巨根すぎる甥の虜になってしまいました

この体験談は約 11 分で読めます。

節子と申します。
今年40歳になりましたが、いまだに独身で、ある会社の秘書室に勤務しています。
30歳くらいまでは、会社の顔である受付嬢として社外宣伝用パンフの表紙を飾ったこともありましたが、秘書課に異動してからもう6年、気が付けば40歳になり最近では言い寄ってくる男性もほとんどなくなり、結構落ち込んでいました。
だからということではありませんが、つい先月甥と関係してしまい、それ以来若い甥との関係にのめり込んでいます。

甥の名前は雄大くん、19歳でどちらかと言えば遊んでる感じの大学生です。
雄大くんは私の5歳上の姉の息子ですが、身長が180センチを超えるなかなかのイケメン君で、甥っ子だけど私のストライクゾーンど真ん中の男の子です。
私は前々から雄大くんに対して、「頭の悪そうな女の子とばかりチャラチャ遊んでないで、もう少し賢そうな子と付き合いなさい」と、いつかはお説教してやろう思っていました。

そんな雄大くんと2人きりになるチャンスが来たのは先月のことでした。
姉の連れ合いの姪っ子、つまり雄大くんの父方の従姉がモルジブで結婚式を挙げることになり、姉夫婦も出席するために8日の金曜日から11日の月曜日までモルジブに行くことになりました。
雄大くんもモルジブに行きたかったようですが、可哀想に費用の関係でお留守番することになってしまったようです。
私は姉からその話を聞き、留守中の雄大くんの食事とか洗濯の世話を買って出ました。
自分でもなぜだかわかりませんが、急に雄大くんと2人きりで過ごしてみたくなったんです。
だからといって、血の繋がった甥である雄大くんをどうこうしようと考えていたたわけではなく、強いて言えば子供の頃から可愛がってきた雄大くんにお説教でもしながら若い男の子の生態を覗き見たかっただけです。

金曜日の朝、私の車で姉夫婦を空港まで送って行きました。
もちろん雄大くんも一緒です。
雄大くんは自分も行きたかったのに連れて行ってもらえないことと、留守中好き勝手なことをできると思っていたのに私が世話役で家に泊り込むことが嫌でずっと不機嫌でした。
見送りを終えて車に乗り込むと、早速不満をぶちまけてきます。

「せっかく1人で好き勝手にやろうと思ってたのに、なんで叔母さんが泊まりにくるんだよ」

いかにも迷惑そうに言い、それきりそっぽを向いている始末。
私がなんとか機嫌を取ろうと色々話しかけても生返事しか返ってきませんでした。
姉の家に着くと雄大くんは彼女と思われる相手に電話をかけて、「ごめん、せっかく親が出かけて週末は一緒にいれる思ってたのに変なのが来ちゃってさー・・・」と謝っていました。
それにしても、いくら叔母とはいえ、こんな美人を捕まえて「変なの」とは、思わず後ろから頭を叩いてやりました。
私は電話を終えた雄大くんに言ってやりました。

「お姉ちゃんたちが留守だからって、彼女を引っ張り込もうなんてとんでもないわ。やっぱり私が来て正解だわ」

続けて、「それに雄大くんに彼女?子供のくせして彼女を泊めて何をする気だったの?」とからかってやりました。
すると雄大くんは少しムキになった顔をして、私を小馬鹿にしたようなことを言いました。

