小6のとき、ずっと好きだった幼馴染が舐めてくれた

この体験談は約 5 分で読めます。

俺のうちは自営業の共稼ぎだったから、いつも友達の溜まり場になっていた。
小学生の頃はほぼ毎日のように近所の友達が来ていた。

小学校6年の夏、2軒隣りに住むユリが来た。
ユリは中学受験するので自宅で勉強していたのだが、エアコンが故障してしまったので、うちで勉強させて欲しいと言った。

ユリとは幼稚園から一緒だった。
色が白くて目がくりっと大きくて可愛い子だ。
性格はうるさいくらいに明るい。

俺はいつものことだから、「いいよ」と気楽にOKした。

ユリが勉強をはじめてから2時間ほど経ち、休憩しようということになった。
俺とユリは他愛もない会話をした。
学校のこと、友達の噂話、そして進路のこと。
俺はその頃、まだ中学受験をするかどうか迷っていた。
『中学受験=ガリ勉』というイメージがなんか格好悪くて嫌だったのだ。

するとユリは一生懸命に受験を勧めてきた。

「一緒の中学に行こうよ」と。

「めんどくさいじゃん」と俺。

ユリが突然、大きな瞳でじっと俺を見据えた。

「・・・ねえ、私と離れてもなんとも思わないの?」

「意味がわかんねーよ。何言ってんだよ、おめー」

そう言って俺はユリから目を外した。
ヤバかった。
俺は小さい頃からユリが好きだったのだ。
しかし、ユリに好きだと言ったら、ユリとはその後二度と普通には話せなくなるのではないかと思い、気持ちを抑えていた。

「べ、別に中学が別々だからって会えなくなるわけじゃねーじゃん。近所なんだしさー」

「ふーん、そうなんだ・・・」

ユリはそれっきり俯いて黙ってしまった。
何か話さないといけないと思ったが、何を話せばいいのか判らなかった。
とりあえずステレオのスイッチを入れてFMを流した。
10分ほど経っただろうか、俺はなんか腹が立ってきた。

「ユリさー、なんだよ、お前。別にお前、俺の彼女でもなんでもないじゃん。そういう言い方すんなよな。お前に関係ないじゃん。俺が中学受験するかどうかなんてさー」

ユリは顔を上げた。
その大きな瞳は涙で潤んでいた。

「どうしてそういう言い方すんの?わかってくれてもいいじゃない」

「な、何がだよ・・・」

「信じられない。馬鹿。もう大嫌い」

そう言うとユリはシクシクと泣き始めた。
俺は参った。
ええい、もう、どうにでもなれと思って、ついに俺は白状した。

「わかったよ、チッキショー!そうだよ、俺はお前が好きだよ!でも言えないじゃん!恥ずかしいじゃん!振られて話も出来なくなっちゃったらどうしようとか考えるじゃん!じゃあお前はどう思ってるんだよ、俺のこと!」

「馬鹿!好きだから聞いてるんでしょ!」

衝撃だった。
ヤケクソもいいところだったが、それが成功した。
信じられなかった。
俺はユリにタオルを渡した。
涙で濡れた頬を拭うためにだ。
タオルを受け取ったユリが上目遣いに俺のことを見た時、俺の心の中が急にざわめいた。
その日、ユリはセミロングの髪をポニーテールに結び、オレンジ色のタンクトップに赤い短パンを穿いていた。
急激に心臓の鼓動が高鳴り、俺はユリの肩をギュッと抱き締めた。
ユリは驚いたようで一瞬抵抗したが、すぐに身体の力を抜いた。

「・・・ねえ、さっきのこと本当?本当にあたしのこと?」

「本当だよ。幼稚園の頃から好きだった。ずっとずっと好きだった」

「・・・あたしもね、◯◯のこと好きだったんだよ。あたしの気持ちに気づいてなかったの?」

「わかんないよ、そんなの」

「・・・あたしは知ってたよ、◯◯があたしのこと好きだって」

ユリは向き直ると俺の胸に顔をうずめた。
俺はユリを真正面から強く抱きすくめた。
しかし、それ以上何をすればいいのかわからない。
ユリが俺の頬にキスをした。
俺もユリの頬にキスをした。
ユリは自分の唇を俺の唇にそっと触れさせた。
俺も同じようにと思ったが、ユリの柔らかい唇に触れ、急に興奮した。
俺はユリの唇を強く吸った。
そして俺は壊れたテープレコーダーのように、「好きだ、好きだ、好きだ」と連呼しながらユリにキスをしまくった。
ユリの頬に、首に、耳に、肩に。

ユリの身体から徐々に力が抜けていくのがわかった。
俺はユリの唇を吸いながら自分の舌を差し込んだ。
それにユリの舌が応じる。
最初はぎこちなく、そしてだんだん大胆に。
俺の股間はこれ以上はないというほど怒張していた。
股間が心臓の鼓動に合わせてビクンビクンと脈動しているのがわかった。

背中に回した手をタンクトップの裾から入れた。
柔らかくすべすべとした脇腹から上へと手を伸ばす。
ユリはブラジャーをしていなかった。
俺はユリの胸を手のひらで包んだ。
ユリの胸は予想していたよりも大きかった。

「ん・・・ダメ・・・」

ユリの眉間が歪む。
しかし抵抗はない。
俺は乳首を探った。
しかし、わからない。
タンクトップを上へとずらすと、薄い、本当に薄い桃色の乳輪の中に米粒ほど小さな乳首があった。
俺は乳首にむしゃぶりついた。
キューキューと吸った。

「痛い・・・もっと優しくして・・・」

「ご、ごめん」

俺が舌先でチロチロと乳首を舐めはじめると、「んん・・・」とユリが身体を捻った。
俺の口の中で徐々にユリの乳首が大きくなる。
と同時にユリの息も荒くなった。
俺はユリの短パンの裾から手を入れた。

「ダメ、それは!」

ユリの強い抵抗に合って、俺は「ごめん」と身体を離した。
ユリの目線が下に落ちた。

「ねえ、勃ってるの?」

「うん・・・」

「見せて」

「い、いいよ」

ジャージの下を一気にずり下げた。
俺のチンポはヘソにまで届く急角度でビンビンに勃起していた。
しかも心臓の鼓動に合わせてブルブルと震えていた。
ユリは白い指で俺のチンポをそっと掴んだ。
その頃の俺はまだ仮性包茎で、自分で剥かなければ亀頭がズル剥けにはならなかった。
ユリはそっと皮を剥いた。

「熱いんだね、とっても。すごい・・・」

そう言うとユリは亀頭に軽くキスをした。

「気持ちいい?」

「とっても」

「もっと、して欲しい?」

「うん。もっと、して欲しい」

「ねえ、私が好きだってこと信じてくれる?好きな人にじゃなきゃ、こんなことしないんだから」

「うん。信じる」

ユリはペロペロと、アイスキャンディを舐めるように俺のチンポを舐めた。
俺は一瞬で達しそうになった。

「ヤベ、出る!」

「え?」

俺はとっさにユリの口の中にチンポを押し込んだ。
次の瞬間、一気にユリの口の中に射精した。
ユリは「ん・・・んん・・・」と顔を歪ませながらも全てを口で受け止め、そしてゴクンと飲み込んだ。

それからユリは毎日のように俺の家で勉強した。
そしてユリと俺はお互いのアソコを舐め合うようになった。
その後、俺はユリと同じ私立中学を受験し、2人とも無事合格。
両親公認のカップルとなり、中学3年で初体験した。

タイトルとURLをコピーしました