三十路の継母をサイトで募ったレイパーに犯させた

この体験談は約 5 分で読めます。

お母さんを輪姦した。
いや、正確にはお母さんを輪姦レイプさせた。

別に母のことが嫌いだったりムカついたりして復讐目的でレイプされたわけじゃない。
ただ、母を輪姦したらどうなるだろうと思い、『僕の母を陵辱してみませんか?輪姦したい人募集』と、裏サイト掲示板に出した。
するとどうだ、早速食いついてきたレイパーがいた。
1人が食いつくと、もう1人、そして何人かがコンタクトを取ってきた。

僕は本人たちに直接会った。
誰もが、僕の母がどんな熟女なのか知りたがっていた。
僕は母の写真を持参していたので皆に見せた。
母は僕の父の再婚相手で継母。
そして、親父は再婚してから2年後に事故で死んだ。
漫画みたいなことがあるもんだ、そう思った。

最初に言ったが、継母には不満はない。
ただ年齢は若い。
確か33歳だ。
三十路の継母はまだまだ魅力的な体つきをしていて、熟女ボディなスタイル。
僕は何回か継母を母子相姦しようと思ったが踏みとどまった。

話を戻そう。
写真を見た皆は言った。

「本当にこの熟女を輪姦していいんだな?」

僕は答えた。

「もちろんです」

レイパー達はいきり立った。

「早速今からでも行こう」と言う者もいたが、僕は賛成しなかった。

なぜなら、入念な準備をしなければならなかったからだ。

「今は駄目。こっちの方で入念な準備をします。それまでは待って下さい。準備が出来たらこちらから連絡しますので」

そう言うと皆は了解してくれた。

(さて、これから綿密な集団レイプ計画を練らなきゃな)

僕はそう思い、皆と別れた。

家に戻った僕は計画を練り始めた。
いつ、どこで継母を輪姦するのか。
どのようにして悟られないように決行の日まで毎日を過ごすのか。
とりあえずは継母レイプ計画を練りながら毎日を過ごすことにして、参加者の皆には逐一メールで連絡を入れたり、直接会ったりして連絡を取っていた。
継母は何も知らずに毎日を過ごしている。
そんな継母を見て、これから先に起こるであろう悪夢に打ちひしがれ、陵辱された痴態を想像したりしていた。

数日が過ぎて、僕はある程度の計画を練り上げた。
いつ決行に移すか、そして輪姦レイプに至るまでの経緯を。
僕はその計画を皆に伝えるべく連絡を取った。

計画はこうだ。
継母は僕と2人で食っていくためにパートの仕事をしている。
パートから帰ってきたところを皆で強姦するのだが、普通にいきなりレイプしたところで面白くない。
そこで、僕が人質役となり、継母を半言いなり状態にしてしまうと言うもの。
もちろん途中から僕も参加させてもらうという条件付きだったが、皆は首謀者の特権として認めてくれた。
こうして継母を輪姦するための準備は整った。

決行の日。
僕は普段と何かわらなく、いつも通り学校に登校した。
もちろん、この時だけは後で起こることばかりを想像していた。
学校が終わると僕は帰宅し、皆が集まるのを待った。
約束の時間は5時30分。
継母がパートから帰るのは大体6時~6時30分くらい。
それまでに僕たちは兼ねてからのレイプ計画の為の準備をした。
僕は人質の役になった。

6時18分、何も知らない継母はいつも通りに帰宅。
だけど目の前の光景を見て驚いていた。
それはそうだ、義理だとは言え、息子が知らない男たちに捕まっているのだから。

「何ですか?あなたたちは」

継母は言った。

「奥さん、待ってたぜ。あんまり遅いから息子さんに見つかっちゃってね。仕方ないから人質になってもらったよ」

もちろんこの台詞は仕込んだものだ。
この台詞を合図に皆は動き出す。
2人が継母の逃げ道を塞ぐ。
他の皆は計画通りに継母に迫り出す。
継母が後ずさりを始めたら、退路を塞いでいた2人が継母の腕を左右から掴み、服を捲りあげる。
捲り上げられたことにより、それまで服に押さえつけられて胸が一気に露出した。