「叔母さん、自分が男日照りだからって俺の邪魔をしに来たの?俺だってもう19だぜ、女だってとっくに経験済みだし」

男日照りは当たってるだけにすっごい悔しい。
私も意地になり、言い返しました。

「へー、すごいね、経験済みなんだ。でも雄大くんはお子ちゃまだから、女の悦ばせ方までは知らないんでしょ」

すると雄大くんもさらにムキになって言ってきます。

「叔母さんは知らないだろうけど、俺、結構モテるしそれなりに経験もしてるよ。そうそう、よく言われるんだけど、俺のは他の男のよりもかなり大きいらしいぜ」

「かなり大きい?それは良かったわね。で、誰とどうやって比べたの?つまらない見栄を張るとみっともないよ」

「自分では比べたことなんかないけど、セックスの後で、どの女の人からも必ず言われるよ」

「どの女の人からも必ず言われる」と聞いて、私はちょっと驚きました。
でも、本当にそんなに大きいのなら見てみたいって誰でも思いませんか?
私は勝ち誇った顔をしている雄大くんに言いました。

「本当に?じゃあ私が見てあげるから出してみなさいよ」

雄大くんは「えっ?」という顔をしましたが、私を完全に見下した口調で言いました。

「叔母さんはバカ?それとも欲求不満で狂っちゃったの?甥っ子のちんちんを見たいって何考えてるの?」

おまけにへらへら笑いながら、「あー嫌だ嫌だ。若い頃はちょっときれいだった女も40歳まで1人でいると、ここまで見境がなくなっちゃうもんかねー」とまで言いました。
私はあまりの悔しさに涙が出掛かりましたが、負けじと言い返しました。

「そうね、私も見境がなくなってきたから雄大くんも気を付けないと、今夜あたり襲っちゃうかもしれないよ」

雄大くんも口が減らないっていうか意地っ張りっていうか、生意気なことを言いました。

「いいよ、襲えるもんなら襲ってみなよ。逆に叔母さんをヒーヒー言わせてやるから」

私は雄大くんにヒーヒー言わされたくはないですが、「他の男よりもかなり大きい」と言われているおちんちんが見てみたくなってしまいました。
こうなったら泊まり込んでいる4日間のうちに絶対に見てやろうと心に決めました。

その日の夜、変に小細工するよりは簡単に攻めた方がいいと思い、古典的な手を使ってみました。
それは、私は裸の雄大くんがいることに気付かなかったふりをして脱衣場のドアを開けるというものです。
これが意外に上手くいきました。
ドアを開ける私、びっくりしてこちらを向く雄大くん。
しかし次の瞬間、雄大くんの股間に私の目は釘付けになりました。

(嘘でしょ!?)

雄大くんのおちんちん、本当にすごく大きいんです。
例えて言うと普通の状態でアメリカンドックくらいの大きさです。

「バカ!何考えてるんだよ!」

股間を見つめている私を怒鳴ると、慌ててドアを閉める雄大くんでしたが、私はあまりの大きさに呆然としました。
しかし雄大くんはお風呂から上がってくると機嫌良さそうな顔で、「どう?びっくりした?マジでデカかっただろ」と自慢気に言いました。
私は、「うん、びっくりしちゃったよ」とだけ言い、テレビを見始めました。
私はさっき見たのを思い出しながら、(何センチくらいあっただろう?)とか(普通でもあの状態なんだから勃起したらどこまで大きくなるのだろう?)とか色々想像しました。

特に会話もないまま時間だけが過ぎ、気付けばもう12時を回る頃でした。
雄大くんは自分の部屋に行き、私は姉が客間に用意してくれた布団を敷いて入りました。
しかし脱衣場で見てしまった雄大くんの大きなおちんちんが目に焼きついて眠れません。

(あんなので何度も突き上げられたらすごいだろうな。でも、大きすぎて壊れちゃう?)

