浮気相手と電話セックスしている母に襲いかかった

この体験談は約 4 分で読めます。

母さんに付き合ってる男がいることは知っていた。
家族や誰にも知られてないと思ってる母さん。
しかし俺は偶然にも、母さんが男の運転する車の助手席に座り、街中のホテルから出てくるところを見てしまった。

家の中では明るく振る舞う母さん。
父さんも妹も、母さんが浮気をしていることなどは何も気づかず、ワイワイと気楽に過ごしている。
そんな中で俺ひとりが悶々としていた。
夜な夜な母さんの浮気をする姿を想像して勃起させている。
想像が膨らむにつれて家で明るく振る舞う母さんの動き回る姿を見ながら衣服の中の肉体を想像してしまう。

チビでちょっと横幅のある母さん。
家での表情からは男に抱かれて喘ぐ姿など想像もできないが、現実は男と一緒にいる時には全く違う表情を見せてるのだろう。
そう思うと無意識にでも興奮してしまう。

春休みに入った日に父さんは仕事に妹は部活に出ていった。
俺はたっぷりと朝寝を決め込み、目が覚めたのが10時頃。
腹減っていて台所に行くと母さんの姿はなかった。
勝手に朝ご飯を食べて2階の部屋に戻ろうとした時、2階のベランダに母さんがいるのに気づいた。
干した洗濯物の側で携帯を耳に当てている。
俺は気づかれるかと思いながらもベランダに出れる部屋に入る。
母さんは外からは見えにくい家の壁に寄り掛かるようにしながら話をしていた。
途切れ途切れでよくはわからないが、内容は俺達が春休みに入ったため家を簡単には出れないみたいな話で、「好きだよ」とか「逢いたい」とかの声も聞こえてきた。

付き合ってる男だと内容でわかった。
男に何か言われたのだろう・・・。

「今はベランダだから無理。駄目よ、こんな場所じゃできないし、もし近所の誰かに見られでもしたら困るし、恥ずかしい・・・」

そんな話し声が聞こえる。
カーテンの陰から母さんの様子を窺うと、俯きながらの会話はほとんど聞き取れなくなり、頷いたり首を横に振ったりする仕草になっている。
一度、二度と頷くと母さんは携帯を耳元から外した。
そして再び洗濯物に手を伸ばし洗濯物を整えてる。
俺はこっそりと抜け出し、自室に入った。

階段を下りる母さんの気配して、またすぐに2階に上がってくる音がする。
コンコンとノックの音。

母さんが顔を出し、「ご飯食べたんだ?」と聞いてくる。

俺は、「うん」と返事を返し、「これからたま昼まで寝るよ」と答えた。

「休み初日だから今日はしょうがないかぁ」

母さんは笑いながらそう言って部屋を出ていった。
1階の気配を窺うが静かだ。
30分くらいして1階に下りる。
母さんの外出した様子はない。
俺は廊下の突き当たりにある母さんたちの部屋の入り口に行った。
中の様子に聞き耳を立てる。
この時にはすでに俺のモノは母さんの卑猥さを期待していて大きく勃起をしていた。

佇んだままでしばらくすると部屋の中で母さんの微かな声と息苦しげな吐息のような音が聞こえてきた。

「脱いだわ、開いてる。見て、私を見て」

母さんの切なげな声と呻きのような喘ぎ声。

(父さん以外の男と母さんは・・・)

俺の頭の中は怒りに似た興奮でパンク寸前になっていた。
興奮の極致に達した俺は入り口を開けた。
母さんは俺に気づかず、スカートは腰の上まで捲れ、部屋の壁に背中を預けて両足を膝立て、手は股間を激しく弄っていた。
片手に携帯を握りしめ、苦悶の表情で顔を振る。
その瞬間に俺と目が合った。
母さんは声も出せないくらいの表情で俺を見る。
その表情がたちまち恐怖の表情に変わっていく。

「何やってるんだよ?」

声が震えているのが自分でも分かる。
つかつかと近づき、声も出せずにいる母さんの手から携帯を奪うとカーペットの上に放り出し、母さんに襲いかかった。

「あっ、何するの?やめなさい!」

今さら止められるはずもなく、母さんの開いた足の間に割り込みジャージを下げた。
恐怖に怯える表情で母さんは俺から逃れようと必死で足掻く。
カーペットの上に仰向けで転がる母さんの上に重なり、俺は無我夢中で母さんのそこに俺のモノを押し付けた。
よくわからないまま夢中で押し付けた瞬間、母さんは、「あっ」と声を漏らした。
生暖かい感覚が俺のモノに感じられる。

(入ったんだ!)

そう思った瞬間、出そうになった。
我慢しようと顔を歪めて必死に耐えるが、入った瞬間に終わってしまった。
母さんは強張った表情でイヤイヤと髪を振り乱していた。
俺のモノは収まる気配もなく勃起を続けている。
そのまま腰を揺すりはじめる。
次第に要領が分かり、俺はさらに激しく動き出した。
それでも数分も持ちこたえることができず、俺は2回目も敢なく終わってしまった。

母さんを見ると無表情で涙を流していた。
俺も、その瞬間に冷静さが甦り、慌てて母さんから離れた。
部屋に逃げ戻るように2階に上がる。
なんとも言えない後悔に似た気持ちになった。
それと同時に母さんのことも心配になったが、しばらくすると1階から、妹の声と一緒に母さんのいつもの声が聞こえてきて、俺はなんとなく安心した。

タイトルとURLをコピーしました