俺の布団で寝るようになった寂しがり屋の妹

この体験談は約 4 分で読めます。

父の癌が発覚したとき、妹(亜紀)は13歳、中学1年でした。
お父さんっ子だった亜紀は精神的に不安定になり、闘病の甲斐なく父が亡くなると、中学2年になっていた亜紀はさらに精神的に不安定になりました。
俺は20歳になっていて、家にいる男として、父亡き後を支えようとしました。
母は気丈に振る舞っていましたが、亜紀は気がかりでした。

父が亡くなって3ヶ月くらいが過ぎたあたり、夜、亜紀が俺の部屋に来ました。
一緒に寝て欲しいと言うのです。
中学2年にもなってと思いましたが、精神的に不安定な亜紀がそれで落ち着くならと、一緒に寝ました。
それからは度々、亜紀は俺と一緒に寝たいと言ってくるようになり、妹とは言え、次第に変な気持ちを持つようになりました。
父が亡くなり半年も経つと、母もかなり落ち着いてきてるのに、亜紀はあまり変わらず不安定のまま。
徐々に膨らむ俺の変な気持ち。

ある時、俺は亜紀に言いました。

「変な気持ちになっちゃうから、もう1人で寝ろよ」

亜紀は、「ごめんね」とだけ言いました。
それからしばらくは夜来なくなりましたが、やはりまた来たんです。

「変な気持ちになっちゃうって言ったろ?」

それでもお願いと、亜紀は俺の床に入ってきました。

「それでもお願いって。お前のこと襲っちゃうぞ」

俺はからかうように亜紀言いました。
すると亜紀が言いました。

「お兄ちゃんに襲われるなら、私は構わないよ」

衝撃的な言葉でした。
亜紀は続けて言いました。

「兄とはいえ男性の寝床に入るってことは、何されてもいいって気持ちなんだよ」

まさかと思いました。
下の階には母が寝ています。
母は時々俺たちが一緒に寝てることを知りません。

「あのね、我慢とかしなくていいから。だって私もお兄ちゃんの温もりが欲しくてこうしてるんだから」

俺は黙ってました。
布団の中から漂ってくる妹の香り、リンスや石鹸の香りが俺の欲情を掻き立てました。
目を閉じて、寝ようとしてるのか、キスして欲しい意思表示なのか、そんな亜紀を見てもう限界でした。
俺は目を閉じていた亜紀の唇に自分の唇を重ねました。
亜紀は特に何の反応もなく、黙ってそれを受け入れました。
何回もキスをして、亜紀の乳房を触り、揉みました。

「痛い」

亜紀が小さく言いました。
俺は慌てて手を引きました。

「やさしくしてね」

亜紀が言いました。
俺は布団を横に剥ぎ、亜紀のパジャマの前ボタンを外し、インナーのキャミを捲りました。
まだ成長過程にある手のひらサイズの胸、小さい乳首と乳輪は同い年の彼女の胸とは明らかに違いました。
張りがあると言うより、固い、そう思いました。
ゆっくりと揉むと亜紀は痛がらなくなりました。
乳首と乳輪を口に含むと、ちょっとだけ身体をピクンとさせました。
俺が亜紀の顔を覗くと目が合いました。

「大丈夫?」

「うん。続けていいよ」

亜紀の乳房に舌を這わせて、右手を亜紀の股に持っていきました。
一瞬、キュッと膝が閉じましたが、すぐ力を緩めてくれました。
下着の中に手を忍ばせると、ズボンと手の隙間から漂う亜紀の香り。
少し指先で弄ると、次第にクチュクチュとした音がしてきて、亜紀の顔が紅く染まっていき、少し息を弾ませていました。
微かに触る陰毛のカサカサ音とクチュクチュ音。
ズボンと下着を脱がし、足を開かせ、亜紀のそこを舐め回しました。
亜紀は下の階に寝る母に聞こえないように手で口を押さえていました。
興奮して俺もズボンを脱ぎました。
亜紀の体を起こしてペニスを目前に晒しました。
亜紀は黙ってそれを見て、手で握りました。

「熱い」

亜紀が小さな声で言いました。

「これが亜紀に入りたがってる」

俺が小声で言うと、亜紀は体を寝かせて自ら足を開きました。
俺は亜紀の身体に身を重ねて耳元で囁きました。

「痛くても声を出さないって自信はあるか?」

亜紀はこくんと首を振りました。
俺は亜紀の腰の下に毛布を敷き、スキンを着用し、再び身体を重ね、亜紀の入口に宛てがいました。

「いくぞ」

首を縦に振ったのを合図に、ゆっくりとめり込ませていきました。
音こそしませんが、メリメリと入っていく感触がします。
亜紀は顔をしかめ、口を手で押さえて、かなりの激痛のようで、額には汗が浮かんでました。
ぐい、ぐいっと少しずつ亜紀の奥へとめり込んでいくペニス。
押し潰されそうなくらいに固い亜紀の中。
初体験だった彼女の時より、亜紀のほうが固いと思いました。

(出血は・・・)

気になって下の方を覗きましたが、下腹部に血は確認できず。
しかし体を起こして再度確認すると、俺と亜紀の太ももは血だらけでした。
さらに奥へと入ろうとしたら亜紀が身をよじってしまい、ペニスがズルンと抜けてしまいました。
よじった腰を俺が元に戻して再びめり込ませていき、ついに亜紀の最深部へ到達しました。
俺は汗をかいていないのに亜紀の体は知らないうちに汗で光っていて、その様子からも亜紀は激痛に耐えているんだと思いました。
絶対に声出さないようにと必死だったんだと思います。
数回腰を動かすと、手で押さえた口からちょっとだけ声を漏らしました。

「うっ!うっ!」

俺は再び身体を重ね、亜紀の耳元で聞きました。

「痛いか?」

亜紀は首を縦に激しく振りました。
腰を振るのをやめて亜紀の中で静かにしていると、亜紀の中が鼓動するように、ビクン、ビクンという感触が伝わってきました。
それが心地よくて、俺はその鼓動のような感触のみで果てました。

「終わったよ」

そう言って亜紀から抜けると、大きく深呼吸をして、ホッとしたような顔をしていました。
スキンを外し、濡れティッシュで亜紀の股間の血を拭き、自分の股間を拭きました。

「痛かったよ。でも我慢した」

小声で亜紀が言いました。

「よく我慢したな」

亜紀を抱き締めて頭を撫でてやりました。

翌日、母が仕事に行き、亜紀は学校、俺は仕事に行く直前でした。

「思ったより短かった」

亜紀にそう言われました。

「長い時間、お前に痛い思いをさせないためにだよ」

暗に『早いんじゃない?』と言いたげな亜紀に反論しました。

「あ~、そっか」

そう笑った亜紀は元気に学校へ行きました。

亜紀との関係は約4年続きました。
現在、亜紀20歳、俺26歳。
亜紀が高校のクラスメイトと付き合うとなったとき、ちょうど俺も2人目の彼女と出会えたのをきっかけに関係を断ち切りました。
怖くなったんです。
もしもバレたら母を不幸にしてしまうと。
それからはもう誘っていません。

タイトルとURLをコピーしました