ナンパした女2人とホテルに行ったら1人が処女だった

この体験談は約 5 分で読めます。

私がまだ車の免許を取ったばかりのことです。
いつも夜、溜まり場になる公園があります。
大体20人くらい集まり、どこの誰かは知らず、顔と通称の呼び名だけで知り合い、ダチになります。

その日は出勤が早くてダチが1人しかいなく、仕方なく2人で歩いてナンパに出かけました。
しばらく歩いていると前から女3人組。
その中の1人とダチが顔見知りらしく、5人で近くをドライブすることに。
話も弾み、途中でダチとわざと連れション。
誰を先に家に送るか打ち合わせ。
女3、男2の為、相談が必要でした。
2人の考えはすぐに一致。

「顔見知りの女を帰そう」

答えは簡単、顔、年齢、スタイルで決まり。
その為、わざと座席の位置を変更し、「時間も遅いから1人ずつ家まで送るよ」と言い、その子を家まで配達して無事完了。

また座席移動。
今度は2対2、あらかじめ女は選択済み。
モーテルに行く準備として少しドライブをし、私は後ろの席で彼女のスカートの中に手を入れて太股を撫でながらキス。
最初は足に力を入れて閉じていましたが、「力を抜いて」と言うと素直に足を開いたので、パンティの中に手を滑り込ませ、オマンコを撫でるとマン汁がダラダラ状態。
指でビラビラを開き、中指でオマンコグリグリ、クリをコリコリしながらチンポを握らせてシコシコ。
準備OKです!

彼女に「モーテルに行こ」と言うと小さく頷いたので、足でシートを蹴ってダチに合図。
モーテルにIN。
前の2人はまだ段取り5分の状態だったので、わざとイチャイチャしてダチに協力。
私の方の彼女はさっさとシャワーに行って、バスタオル1枚で戻ってきて準備OK!
ベッドが1つと毛布が1枚。
私たちは床に毛布。
ダチはベッドで毛布カバー。
いざ戦闘開始。

私たちは車の中ですでに準備は済んでいたので、何の抵抗もなく、お互いにシコシコ、グリグリ、コリコリ。
彼女は少し恥ずかしいのか小声でウッフン。
上のベッドでは何やら小声で悪戦苦闘していましたが、私のチンポはギンギン。
かまわずチンポをオマンコに宛てがい、一気に根元までぶち込んでピストン運動。
しばらくすると射精寸前になったので、彼女に「イクよ」と言うと。

「ダメ。生理が終わって、まだ1週間しか経ってないから危ないの!妊娠しちゃうからゴム付けて」

ベッドの枕元にあるゴムを付けるために毛布を捲くって一旦抜こうとしたら・・・。

「嫌・・・」

「え、どうしたの?」

そう聞くと耳元で小声で・・・。

「2人が見てる」

(えっ?)

振り返ると、ダチたちが2人でニヤニヤ。
彼女は恥ずかしそうに毛布を頭まで被って・・・。

「お願い、明かりを消して」

さすがに私も照れくさいので、「電気を消せよ」とダチに言って暗くしてもらいました。

「これでいい?」

コクリと頷く彼女。

「ゴムなしでイクよ」

「でもイク時はお腹の上に出して、ほんとに危ないから」

「うん、わかった」

彼女も安心したのか、そこからは声が少し大きくなりました。
私は最初からオマンコに射精するつもり。
激しいピストン運動をしていると、いつの間にか部屋も明るくなっていましたが2人とも気付かず、私は彼女の「イク!イク!イグ!」の声と共に膣内射精。

ドックン!ドックン!

