大学教授の奥さんをシリコンボール入りの増大ペニスで

この体験談は約 8 分で読めます。

私はバツイチの51歳。
今は一軒家に1人で住んでます。

私は若い頃から自分の肉棒サイズが小さいことにコンプレックスあり、38歳の時に増大手術をしました。
手術後は勃起時は19cmで太さもそれなりになりました。
増大手術の他にシリコンボールを裏筋に2個埋め込みました。

今は19歳の女子大生と35歳の人妻のセフレがいます。
増大手術をしてから今のセフレ2人に出会うまで何人もの女性と関係を持ちましたが、嫌がる女性と涎を垂らして喜ぶ女性と両極端でした。
(もちろん、今の2人は後者です)

ここからが本題です。
隣には大学教授夫妻が住んでいて旦那さんは61歳、奥さんは智子さんと言い、56歳で華奢な感じです。
子供はいなく、智子さんは専業主婦で普段はエステやスポーツジムに通っていて年齢よりは若く見え、肌もスベスベしています。
顔立ちも美人で高島礼子さんに似ています。
私はずっと智子さんを狙っていて、何とかそういうシチュエーションにならないかと思いながら、よく妄想していました。

ある日の夕方、チャイムが鳴り出ると、智子さんが鍋を片手に立っていました。

「作りすぎたから良かったら食べてください」

そう言って煮物をお裾分けしてくれました。
後日、「すごく美味しかったです。また作ってもらえると助かります!」と言うと、嬉しかったのか、それからはよく持って来てくれるようになりました。
持って来てくれると、次の日は器を取りに来てくれたり、その日のおかずを持って来てくれたり・・・。
そんな日がしょっちゅうになってきました。

私はそうだと思いつき、智子さんが器を取りに来るタイミングでシャワーをして、いかにも今シャワーから出た感じを出しながら腰にバスタオルを巻いて待ちました。
チャイムが鳴り、ドアを開けると智子さんが立っていて、ハッとした顔をしました。

「すみません!こんな格好で・・・シャワーしてたので・・・」

「いえ・・・大丈夫です」

智子さんが言った瞬間、緩めに縛っておいたバスタオルが解けるようにお腹にギュッと力を入れてバスタオルを落としました。
私はジッと智子さんの顔を見ながらその動作をしたので、一瞬ですが智子さんが肉棒を凝視したのが分かりました。

「あ、すみません!すみません!」

慌てたフリをしてバスタオルを拾い腰に巻きましたが、わざともたついて再度バスタオルを落として肉棒を見せつけました。
器を手にした智子さんは、「それじゃ・・・また」と行ってしまいました。

さて、これで次があるのかないのか・・・。
なかった場合は、関係を持てる可能性はゼロ・・・。

それから1週間以上、智子さんは来ることはなく・・・。
完全に可能性はなくなったかなと諦めかけていた時、チャイムが鳴りました。
智子さんでした。

「先日は本当にすみませんでした・・・奥さんには嫌われて、もう美味しい料理はいただけないかと思ってました」

智子さんは、「そんな事ないです・・・ただ・・・ちょっとビックリしましたけど」と笑顔で言ってくれました。
その日のうちに智子さんとどうこうとは考えてなかったですが、「お詫びに」と智子さんを中に入れてコーヒーを出しました。
その時は私からはそれらしいことは言わなかったのに、智子さんの方から色々と言ってくれて、私の妄想が現実となりました。

まずは世間話。
旦那さんはしょっちゅう家を留守にするらしく、留守の期間も1週間から2週間はざらにあるとか。
智子さんは子供が出来ない体で旦那さんは浮気をよくしていたらしく、外の女性との間には子供までいるとか。
そういう話をしている時に智子さんが、「大倉さん(私です)って、すごいですね」と少し照れたような顔で言いました。
いきなりでしたのでなんのことか分からず、「え?何がですか?」と聞きました。
すると、「あの・・・ほら・・・この前・・・大倉さんが裸で・・・」と智子さんが言った瞬間、ハッと気づきました。
チャンスだと思いました。

「あぁ・・・あそこ・・・ですか?」

照れたフリをして私は言いました。

「あ、はい・・・」

「まぁ、大きいとは思いますけど・・・奥さんも色々と経験がおありでは?」

少し突っ込みました。

「私は主人しか知らないので・・・それに主人のは・・・」

智子さんは顔を真っ赤にして下を向きました。

「旦那さんのは?」と聞くと小声で、「・・・小さくて・・・」と言いました。

「それに私とは全然・・・なんで・・・」と続けました。

「だから・・・この前大倉さんのを見た時はすごくビックリして・・・頭から離れなくて・・・」

智子さんは恥ずかしそうに言いました。
私はこの時点で、(やれる!)と確信しました。
私は智子さんの隣に座り直しても特に嫌がる反応もなかったので、「今日は旦那さんは?」と聞きました。

「昨日から明日まで出張です・・・」

「私のを、ちゃんと見てみます?」

「・・・はい・・・」

智子さんが小声で答えました。
(よし!)と心の中でガッツポーズでした。
私は立ち上がり、ズボンとブリーフを脱ぐと智子さんの顔の前に肉棒を出しました。
下を向いたままの智子さんに、「じっくり見てください」と言うと、智子さんはゆっくり顔を上げて肉棒を凝視しました。

