酔っ払ってうちに来た姉に童貞を奪われた

この体験談は約 7 分で読めます。

<スペック>
俺:18歳、童貞、大学生、女顔、一人暮らし。
姉:23歳、非処女、社会人、椎名林檎似、貧乳、実家暮らし。

深夜2時くらいにガッツンガッツンうちのドアが殴られた。

(やだ、強盗かしら!)とか思いながら覗き窓を見ると誰もいない。

ついに俺はネクロマンサーとしての素質に目覚めた。
そんなこと思いながら床オナに戻ろうとしたとき携帯が鳴った。
これはホラー映画でよく見るパターンのやつだ。
手とか震えるし、チンコは萎えるし、ヤバい。
恐る恐る携帯を開いたら、『姉貴』って出てて、チンコがビクンてなった。

「もしもし?弟君?」

姉貴は俺のこと君付けで呼ぶ、昔から。

「今家?」
「彼女できた?」

とか聞かれて、下半身丸出しのまま受け答えしてたんだけど、なんかドアの向こう側から声が二重で聞こえる気がしたんだ。

「お姉ちゃん、今、俺んちの前にいる?」

「そうだよ近くで飲んでたから泊めて欲しいの。今、家行ったら居なかったっぽかったから電話したの」

とりあえずパンツ穿いてジャージ穿いてドアを開けたら姉貴が居た。
スーツのスカートが腰まで捲れ上がってて、肌色のパンスト越しに水色のパンツが見えてた。
身内と言えど、女と会う時は抜いてから会え。
勃起すっから。
マグナムを突き立てたまま姉貴を引きずって部屋に。

そしたら・・・。

「ヤバい、お姉ちゃん吐くかも」

とか言うから髪の毛を掴んで便器に押し込んだ。
すげぇ興奮した。
結局吐かずに、「弟君、いい匂いするね」とか言いながら抱きついてくる。
シャンプーってすごくいい匂いするんだな。

(って酒くせぇ、このメスブタが!)

素数を数えるとかして俺が勃起チンコと戦ってるのに、姉貴の抱きつきは激しさを増した。
Tシャツの首元におでこを擦りつけて、うにうにとか言ってる。
姉貴で童貞を捨てるのも悪くないかなって思った。
柔らかい唇が鎖骨らへんに当たって、なんか変な気分だった。
あと、そのまま喋るもんだから、なんか変な声の響き方がしてくすぐったかった覚えがある。

「キスしていい?」って聞いてみた。

「したいの・・・?www」って言われた。

姉貴の頬は酒のせいで赤かったのか照れて赤かかったのか、今もわかんない。
ゆっくり顔を寄せてみたら、抱きつかれてる手に力が入った。
とりあえず笑って誤魔化そうと思って、ヘラヘラしながら姉貴の顔を見たら、目を瞑って顎を上げてた。

(でもやり方がわからんwww)

とりあえず唇にちゅってした。
ファーストキスが姉貴だ。
いや、嘘だ。
小学校の時に幼なじみの舞ちゃんにしたわ。
酒臭くて柔らかかった。

「そんだけ?www」とか言われて、なんか恥ずかしくて悔しくて、チンコが立った。

笑う姉貴は可愛かった。

「そんだけって何?w」って聞いてみたら、姉貴はくすくす笑いながら、「別に」って首を傾げた。

よく考えたら、ここトイレだし、姉貴はずっと抱きついてるし、チンコは立ちっぱなしだし。
とりあえず場所を移動したかったから、姉貴を抱っこしてベッドまで連れてった。
持ち上げたときに3歩くらいよろけたのは内緒。

「ぇーwww童貞みたいーwww」

ベッドに沈みながら姉貴が笑ってた。

「いいから、スカートそろそろ直せよ」

で、「童貞は滅ぼすべきだと思わんか、お姉ちゃん?」って真顔で言ってみた。
我ながらキモい。

姉「・・・う~~ん、酔いが醒めてきたかも」

このタイミングで姉の理性がご帰還なさった。

(クソビッチが、さっさと股開けよ!)

