ネットで知り合ったナマ派の男性とダブル不倫中

この体験談は約 3 分で読めます。

38歳の主婦、5歳上の夫とまだ小学校低学年の子供が2人。
3年前にネットで知り合った彼と中距離ダブル不倫中です。
もちろん夫以外の男性は彼が初めてです。

夫とは結婚15年、最近は夫婦生活もマンネリでエッチも月に1回度程度。
彼も少し離れた所に住んでいるので月に1度か2度しか会えません。
でも、そのせいか3年経った今でも新鮮で、顔を合わせる前は心がときめきます。

彼とのデートはいつも、主婦にとっては安全な平日の昼間。
彼は有休を取って車で会いに来てくれます。
私の所は少し田舎なので、高速道路のインターチェンジ近くには大きな駐車場のあるコンビニがあり、そこで落ち合って近くのラブホに向かいます。

今ではすっかりメタボな夫には抱かれても感じないけど、私と同じ年で筋肉質で体力がある彼は、いつも休憩の5時間で3回は放出。
その間、私は何度イッたか数え切れないほど狂わされます。
彼が入ってくると、私の膣壁は自然と彼を離さないようにしっかりと絡みつきます。
彼は合計3時間近くも、私の中で前から後ろからと暴れ、最後はたっぷりと自分の遺伝子を送り込みます。
そう、彼はいつも生で挿入して、最後は中出しです。

彼は知り合ってから一度も避妊具をつけてくれたことはありません。
まだ生理があるので夫には中出しはNGなのに、彼は中出しをさせています。
もちろん妊娠は心配です。
安全日ならまだ平気だけど、危険日前後のセックスはすごく不安です。
危ない時期に会ったときは、ベッドに入る前に彼にそのことを伝えますが、彼は逆に興奮するようで、私がイキそうになると私の耳元で、「このままイクよ」と囁きます。
私が「中はダメだからね」と言っても彼は聞こえていないふりをして、私の名前を呼びながら「イクぞ!」と発した後、彼の物が私の中で大きく膨らんでピクピク脈打つんです。

私が少し涙目で、「もう。できても知らないから」と訴えると彼は、「心配?」と聞いてきます。
そして少ししてから彼は笑顔で、「安心して。まだ出してないから」と言うんです。
私が頬を膨らませて怒った顔をすると、彼は一段とピストンを速めます。
そうなったら私はもう彼の背中に腕を回してしがみつくだけ。
最後は私のお腹の上に射精します。
いつもその量に驚きます。
3回目ですら、夫の1回目より明らかに多いんです。

危険な時にこんなに多くの精液が私の中に入ったらと思うと不安でなりません。
でも、なぜか彼には「ゴム付けて」と言えないんです。
私は華奢で胸も小さいので、昔から自分のカラダには引け目を感じていました。
今はもう若くもないし、少しも魅力的ではないはずなのに、彼は「胸は大きさじゃなくて感度だよ。それに子供を産んだとは思えない綺麗な下腹部はとても魅力的だよ」と言ってくれるんです。
不思議と妊娠線とか無いんですよね。
それに、「一番は可愛い性格」と言ってくれるのが、素直に嬉しいです。

彼は私に自分の好きな下着を買ってきては私に着させます。
最近は目隠しとかされて、たぶん彼はデジカメで撮っているようです。
なんとなくわかります。
彼とはあと何年続くかわからないけど、彼と知り合ってから、精神的にも肉体的にも以前より安定した生活を送っています。

タイトルとURLをコピーしました