そんなことを考えているうちに悶々としてきて眠気が覚めてしまいました。
そして私は雄大くんに色々な体位で突き上げれられているシーンを想像しながらオナニーをしてしまいました。
最初はおちんちんだけを想像しようとしましたが、どうしても相手の男が雄大くんになってしまいます。
甥っ子をオナニーネタにする・・・。
私は禁断の妄想にいつもよりも妙に興奮してしまい、姉の家の敷布に大きなシミを作ってしまうほど濡れてしまいました。

翌朝、8時過ぎに目を覚ますと、雄大くんは先に起きてコーヒーを淹れてくれました。
土曜日ですから雄大くんは彼女と出かけるんだろう。
てっきりそう思っていましたが、雄大くんの彼女は夏休みに知り合った地方の子で、この家に泊れなくなったから東京へは来ないということでした。
私はその話を聞いて、なんだか悪いことしてしまったなと、雄大くんにとてもすまない気持ちになりました。
すまない気持ちになりながらも、雄大くんの顔を見ると、前の晩に見た大きなおちんちんが浮かんでしまい、なんだかおかしくなりそうでした。

そのあと雄大くんは、「大学の講義あるから夕方に戻る」と言って出かけました。
私は洗濯をしたり、夕飯の買い物に出かけたりテレビを見てぼんやりと過ごしていました。
雄大くんが帰宅したのは5時過ぎでした。
夕飯は2人で焼肉をやりながら軽く飲んで、お互いのことを話したりテレビを見たりして過ごしました。
でも、雄大くんを見ているとどうしても大きなおちんちんのことばかり気になって落ち着きません。

この日も12時過ぎには2人ともお風呂に入り床に就きました。
でも寝床に入ると昨夜のように悶々としてきて寝付けません。
目を瞑ると瞼に焼きついた大きなおちんちんが頭の中に浮かんできます。
私は前の晩に続いて禁断の妄想を思い浮かべながらアソコに手をやると、そこはすでにビショビショに濡れていました。
ただ前の夜と違ったのは、お酒を飲んで気が大きくなっていたことでした。

(雄大くんだって彼女と会えなかったから悶々としているに違いない。きっと自分でしているんだろうな)

そんなことまで考えてしまった時、私は居ても立ってもいられない気分になって起き上がりました。
そして私の足は自然と雄大くんの部屋に向かったのです。

「雄大くん、まだ起きてるの?」

私はドアの外から声をかけました。

「うん、何か用?」

「うん・・・ちょっと部屋に入ってもいい?」

「いいけど・・・あ、ちょっと待って」

何秒か経った後。

「もういいよ、入れば」

そんなやりとりをしたと思います。
私はドアを開けて雄大くんの部屋に入りました。
なんとなく男臭いというか汗臭いというか、でも心地いい部屋でした。
雄大君はベッドに腰掛けていました。
私は雄大くんのすぐ隣に腰掛けて体を寄せるようにしました。
雄大くんは冗談っぽく、「なんだよ、本当に襲いに来たの?」と言って笑いました。
私は雄大くんにもたれかかるようにして聞いてみました。

「雄大くん、私をヒーヒー言わせてくれるって、あれ本気?」

「えっ?あれは・・・その、つい」

雄大くんは言葉を濁しました。
当たり前ですよね。
自分の倍も生きてる実の叔母さんに向かって本気でそんなことを言う甥っ子なんかいるわけがないことくらい私もわかっています。
私は困った顔をしている雄大くんの股間にそっと手を置いてみました。
雄大くんはビクッとしました。

「叔母さん、まずいよ・・・だって俺たちって」

こちらを向いてそう言う雄大くん。
私は雄大くんが何も言えないように唇で唇を塞ぎました。
雄大くんはびっくりして唇を離しましたが、私は雄大くんの顔を引き寄せて唇を重ねると私から舌を入れました。
そして舌を絡めながら雄大くんのパジャマのズボンに手を入れて、あの大きなおちんちんを直に触ってみました。

(すごい!)

