嫁が若い頃に使っていた部屋で義母を抱いた

この体験談は約 4 分で読めます。

住宅の横にある車庫の2階、今は物置になっている。
妻が独身時代を過ごした部屋である。
必要のなくなった家具やベッドは部屋に置かれたままホコリを被っていた。

私は時間を見つけ、内緒で部屋の掃除をした。
ベッドには真新しいシーツ、家具も使えるように綺麗に掃除をした。
ここは家族の誰も寄りつこうとはしない、忘れられた場所である。
そこを何のために掃除したのかと言えば、義母との愛欲の場所にするためである。

何ヶ月も費やして義母を誘惑し、やっとその気になり始めた義母。
タイミングを外さずに唇を奪う。
最初は固く唇を閉じたままのキス。
最近になって私の舌を受け入れはじめ、服の上から乳房への愛撫も許すようになった。

「あの子に悪い。主人に悪い」

私の愛撫を受けながら恥じらうように言う。
抱き締めながら片足を義母の間に割り込ませて下肢を強く圧迫するようにすると、義母は身体をビクッと震わせる。
義母の様子を観察しながらゆっくり愛撫を進める。
義母から離れる時に義母の手を取り、ズボンの上からそっと私のモノに触れさせる。
ハッとして手を退こうとする義母の手を押さえ、さらに触れさせる。
義母は戸惑いを見せるが、やがてその手は意識を持って自ら私の股間を撫でてくる。

「お義母さん、明日は仕事を早く切り上げて戻ります。その時、お義母さんが欲しいです。許してくれますね?」

義母は答えないが、そのかわりに触っている手に少し力を込める。

「いけないことなのに・・・きっと罰が当たるわ」

義母が小声で言う。

「その時は私も一緒に罰を受けます」

義母の耳に息を吹きかけるように言う。

日中は義母1人だけの自宅。
昼前に戻り、台所に居た義母を抱き寄せ、囁くように話しながら熱いキスを交わす。
恥じらいながらも自ら舌を絡ませてきて応じる義母。

「お義母さん、誰にも邪魔されない場所に行きましょう」

玄関の戸締まりを済ませ、義母を倉庫の2階に案内した。
訝しげに上がる義母だったが、妻が昔使っていた部屋のドアを開けると驚きの声をあげた。

「いつの間に?」

私は義母と、いつかは使いたいと思い、時間を見つけて整理したことを伝えた。

「本当に私なんかでいいの?私みたいなお婆ちゃんと・・・。きっと後悔するわよ」

「僕は真剣です」

「本当?本当に私でいいの?」

義母の言葉を遮るように再び唇を重ねると、自宅でのキス以上に義母は積極的に応じてくれた。
妻が使っていたセミダブルのベッド・・・。
私が先に服を脱ぎ裸になる。
伏せ目がちにしている義母の前に勃起をしたモノを晒す。

「お義母さん、僕の思いを受け入れて下さい、お義母さんを愛したいです」

俯いた義母の腕を掴み、勃起したモノに導く。
躊躇いながらも義母の手は私のモノに触れてくる。
私は義母の手のひらの中で最大限に力を込め、勃起したモノをピクつかせる。

「アッ」

義母は小さく声を漏らすと、次第に呼吸を荒げ、握った手をゆっくりと動かし始めた。
義母が衣服を脱ぎはじめるのを私はベッドの端に座りながら見つめる。
1枚ずつ静かに脱いで行く義母。
ひとつひとつの仕草に熟女のなんとも悩ましい光景が目に入ってくる。

「恥ずかしいからそんなに見ないで」

義母は少し目の縁を赤く染め、身悶えるように脱いでいく。
今日のために用意したのか真新しい下着。
私に背を向けブラジャーの留め金を外し、外したブラジャーで胸を隠したまま・・・。

「これ以上は恥ずかしいから」

私はおもむろに立ち上がり、露わになった肩を抱き寄せる。
初めて肌を密着させ、義母の肌の感触を味わう。

「ベッドに入りましょう」

私は義母をベッドに静かに寝かせる。
義母はまるで少女のように身を固くして横たわる。
私も並ぶようにベッドに入り、義母の頬に触れる。

「なんだか怖い」

義母のか細い声。
頬から胸の方に手を伸ばしていく。
指先だけの愛撫で敏感に反応する義母。
指先を追うように舌を進める。
悩ましく身を捩り、身悶える義母。
義母の下腹部に舌が辿り着いた時、身体を反転させ、お互い横向きになりお互いの股間に顔を埋める。

「ハゥ~ゥッ」

私のモノを咥えながら声を漏らす義母。
私も溢れる液が止まらない義母の股間を丹念に愛撫する。
舌先が肉芽を捕らえると、義母の両足が一瞬硬直したように伸び、私のモノから口を離して、「アッ、アッ、ア~、だめぇ~」と声をあげる。
私は一度捕らえた肉芽を離すまいと、さらに執拗な愛撫を加える。
義母は私のモノを咥えたまま激しく悶え、切なそうな声を出す。

「お願い・・・もうダメ、もう・・・もぅ」

義母は喘ぐように言うと一気に昇り詰めた。
義母を腕枕で抱き締める。
まだ絶頂の余韻が残るのか、肩を震わせ、荒い息を吐いている。

「こんなのって、もう随分長くなかったから」

恥ずかしそうに言う義母。
少し落ち着いた義母の手に再び私のモノを握らせる。

「お義母さん、入れますよ」

「優しく・・・して」

義母の上に覆い被さるように身体を重ねていく。
惜しげもなく開かれた義母の股間に腰を割り込ませ、最大限に膨れ上がったモノで、縦に深く切れ込んだ肉襞を押し開くように擦り付ける。

「アッ・・・アッッ!」

義母が押し殺した声を出す。
ぐっとと腰を沈めると、私のモノは義母の肉襞を開くように卑肉の中に沈みはじめる。

「アッ、アァ~ッ」

義母は私にしがみ付き、私の名前を呼ぶ。
義母と姦通の瞬間。
なんとも言えない柔らかな肉襞が私の物を包み込んだ。
強弱をつけて義母の中で動く。
義母は声を殺すタイプなのか、激しく悶えながらも時おり我慢している声が漏れてしまうだけで、後は必死に辛抱しながら私にしがみつき、体を震わせて快感に耐えているようだ。
義母が絶頂を迎える時は、やはり私の腰に絡めた脚を硬直させるように伸ばし、肉体全体を痙攣させる。

「ア~ァッ・・・イク~」

小さな叫び声と同時に義母の下肢が激しく震える。
限界が近づいた私は義母の両足を担ぎ、激しく突き立てた。

「ウッ・・・」

義母の奥深くで私も果てた。

タイトルとURLをコピーしました