「いやぁ!」

継母は抵抗した。

「奥さん、いい胸してるじゃないの。こんなに大きいじゃないか」

男の1人が継母の胸を揉んだ。
継母は顔をしかめた。
ここからどうするかは皆に任せてある。
それぞれのしたいようにさせることにしたのだ。

「おばさん、胸、柔らかいよ」

「いや、いやぁ」

胸を揉まれた継母は抵抗していたが、そこは2対1、敵うはずがない。
たちまちのうちに男たちの力の前に屈服した。
スカートは破かれ、ショーツも剥ぎ取られた。

「奥さんのオマンコ、意外と綺麗だよ」

1人が継母の秘部に指を這わせた。
濡れているエロい音が聞こえた。
どうやら胸を揉まれたたことによって濡れていたようだ。

「奥さん、濡れてるじゃん。これ、どうしたの?ん?」

男がぐちゅぐちゅと継母の熟女マンコを手マンでかき混ぜだした。
継母は耐えていたみたいだが、すぐに喘ぎ声が出た。
同時に体勢が崩れた。
その間も秘部は手マンされまくっている。

「おいおい、奥さん。どんどん溢れてきてんじゃん。え?ほら」

「いや、いや」

継母は必死に抵抗しようとしていた。
まあ、それも無駄なわけだ。
男は継母の秘部から指を抜いた男の1人が、継母の口に肉棒を突っ込んだ。
もちろん継母は嫌がって吐き出そうとしたが、強引に頭を押さえられ、イラマチオ風に無理やりフェラをさせられた。
僕は縛られたまま見ていたが、実にいい光景だと思った。
男たちは、わざと僕に見えるようにしてくれているので、僕からは丸見えだ。

「ちゃんと咥えてくれないと息子さんが傷つくことになるよ」

もちろん嘘だ。
しかし、そんなことを継母が知るわけがないので、男たちに言われた通りにするしか継母には手が無かった。
無理やりフェラチオをさせられていても鬼畜な男たちはまだいる。
露わになった継母の秘部を弄り始めた。
いやらしい音が部屋に響き渡った。

(お義母さん、感じてるな。それも相当)

僕はそう思った。
秘部からは愛液が垂れ落ちている。

「いい!奥さん、出るよ!」

男の1人が継母の顔に精液をぶっかけ顔射した。

「あーあ、汚れちゃったねえ。奥さん」

そう言いながらももう1人の男が継母の顔にぶっかけて連続顔射を決めた。
もう1人、そしてもう1人、ザーメンシャワーレイプ。
継母の顔は今や男たちの精液で陵辱されてどろどろだった。

「奥さんのここ、こんなにぐちょぐちょになってるよ。ほら」

男の1人が母さんの今やびしょ濡れの秘部を掻き回した。

「んはぁ」

継母は淫靡な声を上げた。
男の1人が継母を組み伏せ、仰向けにした。
ギンギンになった肉棒を掴むと、有無を言わせずに乱暴に継母の秘部に突っ込み、レイプした。

「おお、気持ちいい」

「いや、いや!」

継母の腰を掴むと自らも腰を振り始めた。
男が腰を動かすたびに継母の胸が揺れ、喘ぐ声が漏れ、卑猥な音が響き渡った。

「最高!マジ気持ちいい」

必死に腰を動かしていたようだ。
間もなくレイパーは絶頂を迎えた。

「うお、出る出る、出る!」

肉棒を抜き取ると継母の胸にぶっかけた。
それからも次々に男たちに拷問のように陵辱レイプされた継母。
そして全員がひと通り終わると、ついに僕の出番だ。
身体を自由にしてもらい、そして、僕が脅迫されるのだ。

「ほら、自分のママと近親相姦するところを見せろよ」

そう言われる筋書きだ。
陵辱され、精液まみれの継母はカッと目を見開き、「それだけは嫌・・・。ダメよ・・・」と抵抗するも、「うるせー!痛い思いをしたくなかったら、オメーがママにチンコを挿れてやれよ!」と脅され、僕はついにすでに勃起しているチンコをオマンコに挿入し、継母相姦してしまう。

「いやっ、あっ、だめっ、いや」

涙を流しながら嗚咽する継母。

「お義母さん、お義母さん、ごめんよお」

僕はこの異常過ぎるシチュエーションに興奮し、すぐに継母の膣内に射精してしまった。
僕と継母の近親相姦を見届けると、男たちは皆帰っていった。
床に泣き崩れる継母。
僕は継母を抱き締め、お風呂に連れて行き、精液まみれの身体を洗ってあげた。
するとまた勃起してしまい、再び継母を犯した。

タイトルとURLをコピーしました