手探りでしたが、カラオケマイクよりも大きいおちんちんが熱くなって脈を打っています。
雄大くんも私に合わせて舌を動かしながらキスに応じています。
私はそっと唇を離して言いました。

「雄大くん、叔母さんじゃ嫌?」

「嫌じゃないけど、俺らの間柄じゃやっぱヤバいでしょ」

「間柄?そんなこと今は関係ないわ。雄大くんが私とセックスしたいかしたくないか、それだけでいいの」

私の言葉を聞いた雄大くんは大きく息をしてから言いました。

「セックスしたい・・・」

この一言ですべてが決まりました。
私は雄大くんのパジャマのズボンとパンツを下げておちんちんを剥きだしにしました。

「本当に大きい・・・」

反り返るように勃起してお腹にくっ付くと言うより先の方がお腹に食い込みそうになっています。
私は雄大くんの股間に顔を埋めるようにしておちんちんを口に咥え込みました。
口に含んでみると、頭の部分が大きい割に竿はそれほど太くないのでエラが張り出ていて引っかかる感じがします。
もちろんこれは全体のバランスの話で、普通の人よりかはかなり太いです。
歯を当てないようにしながら首を上下させましたが、根元まで咥え込もうとすると長さがあるので喉の奥に当たってしまい上手くできません。
そこで雄大くんに仰向けになってもらっておちんちんを口から出すと、咥え込まずにアイスキャンディーを舐める感じで舌を這わせたりキスしたりしました。
雄大くんはうっとりしながら私に身を任せていましたが、しばらくすると・・・。

「ねえ、舐めっこしようよ・・・叔母さんのも舐めさせて」

そう言って私の腰を引っ張りました。
少し恥ずかしかったけど、パジャマと下着を脱いで雄大くんの顔の上を跨ぐような体勢をとりました。

「あっ!叔母さん、すごく濡れてるじゃん」

そうです。
もうどうにも我慢できなくなっていたのですから、この部屋に来た時点で私はヌレヌレの状態でした。

「そうよ、雄大くんのおちんちんのことを考えただけでこんなに濡れちゃったの」

私は正直に言いました。
雄大くんはそんなことはお構い無しで私のアソコを舐め回しはじめました。
実はもう5年近くもセックスしていなかったので、ただでさえ感じるのに相手は甥っ子の雄大くん。
禁断のセックスということがさらに感覚を鋭くさせました。
私は雄大くんのおちんちんを愛撫することさえ忘れるほど雄大くんの舌に痺れてしまいました。

「もう我慢できない、雄大くんのおちんちんを早くちょうだい」

私はそう言って仰向けになりました。

「俺も入れたくなっちゃった」

雄大くんは体を起こすと私の両膝を持ってぐっと広げました。
そして私のアソコの入り口を上に向けると大きなおちんちんの頭をぐいぐい押し込んできました。

「あぁっ!すごい!」

硬くて大きな拳骨のようなものが私のアソコを押し広げながら突き進んできます。
こんな感覚は初めてでした。
そして一番奥にある子宮に当たっているのに、さらに突き進もうとしてきます。
経験はないけど、(フィストファックってこんな感じなの?)と思うほどでした。

「あぁっ!・・・壊れちゃう・・・でもいい!」

本当に雄大くんのおちんちんを突き入れられた私はヒーヒー言わされるどころではありません。
もしかしたら締め切った窓の外まで聞こえたかもしれないほど大きな声を出していたかも知れません。
雄大くんはそんな私を見下ろしながらさらに責めるように腰を動かしはじめました。
突き入れたときには硬い頭で子宮をえぐられ、引く時には張り出したエラで膣壁をえぐられ、私の頭の中は真っ白というか強いフラッシュの光が連続で瞬き続けるような感覚に陥りました。
腰を回したり変化をつけたりといったテクニックは全くなく、ただひたすら腰を激しく突き入れてくるだけなのに、私の意識は飛びっぱなしの状態でした。
時間を計っていたわけではありませんが、かなり長い時間激しく突き入れられて、私は何度昇りつめました。