確かに、俺たちは血も繋がってるし、オカンもオトンも同じだ。
でも男と女だし、俺たちも、もう子供じゃないだから。

興味本位だった。
セックスと床オナの違いが知りたかった。
姉貴にもう1回キスしてみた。
首の後ろに手を回された。

(これはいける!)

さっきまで床オナしてたけどイケてないし、もうたまらなかった。
俺のチンポはギンギン。
キスしたまま姉貴抱き締めたら、目の前から、「んっ」とか聞こえた。
普段、聞いたことのない姉貴の声に余計に興奮した。
そのまま首筋に顔を埋めてシャンプーの匂いを満喫。
スーハースーハーしながら姉貴の手を握ったら握り返してくれた。
俄然調子に乗る俺www
白いうなじを試しに噛んでみた。

「ぁ・・・ん・・・」

また甘い声が聞こえた。
勃起した。
けど口の中に毛が入って、しばらくパクパクした。
うなじを舐めたり耳を噛んだりしてたら、姉貴の声どんどん熱くなってくるし、よく見たら姉貴はスーツだし、おっぱいは触りたいし。
もう1回短いキスをして、スーツの上から胸を揉んだ。
結構ちっちゃくて固かった。
でも姉貴は体をくねくねさせながら胸を揉んでる手を握って切なそうにこっちを見ていた。
俺の知らない顔をしてた。
なんかもう興奮しまくりで鼻息が荒くなった。

正直、すごいヘタクソだったと思う。
スーツの上着を脱がせてカッターシャツの上から揉む。

「ちょっと・・・明るい・・・かも・・・」

ぼそって姉貴が言った。
なんてエロゲだよこれ。
変に冷静になりながら俺は電気の紐を2回引っ張って小丸電球にした。
赤っぽい光に浮かんだ姉貴の肌蹴たカッターシャツがエロくてシャツの下の方から手突っ込んだ。
結構、女の体って温かいんだなって思いながらブラジャーを下から持ち上げてみた。
ブラジャーって案外すぐ捲れる。
痩せ型の姉のアバラは固かった。
胸を弄ろうと四苦八苦してる間も、姉貴は俺にキスしてきたり頭を撫でたりしてくれてた。
変な安心とシチュエーションに対する興奮が混ざった。

「これ、脱いで?」

姉貴に上半身裸になるように頼んだ。
今思うと童貞丸出しで恥ずかしすぎるwww

「恥ずかしいし、やだwww」

姉貴はそう言って両手で胸を隠した。

「ぇ、おま、ちょ、それ、えぇ!?だってさっきまで・・・」

女の恥じらいとか下心とかわからんし、本気でファビョる俺。
そんな姿、見慣れてるみたいな顔をした姉貴がガバって抱きついてきて・・・。

「弟君から脱ご?・・・ね?」って囁かれた。

語尾にちっちゃい「ん」が付いてるみたいだった。

なすがまま素っ裸にされる俺。
なすがままチンコを咥えられる俺。
あったかいTENGAみたいだった。
フェラされてる間、AV男優は何やってたっけって高速で考えた。

「おう・・・ん」としか言えなかった。

声が出るくらい気持ちよかった。
あと、太ももに当たる姉貴の髪の毛がくすぐったかった。
咥えながら姉貴は、「んっ・・・んっ・・・」って声を出してくれてた。
結構な時間、じゅぶじゅぶとかじゃぽじゃぽとか水っぽい音と、姉貴のくぐもった嬌声を聞いてて、俺も姉貴の頭とかを撫でだした頃、「ぷはっ」っ姉貴がチンコから口を離した。

