの先を当てて、そのまま根元をシコシコ!!
我慢汁がスカートのヒダにどんどん付いて湿ってくる。
憧れのミニスカJKのすぐ隣で店員が全裸でこんな事をしてるとは、彼女らは夢にも思わないだろう。
またカーテンを閉め、しゃがみ込み顔を太ももに接近させる。

(あ~JKのナマ脚を見ながらシコシコしてる!)

太ももの毛穴やほくろ、ももの裏にあるニキビ跡を鼻先でじっくりガン見しながらチンコをシコシコする。
我慢できなくなり、顔をJKたちのプリクラ機に入れて、後からスカートの中を覗く。
彼女らは完全に前のカメラの方へ近づき、後ろには気付かない。
音楽もガンガン鳴っている。

これからしたことはおよそ6、7秒くらいの間の行動となる・・・。
四つん這いになり2人の真後ろに上半身だけを入れる。
すぐに逃げれるよう四つん這いのまま首を上げ、屈み込んだJKのスカートの中を見る。
水色のTバックが食い込み気味だ。
あまりの興奮に顔が吸い込まれていくJKのケツをガン見する!

(あ~!!イク~!!)

JKのケツの間に顔を突っ込み、穴付近の匂いを嗅ぎながらシコシコ!

(あ~、いい匂いだ!!)

JKのケツの穴の匂いを嗅ぎながらあっという間に発射した。

タイトルとURLをコピーしました