彼女と間違えて、彼女の妹とエッチしちゃった

この体験談は約 4 分で読めます。

この間、彼女の妹とやっちゃいました。

その日、彼女はバイトだったので先に彼女の家で待ってることに。
俺はちょっと街で買い物して彼女の家に行きました。
部屋に彼女は居ないはずなのに電気がついてました。

(おかしなぁ・・・)と思いながら、合い鍵で部屋に入りました。

声を掛けても返事なし。
ベッドを見ると誰か寝てます。

まぁ、誰かって彼女の部屋なんで、彼女以外とはその時は考えられませんでした。

寝てる彼女のベッドへ潜りこんで、そのままセックス・・・なんていつものことなので、いつも通り全部脱いで足の方からベッドに入りました。
服を脱いで寝てたみたいで、足の先から太ももまで撫でていくと、そのままパンティに手が当たります。
膝を押さえて足を大の字に広げて、あそこに顔をうずめて、まずはパンティの上からほどよく濡らして、パンティずらしてゆっくり舐めあげます。
寝たままでもたまにピクっと身体が反応します。

舐めつつ、胸に手をまわし、ブラをずらしてゆっくり愛撫。
いつもより柔らかい感触。
でもその時はあまり気がつきませんでした。
良い具合に濡れてきたのでパンティをずらしてそのまま挿入。
なんかいつもより感触がいい感じ。

布団の中で足を持ち上げてピストン開始。

「うん・・うん・・・ん?・・え?・・何??・・いやぁん・・あん」

目が覚めて、いつも通りやられてるのに彼女が気がついたと思った俺は、さらにピストンを強めました。

「きゃぁーー・・やん・・あん・・あん・・誰よ!・・やめて・・ん・・ん・・ん」
「誰って俺以外いるわけないだろ里美」

奥まで突き入れます。

「わ・・私・・おねえちゃん・・じゃ・・ないで・・す・・あん・・や・・やめ・・てぇ」

そこまで言われて初めて気が付き、びっくり!

「え??」

布団を捲ると知らない女の子。
胸は布団の中で触ってたので服まで気にしてなかったので、そこで初めてセーラー服だと・・・。

「里美の妹の、由美ちゃん?」

由美ちゃんは吐息を漏らしながら頷きます。
でも可愛くって、しかもセーラー服が肌蹴て、胸もちょっと大きくて形も良くて・・・。
びっくりして動けなかったけど、そんな由美ちゃんを見てたら、さらに興奮してそのまま続行(笑)

「え?・・あ・・あん・・お・・ねえちゃ・・んに・・言います・・よ・・あん・・やんやめて・・く・・ださ・・ああん・・い」
「でも、感じてるんでしょ?俺もここまできちゃったらやめれないよ」

入れたまま抱き起こしてセーラー服を脱がし、ブラをとった。
そのまま騎乗位で下からグラインド。

「やあああん・・あん・・だめぇ・・やめてぇ・・おねえ・・ちゃん・・かえってきちゃ・」

このときには自分でグラインドに合わせて腰を動かしてた。

「大丈夫、里美はバイトだからあと1時間半は帰らないよ」

こんなに興奮したセックスは初めてだったかな。

「こんなつもりじゃ・・あん・・あん・・気持ちぃぃ・・だめ・・だめ・・だめぇん動いちゃいやぁん・・あん・・い・・いく・・いく・・いっちゃうぅ・・・」

騎乗位のまま身体を仰け反らせて由美はいった。
俺はいった由美に余韻は与えず、そのまま下から突きまくった。

「あん・・あん・・あん・・だめ・・い・・いった・・ばっかり・・なんだ・・から・・・あはん・・あ・・あ・・だめぇ・・また・・い・・いっちゃうううううう、はぁ・・はぁ・・き・・騎乗位・・弱いの・・・いきやすいの・・・はぁ」

そこまで聞いたらSのスイッチはいるよね(笑)

「そうなんだね」

さらにピストン続行。

1分も動いてたら、またいった。
3回いったせいか由美はなされるがままだった。

「由美ちゃん、今日のことは二人の秘密だよいいよね」
「うん・・こ・・こんなこと・・おねえちゃんに・・言えないよ。え・・あ・・あん・・お・・おわり・・じゃ・・ないの??・・あぁん」

今度は俺が上になって、由美の足を思いっきり開いて、膝をもって突きまくった。

「我慢出来ないからいくよ。里美と同じように中で出すからね」

俺はピストンを速めた。

「え・・あ・・あん・・中は・・だめぇ・・あん・・あん・・外にしてぇ・・気持ちいい!!」

由美は中出しされることに言葉では抵抗しても、身体は抵抗出来てなかった。
由美の奥で思いっきり出した。

「これでできちゃったら二人でおねえちゃんに殺されちゃうよ」

そう言いながらキスしたけど、セックスの余韻が残っててかなり激しいキスだった。
それから慌てて二人で服を着て、里美が帰ってきた時は何食わぬ顔で二人でテレビを観てた。
里美は全然気づいてなかった。

3人で飯食って、由美はそのまま泊まっていくって言うので、3人別々に風呂に入った。
里美が風呂の時には、二人でキスして、俺は由美のマンコを触ったりした。
由美が風呂の時は、里美の身体を触りまくり、やるテンションまでもっていき、そのまま焦らされた里美は由美の目を盗んでは俺のむすこを触ってきた。
あとはそのまま寝ることに。
俺と里美は里美のベッドで、由美は床に布団しいて寝た。

「私がいるんだから、二人でエッチするの我慢してよね~」と由美が言ったが、里美は我慢出来るわけもなく、「わかってるよ」と言いつつ、由美が寝息を立てると里美は本気モードで絡んできた。

次の日、里美は朝からバイトで、俺も午後からバイトだったんで、俺は由美を送りながら帰ることに。

昨夜は由美は寝たフリで、俺ら二人のセックス聞きながら一人でしてたらしい。
由美がどうしても、って言うんで、そのまま駅裏のホテルで2回やった。

それからは里美に隠れて由美ともやってる。