やさしいと思っていた男性に騙されて21P

この体験談は約 3 分で読めます。

私は23歳のOLです。
この前チャットで知り合った人とデートして、その人の住んでるマンションに行ってエッチをすることになりました。

一人暮らしのマンション。
リビングは広い感じで、その他にも部屋があるということでした。
最初に彼とリビングでお酒を少し飲んで、少し話をした後でキスをしたり、お互いに体を触りあったりして、私が先にシャワーを浴びることになりました。
格好いい人だし、やさしい感じだったので期待して体の隅々まで入念に洗って、バスタオルを体に巻いてリビングに戻りました。

すると彼は、「少し刺激的なことしようか?」と言って、ロープを持ってくると私の腕を縛りました。
下半身は片足だけ縛り、あそこが丸見えの状態で曝されました。

「恥ずかしい」と言うと彼は少し強い口調で、「これから感じさせてやるからいっぱい楽しもうな!」と言うと、私に目隠しをして猿轡までしてきたのです。

びっくりして、慌てて解いてくれるように叫んでもダメでした。
彼はその状態を待っていたかのように携帯をかけはじめました。

「準備はできたぞ。みんなを連れて来いよ!」

それだけ言って携帯を切ると、今度は私の耳元で囁きました。

「たっぷり楽しませてもらうよ。お前はこれから輪姦されるんだよ」

私はなんとか拘束を解こうとしましたが無駄な努力でした。

彼が私のあそこに舌を這わせてきた時にチャイムが鳴りました。
とうとうこの時が来たのかと諦めの気持ちになっていました。
彼がインターホーンに向かって言っているのが聞こえてきました。

「鍵は開けてあるから。全員入ったら鍵を掛けといて」

彼は言い終わると、また私の耳元で囁くように言いました。

「お楽しみの時間だぜ。これからお前をAV女優のように扱ってやるからな。しかも滅多にできない20人対1人のプレイを楽しませてもらうよ」

そう言うと、私のあそこを舐め始めたのです。
嫌なはずなのに自然と感じてきて、あそこが濡れてきたのが自分でも分かり、悔しい気分でした。
するとそこへ大勢の男たちが入ってくる音がしてきました。

「おおー!スゲーな!楽しもうぜ!」

男たちは入ってくるなり口々に叫びながら私に襲いかかってきました。
縛られている私はどうすることもできずに男たちのなすがままでした。
体臭がする男たちは私の体を舐め回したり、あそこに指を入れたりして楽しんでいるようでした。

最初に彼が私の中に入れてきました。
大きなモノが入ってきました。
彼はすぐに腰を動かて、私の胸を舐めたり噛んだりしながらピストンすると、何も言わずに私の中に出してきたのです。
私は中出しされたことでパニックになり泣き叫びましたが、それがかえって男たちを燃えさせたみたいで、次々に私の中に入ってきました。

1人の男は私の猿轡を外すとキスをしてきて、硬くなったちんちんを口の中に突っ込んできました。
私はもうどうにでもしてという状態だったので、抵抗もせずにされるがままでした。
男たちは私の口に出したザーメンを飲むことを強要しました。
しかもその様子はデジカメやビデオに撮られていました。

何時間犯されたのか分かりませんが、もう私が暴れないと思ったのか、男たちは拘束していたロープを外すと、仰向けに寝ている全裸の男の上に抱えて運び、騎乗位の格好で嵌めさせて、両脇を抱えて上下に動かしたりしました。
別の男がアナルに入れてきて、口では2人のちんちんをしゃぶらされました。

いつになったら終わるんだろう。
もう結婚できない体になってしまうかもしれない。

そんなことを考えながら、男たちが私の体を輪姦するのを耐えていました。

外が明るくなり始めた頃、ほとんどの男たちが仮眠している中で、一番若く見える男がまだ私の中に入れて腰を動かしていました。
私はあそこのことが心配になるほど冷静でした。
上半身を起こしてあそこを触ってみました。
ヒリヒリしていて少し腫れているようでした。
出血もしていました。
アナルからも血が出ていて、腫れているようでした。

何もできずに呆然としていると、男たちが起きてきました。
そして私を見つけると、次々にフェラさせはじめました。
昨日あれほど出したはずなのに、みんな大量の精液を放出して、すべて飲まされました。
何も食べていない胃の中に大量のザーメンだけが入っているのですから、気持ちが悪くて吐きそうでしたが、必死で飲みました。

最後にシャワールームに連れて行かれて、全員におしっこを頭からかけられました。
その後、全員で私の体を洗って服を着せてくれました。
帰る時にビデオをネタに脅され、また彼らの相手をする約束をさせられました。

タイトルとURLをコピーしました