Sな彼氏を亀頭責めで悶絶させちゃった

この体験談は約 3 分で読めます。

先日、彼氏に亀頭責めをやりました。
最初は仰向けになっている彼の横に座り、多めにローションを取って『基本形』から始めていきました。
そして、『地獄車』、『猫の手』などを混ぜながら責めました。

「もう普通にイカせて・・・!!」

彼氏に悶えながら言わせましたw
そうそう、責めるときに、思いっきり責めて、急に止めて、落ち着いたところをまた思いっきり責める、なんていうことをしたら面白いですね。
手を止めて何か話しかけて、彼が答えている途中で、また責めたりして、言葉が途切れ途切れになるのを楽しんでましたw

彼氏の横に座って、ローションを手にたっぷり落としてから、亀頭を両手で優しく包みました。
少しそのままで握ってお話して焦らします。
そして話の途中で急に始めてみました。
左手を竿の根元に落として、少し力を入れて固定。
そして右手で亀頭をこねるように色んな方向に動かします。
手のひらは上から亀頭を包んだ形のままで動かします。
彼氏の反応が良くなってきたみたいなので、「気持ちいい?ちゃんとできてる?」と聞きながら様子を見ていると、「大丈夫」と言ってもらえたので、『地獄車』に挑戦してみました。
一度手を止めて、また亀頭に手のひらを被せた状態にして、彼が肩で息をしているところで左手を竿からカリ首へそっと当てて、息が落ち着いたところで急に責めてみました。
最初一緒に手が動かして、次第に別々に責めました。
一緒の動きでもいいみたいですね。
でも一緒だと慣れてしまうみたいで、別々に責めたほうが、身体を震わせるだけでなく、喘ぎ声が聞こえてきちゃいます。

(もしかしたら痛いかな?)

そう思ったのですが、わざと手のひらを強く亀頭に当てて、指の関節の骨で尿道口を責めたりもしました。
これも気持ちいいみたいですw
左手のカリ首はゆるゆると斜めにしたりして回しています。
彼の身体がすごく反応してくれたんで、私も興奮して責め続けることができました。
途中で右手で亀頭を撫でながら左手でローションを開け、亀頭に垂らして補給したりもしましたし。
でも、彼氏は悶えてはくれているのですが、悶絶地獄にはちょっと遠いみたい。
まだまだ頑張ります!
ここでシーツや枕を握り締めて耐えてる彼氏を見て、下着を湿らせてしまったのは秘密ですw

彼氏に地獄責めをして、自分もうずうずしながらも責め続けます。
かなり悶えてるところを急に止めて、彼氏をちょっぴり落ち着かせます。
その間に違う責め方を思い出して、今度は猫の手の形に。
だけど、よく考えたらぎゅっと包み込んでいるだけで、『基本形』と形が似ているような。
そこで、ちょっと違う反応を見たかったので、両手を猫の手にしてみることを思いつきました。

両手と亀頭にローションをたっぷりつけて、両側から猫の手で亀頭を包み込みます。
両手は重ならないように慎重に。
それから糸巻きをするときの仕草のように連続でくるくると亀頭を両手で滑らせました。
その瞬間、彼氏の身体が跳ねるように反応して、まるでAVみたいw
身体全部を使って暴れそうだったので、ここからは仰向けになってる彼氏の足に騎乗位のように乗っかって、延々と責め続けましたw
思いっきり責めて、急にやめて、息を上がらせているところに話しかけて、返事をしようと声を出そうとする瞬間に再び責めたり、気持ちを落ち着かせようとしているところを無理やり責めたりして楽しんでしまいました。

「こんなことで気持ちよくなるなんて、俺ってMだったのかな?やめて欲しいけど・・・痛気持ちいいっ!お、お願い・・・も・・・もぅ・・・もぅ普通に・・・普通にイカせ・・・て・・・っっ!!」

こんな彼氏の言葉を聞いたら、胸が苦しくなってしまいました!
締め付けられるみたいになって、やめるどころか余計に勢いづいちゃって、さらに張り切ってしまいました!
でも本当に辛そうだったし、私も我慢できなかったので、すぐに下着を脱いで思い切り本番してしまいました。

でも、亀頭責めって、逆にイキづらくなるのでしょうか?
入れた瞬間にイキそうな感じだったのに、おかしくなるくらい逆に私が責められてしまいました。
私の彼氏はかなりのSみたいですw
こんな感じで、真夜中に2~3時間も頑張っちゃいました。

タイトルとURLをコピーしました