姉の胸の柔らかさが知りたくて

この体験談は約 4 分で読めます。

2歳年上の姉がいて、自分が中学生の時のエロ話です。

自分の部屋にはエアコンはなく、毎年暑い夏を過ごしていました。
そんなある日、親が言いました。

「暑いんならお姉ちゃんの部屋で寝させてもらえば?」

姉も「別にいいよ」と言うので、それから時々夏場の暑い日だけ姉の部屋で寝かせてもらうようになりました。

ある夜、その日はいつもより早めに姉の部屋に行き、少し姉と会話をしました。

「そろそろ寝るけど」

「いいよ」

いつものように自分は畳に布団を敷いて蛍光灯を切りました。
しばらくすると姉の寝息が聞こえてきました。
姉は一度寝るとなかなか起きないので、もうしばらく待って自分は起き上がり、姉の寝てるベッドに近付きました。
姉の口元に手を当てて寝てるのを確認し、姉が掛けているタオルケットに手を乗せて胸を触り、夜這いをしました。
姉は巨乳です。
タオルケットの上からでも大きさと柔らかさがわかりました。
ただ手を乗せてるだけですごく気持ち良かったです。
すると、姉が寝返りを打ったので慌てて手を退けました。
でも姉は寝返りを打っただけで起きる気配はなく、もう一度触りたかったけどさすがにできず、その日は止めました。
次の朝、姉は普通に接してきたので気づかれてないのだと思い、ほっとしました。

それからは姉の部屋で寝る時に、時々巨乳を触らせてもらいました。
でも、寝てる時の胸を触るだけでは飽き足らず・・・。

ある日、姉が寝る前に部屋に行き、しばらく話してると姉が「そろそろ寝ようか?」と言ってきたので、思い切って聞いてみました。

「ねぇ、オッパイって柔らかいの?」

「えっ?分からないよ」

「さ、触ってもいい?」

「えっ?お母さんに頼みな。今日は自分の部屋で寝て」

仕方なく自分は部屋に戻って寝ました。

それから1週間が経った夜、パジャマを着た姉が自分の部屋に来ました。

「どうしたの?」

姉は黙ったまま入り口に立っていました。

「何?」

「・・・入ってもいい?」

「う、うん・・・」

すると姉は部屋に入ってきて、自分に背を向けてベッドに座りました。
姉が身体を強張らせているのがわかりました。

「どうしたの?何か用?」

「前言ったこと、したい?」

「えっ?」

「・・・おっぱい触りたい?」

「えっ!う、うん!」

「いいよ、少しくらいなら」

そう言って姉は立ち上がり、こちらを向きました。
そしてゆっくりベッドに上がってきて、自分のベッドに仰向けに寝ました。
姉はもっと身体を強張らせて目を瞑っていました。
ゆっくりと姉の胸に手を乗せると、姉は身体をビクッとさせました。
慌てて胸から手をどけました。

「大丈夫・・・ちょっとビックリしただけ」

もう一度触ると、姉は布団のシーツを掴みました。
ゆっくりと指を動かしはじめると、姉はシーツをさらに強く握り締めて少し身体をくねらせました。
さらに少し強く揉むと姉の口から吐息が漏れはじめ、自分は我慢ができなくなりました。

「姉ちゃんゴメン!」

そう言って姉に馬乗りになり、両手で両胸を鷲掴みにして力強く揉みました。

「い、痛い!」

姉は自分の腕を胸から払い除けて胸を押さえました。

「ご、ごめん」

「痛かった。もうおしまいね」

そう言って姉は上半身を起こしました。
馬乗りになっていたので自分の下半身が姉の腹部に当たり、改めて勃起してるのがわかりました。

「退いてくれる?」

嫌だった自分は姉の首に腕を回してキスをしました。
姉は驚き、必死に自分を退かそうとしましたけど、マウントポジションになっていることに加え、中途半端に起きているので力が入らないのか、退かすことが出来ないでいました。
キスをしたまま姉の胸を揉むと、さらに力が入らなくなったのかまた仰向けに寝ました。

仰向けになったままキスをし続け、パジャマの裾から手を入れました。
口を塞いでいるので姉ははっきり喋れず、「ん、んんん、んー!」と言われましたが聞く耳を持ちません。
手を上げていくと指先がブラに当たり、そのままブラを上に持ち上げたら姉の胸の柔らかさがはっきりわかりました。
姉は必死に身体をくねらせて抵抗していましたが、馬乗りになっている上に、年上と言っても女なので力では勝てないでいました。
胸を揉んでいると、その先端にある乳首が立ってきているのがわかり、親指と人差し指で摘んでみると姉は、「ん、ん、んーっ!」と声を上げて身体を反らしました。
その弾みで唇が外れました。

「あっ、だ、だめ。お願いだからやめて」

姉は涙を流しながら言ってきました。
でもやめる気などない自分は、姉の首から腕を外してパジャマのボタンを外しはじめました。

「ダメ、ダメ、これ以上はダメ!」

姉は腕で必死に胸を隠しました。
ボタンを外すのをやめて姉の下半身に手を持っていくと、姉は少し開いていた脚をギュッと閉じました。

「ダメ!そこは本当にダメ!」

「じゃあ胸見せてよ」

そう言いながら姉の下半身を触り続けると、姉はゆっくりと腕を退かしてくれました。
ボタンを外して胸を出すと、姉に覆い被さるように身体を動かし、胸が口に来るようにして一気に胸に吸い付きました。
姉は身体を反らし、吐息は喘ぎ声に変わりました。
姉のことなどお構いなしに胸をがむしゃらに吸うと、口の中でもわかるくらい乳首がさらに立ってきてました。
少し緩めて乳首だけ咥えると姉は、「ダメ!アンッ!ダメ!ダメ!」と言いながら、体をくねらせたり反らしたりしていました。
でも、相変わらず自分が上に乗っているので思うように動けない状態です。
姉はシーツを握り締めて耐えていました。

空いている姉のもう片方の胸に手を置いて乳首を摘むと、姉は今まで以上に大きな喘ぎ声を出しはじめました。
姉は自分でそれに気づいたようで、力が入らない腕を動かし手で口を塞ぎました。
自分はさらに乳首を押したり捻ったり摘まんだりと刺激を与えると、姉はさらに強く手で口を押さえ、顔を左右に振りはじめました。
少し身体を捻り、顔を反らした後にぐったりとベッドに身体を預け、姉の口から手が離れました。
体全体で息をしてるみたいに姉の呼吸が乱れていたので、ゆっくりと胸から口と手を離して姉の様子を見ていました。
しばらくすると姉はゆっくりと上半身を起こし、無言でブラとパジャマを直し、少しフラフラしながらベッドから下りると部屋から出ていきました。

次の日から姉は自分を避けるようになり、今でもまともに話をしてくれません。
完全に姉に嫌われてしまいました。
あの時、もっと強引にやって近親相姦までしていたら、どうなったのか?
それを妄想するのが今のオナネタになっています。

タイトルとURLをコピーしました