「叔母さん、中で出しても大丈夫?」

限界に近付いた雄大くんに聞かれた私は、安全な日でもないのにおねだりしてしまいました。

「ちょうだい!いっぱいちょうだい!」

雄大くんが荒い息を吐きながら今までよりもさらに奥深くまで突き入れてきた次の瞬間、私の子宮に強い刺激が来ました。
まるで絞ったホースの先から噴出す水のような勢いで雄大くんのザーメンが私の中に放たれました。

「あぁぁぁっ!」

あまりの刺激に失神してしまったほどです。

(すごい・・・こんなにすごいセックスは初めて)

私は雄大くんのおちんちんの余韻に浸りながらぼーっとしていましたが、終わってからしばらく経っているのに私の中から雄大くんのおちんちんの存在感が消えません。
30分くらい経った頃でしょうか、中で出すことを許してしまったことが心配になった私は、やっとの思い出ベッドから這い出してお風呂場に行き、雄大くんが私の中に放ったものをシャワーで洗い流しました。
そして雄大くんの部屋に脱いだパジャマと下着をとりに行きました。

「叔母さん、パジャマなんかどうするの?まだ終わりじゃないよ」

雄大くんはそう言って私をベッドに引っ張り込みました。
そして私の上に乗りかかって、荒々しい手付きで乳房を揉んだり、私の体に唇や舌を這わしてきました。
若い男の子らしい荒っぽさが一度火が点いていた私を再び禁断の快感へと連れ戻しました。
もちろん私も雄大くんの体中に唇と舌を這わせます。
今まで誰にもここまでしてあげたことはないと言うくらい時間と技を使ってじっくりとフェラしてあげました。

「叔母さん、今度は後から入れてあげるよ」

雄大くんは私をうつ伏せにさせると腰を引き上げてバックから突き入れてきました。

「あぁぁーっ!」

背中を突き抜けて出てくるんじゃないかと思うくらい激しく突き上げてくる雄大くん。
私はベッドに顔を埋めながら絶叫しっぱなしでした。
ただでさえすごいのに、雄大くんは1回射精しているので今回は色々と体位を変えながら激しく突き上げてきます。
私はそのたびに雄大くんにしがみ付き、狂ったように大きな声を上げながら昇りつめました。
雄大くんはさっきよりも長い時間私を責め続け、最後は私の中に再び熱いザーメンを放ちました。

「雄大くん・・・すごい・・・」

「叔母さんも、今までの誰よりも良かったよ」

そんな会話をしているうちに2人ともそのまま眠り込んでしまいました。

翌朝遅く目を覚ますと、雄大くんは私に体を寄せ合うように眠っていました。
私はベッドから出た後シャワーを浴びて朝食の準備をしました。
できあがった食事並べてコーヒーを入れていると、雄大くんが照れくさそうに起きてきました。
なんだかお互い照れくさくて会話も弾まないまま朝食を食べ終わり、私が洗い物をしていると後から雄大くんが抱きついてきました。

「叔母さん、俺、もう我慢できない」

そう言って私のお尻の上の辺に硬くなったおちんちんを擦り付けてきます。

「もう、朝でしょう・・・」

「いいじゃん、早くしようよ」

洗い物を続けようとし手いる私を羽交い絞めにするようにして、雄大くんは私の布団が敷いてある和室まで強引に引っ張っていきました。
こうなると私にもまた火が点いてしまい、前夜と同じようにお互いに激しいセックスがはじまりました。
夕方になって2人のお腹が空くまでの間、部屋から一歩も出ずに何度も交わりあいました。
そしてその夜も、その翌日も、帰国する姉夫婦を迎えに行く直前まで私たちは裸で絡み合い、求め合ってしまいました。

それからというもの、今日で1ヶ月半経ちましたが、私の仕事が早く終わった日の夕方や土曜日になると雄大くんを大学近くでピックアップして、私のマンションやラブホで求め合っています。
私は完全に雄大くんのおちんちん中毒です。
雄大くんも私とセックスに溺れたみたいで、何かと理由をつけては私の所に来るようになりました。

タイトルとURLをコピーしました