「そろそろ入れてみる?」

ニヤニヤしながら聞かれた。

「どどどどどどっっっっどこに?」って聞いたら、「うふふ」とか笑いながらキスされた。

寝転ぶ姉のパンストを脱がせてパンツを直に触った。
表面は布のせいでカサカサしてるけど、押してみるとハンバーグのタネみたいにふにふにしてた。

「もぉ・・・早く~」

姉貴がまたくねくねしながら俺を引っ張るから、なんか手元がどうなってるのか分からないままパンツを脱がせた。
姉貴は腰を浮かせて脱がしやすいようにしてくれてた。
そのガニ股な感じに、ちょっと萎えた。
でも秘密の花園がすぐ目の前にある。
無修正ビデオとかで、そこがどんなグロさを持っているかは知ってた。
とりあえず手で支えて入れるとか、そういう概念がない俺は、必死に腰の角度だけで入れようと頑張った。

「・・・あ、あれ?え?ここ?」

すっごい格好悪いことを言いながら、「ゴムが無い」と言うタイミングを逃し続けてた。

「違うwwwそこも違うwww」
「もうちょっと下?」
「あんっ・・・そこお尻www」

とか言われながらも、チンコがどんどん湿っぽくなっていく。
擦れるだけでイキそうだった。
痺れを切らした姉が、「んしょ」とか可愛い声を出しながら俺のチンコをチョキの形で挟んで、そこに宛てがってくれた。

「ゆっくり入れてみて?」

姉貴は他の男とこういうことしてたんだなって思うと急に悔しくなって、自分の物にしたくて姉貴抱き締めたまま腰を沈めた。
オナホより全然気持ちよかったし、何よりあったかかった。
中から押し返される感じと中が締まるのがわかって、動かずともイキそうだった。
姉貴に入れたまま必死にポテチのことを考えてたら手を腰に回された。
で、そのまま手で引き寄せて、押し返して、ゆっくり教えるみたいに腰を動かすように催促された。

「えへへ・・・っ・・・ん・・・へへ・・・」ってはにかみながら、時折エロい声を出す姉貴が可愛すぎた。

まだ着たままだったカッターシャツとか脱がして、おっぱいにしゃぶりついた。
乳首は男の体の部分には無い、なんとも形容しがたい形と大きさだった。
硬すぎず柔らかすぎず。
口に含んで舌で舐め回すと、姉貴の中がまた締まった。
うちは壁も薄いし、ベッドもギシギシ変な音を立ててるし、あんまり派手に動きたくなかったけど、もう我慢の限界だった。

「で、出そう・・・!」

そう言ったら、「お腹にかけて」って喘ぎながら言われた。
喘ぐ女性と話すのがあんなに興奮するとは思わなかった。

その後は自分でもビックリするくらいスムーズに動けた。
イク寸前、俺の動きが速くなってきたのを察知したのか、姉貴が頭を抱き寄せてディープキスしてきて、俺は頭が真っ白になりながらひたすら腰を振った。
姉貴の喘ぎ声がどんどん大きくなっていって、限界のところでちゃんとチンコが抜けた。
あとはAVみたいに姉貴の陰毛の上にチンコ置いて手でしごいて射精した。
姉貴のちっちゃい胸にまで飛んで、小刻みに上下する白いお腹を眺めた。

賢者タイムは罪悪感がすごかった。
不思議と血の繋がった姉とセックスしたって事実に罪の意識は無かった。

「ティッシュないの?」とか、いつもの調子に戻った姉に怒られながら、まだ勃起したチンコブラブラさせてティッシュの箱を持って部屋の中を走ったり、「最近あんまり来てなかったね~」とか他愛もない話を服も着ないでしてた。

翌日、目玉焼きを作ってやったら喜んで食べてくれた。
15年ぶりくらいに一緒にお風呂に入って、脱衣所でキスをした。
その日は、それ以上のことはなくて終了。
姉貴は帰った。

翌週の土・日に姉貴はまた来た。
その週末は嫌ってくらいセックスした。
その次の週も、その次の次の週も、姉貴の仕事が休みのたびにした。
姉貴とのセックスにも慣れてきて、俺がクンニと手マンを覚え始めた頃、姉貴を隣の県の水族館に連れて行ってやった。

「周りから見たらカップルに見えるのかな?」って俺が言ったら、姉貴は優しく笑って、「そうかもね」って言ってくれた。

群れて泳ぐイワシより姉貴のほうが可愛かった。

タイトルとURLをコピーしました