長い射精感を味わってグッタリ。
(このときの射精感は今も頭の片隅に残っています)

「やっぱり中に出した?」

「わかる?」

「だってアソコから出てる~」

「え、アソコってどこ?」

「・・・オマンコ。でも危ないんだよ。妊娠しちゃうかも」

でも中出しは気持ちいい!
ちなみに全部ダチたち2人に見られてました。
彼女は慌てて毛布を被って、「もーやだ!」を連発。
横になり、ダチに『もうやった?』とサイン。
ダチは首を横に振り、『ダメ』のサイン。
続けて『女をチェンジ』のサイン。
立ち上がろうとしたら彼女が突然しがみついてきました。

「輪姦されるのはイヤ!お願い、何でも言うことを聞くからお願い」

彼女に、「でもダチはお触りだけだって。可哀想だよ」と言うと・・・。

「だって彼女、処女だもん」

唖然!
でも納得。
ダチに協力する意味で、彼女がフェラする所を見せてやることに。
彼女が渋々納得チンポをしゃぶり始めたので、電気を少しだけ暗くして彼女のフェラがよく見えるように合図。
わざと「タマタマもしゃぶって」とか「下からチンポを舐め上げて」とか言っていると、ムクムクしてきてエレクト状態に。

「もっと深く飲み込んで」

そう言いながら彼女の頭を掴んで根元までグイ!
すると突然ベッドの彼女が・・・。

「やだ!あんなに長くて太いのを全部飲み込んだ!」

ダチが彼女のオッパイを揉みながら言います。

「もう少し見ててみな、精液を飲ませるから」

「エエー!飲むの?」

しばらくしゃぶられていると射精感が訪れたので、彼女に「出すよ」と言って激しく口ピストン。

ピュー!ドクドクドクー。

彼女は喉を鳴らしてゴックンゴックン!

ダチの女「美紀、本当に精液飲んだ!」

ダチ「すごいだろー。みんなやることだよ」

ダチの女「あれって飲むものなの?どんな味かな?」

ダチ「彼女に聞いてみたら」

ダチの女「ヤダー、そんなの聞けない」

私はしばらく咥えさせて余韻を楽しみました。

私「美味しかった?」

彼女「すごく苦くて多かった。2回目でもあんなに出るの?」

私「美紀が上手だから」

彼女「やだーもー」

そんなことを言っているとベッドではごそごそ始まり、ポトンとベッドからパンティが。

私「静かに聞いててごらん。今から処女膜が破られるよ」

コンドームの袋を破る音。

ダチの女「初めてだから痛くしないでね」

彼女「良かった。彼女、貴方にやられなくて」

私「なんで?」

彼女「だって初めてなのに貴方のじゃ可哀想だもん。大きくて長いから」

そんなことを言ってると「いくよ!」の声に続いて「痛い!」の悲鳴。

「動かないで!動かないで!」の声。

ダチが一気に根元まで入れたな?
そしてベッドがギシギシいうたびに、「痛い痛い」の声。

ダチの女「お願い。早くイッて!」

そんな声を聞いていると・・・。

彼女「お願い。もう1回して」

私のペニスもピンコ立ち。

私「どこに何を入れて欲しいの?」

彼女「焦らさないで入れて」

私「じゃあちゃんと言って。『オマンコに残りの精液を注射して』って。そうしたら太い注射をしてあげる」

彼女「貴方の太いチンポでオマンコに精液注射して下さい」

私「じゃあ自分でペニスを握ってオマンコに入れてごらん」

騎乗位でズッポリ根元まで飲み込み、激しく腰を振って子宮をコリコリ。
しばらくすると、「またイク!イク!」の声。

私「イキそう?」

彼女「イク!イク!イカせて!お願い、イカせて!」

下から激しくピストン運動してやると、「イクー」の声と共にガクンとなって太股をピクピク。

私「イッた?」

彼女「うん。頭の中真っ白・・・」

私「じゃあ今度はオレがイクよ」

彼女「いっぱいオマンコに流し込んで!」

遠慮なく、残りの精液を一滴残らずぶち込んでやりました。
余談ですが、ダチはその後、処女の彼女と結婚しました!

タイトルとURLをコピーしました