入社1年目の私が先輩から受けた過激なセクハラ

この体験談は約 4 分で読めます。

高校を卒業して、お小遣いが欲しくて、仕事がはじまるまでの春休みの間だけ、夜がメインの飲食店でバイトをしていたことがあります。
結構バイト先の制服がきわどいデザインで、でも楽しんでバイトしてたんです。
仕事がはじまるのでバイトを辞めて、真面目に社会人として頑張っていこうと思ってました。

ある日、配属された課のうちの1人、26歳のAさんが私に普通の会話として、「前に◯◯ってとこでバイトしてたよね?」と聞いてきました。

私「はい、あたしのこと知ってるんですか?」

A「よく行くよ。見たことあるなーって思ってたんだ。あそこはもう辞めたの?」

すごく気さくに話してかけてくれるので、新人で会社に友達がいなかったせいもあって、色んなことを話すようになりました。
Aさんの男友達で飲み仲間だという他の課のBさんやCさんとも時々話すようになり、仕事帰りにカラオケに連れて行ってくれることもありました。
私も「妹みたいだ」とか「可愛い」とか言われて嬉しかったのもあって、軽率に振る舞ってしまうこともありました。

そのうち、最初は頭を撫でたりのボディタッチみたいのがだんだんエスカレートしてきました。
会議室のお茶を下げる片付けの時にお尻を触られたり、昼休みに階段の踊り場で携帯で話してる途中に後ろから抱きつかれて・・・みたいなことが増えてきたんです。
そんなにイヤってわけじゃないけど、困るなって思う程度だったので、「やめてください」とは言わなかったし、しかも私は身長が155センチしかないから、180センチ前後のAさんたちはすごく大きくて、後ろから抱きつかれてもあんまり抵抗できなかったんです。

それがいけなかったみたいで、6月の衣替えの頃、さらにセクハラはエスカレートしてきました。
私が書庫で別の男性の社員の人と資料整理をしていたらBさんが入ってきて、「この文書の関連資料がないか、ちょっとリストを見てくれるかな?」と言うので立ったまま机の上のリストで探していると、向かいに立ったままのBさんの視線を感じて顔を上げると、私の胸元を覗き込んでいたようです。

「忙しいのに悪いね。じゃあリストにないみたいだから本棚で探してくれる?」

そう言うと次は本棚に向かいました。

(やだ、ブラウスが覗いてたのかな?でも普通にしてるし・・・)

私の勘違いかなと思い、一緒に本棚に向かいました。

「あ、この辺かなー」

Bさんがそう言うので一緒に探していたら、いきなりBさんが後ろから被さってきて、「静かにね」と耳元で小声で言いました。
ビックリしてたら、「◯◯、可愛いね」と言いながら胸を揉み上げてきました。

「Bさん、やめてください」

「大丈夫、ちょっとだけだから」

ブラウスとベストの上からどんどん胸を揉んできます。
あまり男性経験がない私でしたが、Bさんの強弱のついた手の動きに翻弄されてしまい、そのうちブラがズリ下ろされてました。

「◯◯、顔が赤くなってるじゃん」

ヒソヒソ言われるとBさんの息が耳にかかってゾクッとしました。

そのときはそれだけで済みましたが、Aさんは同じ課なので、「ここ教えるから、今から言うように直しておいて」と言うと私の隣りに座り、仕事の話をしながらボールペンで胸をツンツンしたりググッと押してきたりするんです。

「◯◯さん、コピー機が調子悪いみたいだけど、これでいいの?」

見に行かなければならないように仕向けて、私を誘い出して脚を触ってきたり、「あの店でバイトをしてるときから目つけてたんだ」と言って抱きついてきたりします。
Cさんには何もされてないけど、止めてもくれません。
みんな普段はやさしいから私も無下に断れないし、強制もしないぶん、触るくらいならって許してるところもあるんです。
ちょっと前も、「ノーブラで会社に来てよ」って言われて、さすがに断りましたが、言いくるめられちゃって結局ノーブラで1日仕事をしました。
当然、2人に触られました。

「いい子だね」

「結構おっきいじゃん?可愛いなぁ」

そんな風に言われると、どうしても許しちゃうんです。
Bさんはだんだんパンツの上からとか、横から指を入れて私を気持ちよくしてくれるようになって、最近では私もドキドキしながら期待して待つことが多くなりました。

お盆の前に、ちょっと大胆に空いてる小会議室でBさんがパイプ椅子に座って、私が膝の上に向かい合わせに座り、ブラウスから胸を出して揉まれました。
私の腰が動くせいでスカートがずり上がって、自然と太ももが見えて、「いやらしー」と笑われました。
5分くらいの短い時間でしたが、いつも中途半端なところで終わるので、(入れて欲しい)とさえ思ってしまいました。
会社で一線を越えてしまうのも時間の問題のような気がします。

タイトルとURLをコピーしました