ワレメをわざと見せてくる友達の妹

この体験談は約 3 分で読めます。

小5のときだけど、近所の友達と地元の市民プールに行こうとしたら、その友達の妹(小3)もついて来た。
毎日一緒に通学しててすごく仲が良かったから、兄について来たというよりは、俺と一緒に行きたかったみたい。

ロッカーが有料なので3人で1つのロッカーを使いたかったから男子更衣室で一緒に着替えたんだけど、タオルを巻くようなこともせずに素っ裸で着替えてたので、股間の1本線が見えた。

(うわー!女の子って股が割れてるー!)

かなり驚いた。
それからは一緒にプールに行くたびに、着替えのとき、ワレメばかり見ていた。
水着がワレメに食い込んでスジになってたりすると、そこばかり気になってしょうがなかった。

そんなある日、たまたま替えのパンツを忘れたとかで、彼女がノーパンでプールから帰ったことがあった。
そのあと一緒にTVゲームをして遊んでたんだけど、ふと見ると体育座りで開脚してて、ワレメが丸見えになっていた。
1本スジが上から下まで完全に全部見えていて、ドキドキしながらチラ見してた。

そしたら気づかれて、「さっきから股ばっか見てるー」って笑われた。
そしてその後に・・・。

「見たいんでしょ?いっつもあたしが着替えてるとき、股ばっか見てるじゃん」

絶句した。

(まさか気づかれていたとは)

罪悪感と恥ずかしさでオドオドしてたら意外な言葉に耳を疑った。

「見たいなら見たいって言えばいいのに。別に見てもいいよー」

彼女は笑顔で言ってきた。
でもやっぱりワレメをジロジロ見るのは恥ずかしいし気が引けたので、逆にあまり見ないようにしたんだが、彼女のほうが乗り気みたいで、なんだか小悪魔的な笑顔で股を広げて、俺の反応を楽しんでいた。
彼女にしてみれば、俺が恥ずかしそうにオドオドするのが面白かったんだろうな。

それからもプールで着替えてるときはワレメを見てたけど、俺が見てるのを知っててか、彼女はいつも俺の目の前で着替えるようになったのでワレメがよく見えた。
目が合うと、いつもの小悪魔的な笑顔で俺の反応を楽しんでるような感じだった。

そして秋、プールも終わりワレメも見れなくなった頃、俺をロリコンにした出来事は起きた。
外で遊んでいたら急に夕立ちの雷雨でズブ濡れになってしまい、彼女のお母さんに強制的に風呂に入れられた。
俺は「いえ、いいですいいです!」って遠慮したんだが、「子供だから恥ずかしがらなくていいの!風邪引くわよ!」って、3人一緒に風呂に入らされた。
そしたら彼女の兄が、「お前、チンコねーくせに入ってくんなよ!」って彼女に言った。

「女なんだからしょうがないじゃん!お兄ちゃんが出てってよ!」

兄妹喧嘩が始まって、やがて俺にもその余波が。

「こいつさ、女だからチンコねーじゃん?中見てみ、すっげー気持ちわりーぞ」

そう俺に言う兄。

「気持ち悪くないー!お兄ちゃんの馬鹿!」

彼女はそう言った後、「別に気持ち悪くないよね?」と、浴槽の端に座って開脚すると、なんとワレメを両手で手で開いて俺に中を見せてくれた。
あまりの衝撃に心臓が止まりそうになった。
女の子のワレメの中なんて見たことなかったので、あんな風になってるとは思わなかった。
三角の出っ張りが上に付いてて、その下に小さい薄い皮みたいなのがあって、その間が赤くなっていた。
でも気持ち悪いとは思わなかった。

俺「なんか綺麗、気持ち悪くなんかないよ」

彼女「ほらほらー!気持ち悪くなんかないよねー!お兄ちゃん聞いた!綺麗だって!」

彼女は大喜びしていた。

俺「あのさ、ここからオシッコ出るの?」

彼女「うん、オシッコ出るよ、この辺かなー」

またもワレメを開いて、中をじっくり見せてくれた。
その間も、「ねーねー綺麗?綺麗だよねー」と上機嫌だった。
よっぽど綺麗と言われたのが嬉しかったみたい。

それから彼女が俺の家に来ると、よく逆立ちごっこをして遊んだ。
と言ってもただの逆立ちではなく、スカートを穿いたまま、パンツだけ脱いで俺に向かって逆立ちをする。
俺は彼女が逆立ちしてる間、足を持ってるんだけど、当然スカートは完全に捲れて、目の前でワレメが丸見え。

今思うととんでもないことをしていたようにも思えるが、彼女も「股、見えてるー?」と、俺にワレメを見られることを楽しんでいたので、別に罪悪感とかはなかった。
そもそも彼女の方からパンツを脱いで、「あは、パンツ脱いじゃった」って笑いながら俺に見せてたしね。
今では子供の頃のいい思い出だ。

タイトルとURLをコピーしました