「すごい・・・まだ硬くなってないのに・・・こんなに大きい・・・」

「勃起したらもっと大きくなりますよ・・・見てみますか?」

そう言うと、「はい・・・」と私を見ながら言いました。

「じゃあ触ってください」

智子さんに肉棒を触らせると、恐る恐るという感じに物凄く興奮して、肉棒は見る見るビクンビクンと勃起を始め、あっという間に完全勃起しました。
完全勃起すると埋め込んだシリコンボールがくっきりと浮かび上がったので、「このボールは女性を喜ばせるために埋め込んだんです」と説明しました。
智子さんが、「そうなんですか・・・そんなに・・・いいんですか?」と目を見開いて聞くので・・・。

「想像してみてください・・・挿入した時にこのボールがクリトリスを刺激するんですよ・・・裏に埋め込んであるからバックでも刺激するんです・・・気持ち良さそうじゃないですか?」

「すごく・・・気持ち良さそう・・・」

見ると智子さんは疼いてきたのか、太ももをモジモジしていました。

「奥さん・・・手で扱いてください」

智子さんが「・・・はい・・・」と握ると・・・。

「すごい・・・太い・・・」

「両手でお願いします」

「両手でも収まらない・・・」

両手でゆっくり扱き始めました。
すると肉棒の先からはガマン汁がどんどん溢れてきて智子さんの指を濡らしました。

「奥さん・・・これを入れてもいいですか?」

「それはダメです・・・そんなつもりじゃ・・・」

智子さんは手の動きを止めて言いました。

「そんな・・・ここまで来てセックスできないなんて酷いですよ」

そう言うと智子さんはしばらく黙ってから、「じゃあ口でしますから・・・それで・・・」と言いました。
私はフェラでOKしましたが、当然口には入りきらず、ペロペロ舐め回すようなフェラでした。
我慢できなくなった私は智子さんをソファに押し倒しました。

「あ、ダメです!」

智子さんは抵抗しました。
構わずキスをして舌を挿し込みましたが、それでも抵抗してきました。
私は嫌がる智子さんを無視してシャツを捲り上げ、ブラもずらして乳首にしゃぶり付き、スカートの中に手を入れてパンティの上から秘部を触ろうとしました。
智子さんは両脚に力を入れ抵抗していましたが、乳首を軽く噛むと一瞬脚の力が抜けたので手を滑り込ませました。
予想通り・・・パンティの上からでもぐっしょり濡れていました。
私はすかさず言いました。

「奥さん・・・『ダメ』って言いながらオマンコがぐちょぐちょですよ・・・いやらしいんですね」

「いや!そんな事ないです!」

それでも抵抗するのでパンティの横から指を挿し込み、秘部に挿入しました。

「あっ!」と声を上げた智子さんでしたが、くちゅくちゅと指を抜き挿しすると、「あん・・・ダメ・・・ん・・・あぁ・・・ん・・・ん・・・」と喘ぎ始め、下半身の力は完全に抜けてました。

頃合いを見て、ゆっくりと智子さんを裸にしました。
私も裸になって覆い被さってキスをすると今度は舌を絡めてきました。

「奥さん・・・いいですね?」

そう聞くとコクンと頷きました。
初めて見る智子さんの体・・・。
華奢ですが決してガリガリなわけではなく、程よい肉付きでした。
胸は小さめでカップはBぐらいでしたが、いわゆるスライム乳でとても柔らかく、乳首も黒ずんでなくて刺激するとコリコリに勃起しました。
スライム乳なのにまったく垂れてなくて、ブルンブルン揺れるいやらしい乳でした。
クビレもちゃんとあり小尻で、こちらも垂れてなくてプリッと張りのある尻でした。
秘部は陰毛の手入れは全くされてなくて、アナルまでいやらしく生えてました。
そしていよいよ挿入の時。

「こんなに大きいの・・・入るかな・・・」

心配する智子さんに・・・。

「大丈夫です・・・ゆっくり入れますから・・・最初だけですよ」

そう言うと亀頭を秘部入口に当て、ゆっくりと挿入させました。

「あっ!」

挿入が進むと「ギャー!」と大声を出し、「ダメ!無理です!無理です!抜いてください!」と私の体を離そうとしました。
無視して、ほぼ根元まで挿入しました。
今までの女性のほとんどが最初はこんな感じでしたが、慣れると大きさとシリコンボールの良さが分かり、涎を垂らしながら欲しがるようになったからです。

「ほら・・・ちゃんと入ったでしょ」

智子さんは、「ダメ・・・動かないで・・・」と涙目で言いました。

「大丈夫です・・・ゆっくりゆっくり動きますから」

私はゆっくりと抜き挿しを繰り返しました。
最初は私の腕を力一杯掴んでた手も3分ほど抜き挿しすると力が抜け、そのうち、「あぁ・・・大きい・・・あ・・・気持ちいい・・・」と喘ぐようになりました。

「大倉さん・・・ボールが・・・たまらない・・・」

やはり大きさとシリコンボールの良さが分かってきたようでした。
繋がってる部分を見ると肉棒はマン汁でドロドロになっていました。
一度肉棒を抜くと、「奥さん見て・・・奥さんのマン汁でチンポがドロドロですよ」と目の前に突き出しました。

「奥さんは本当にイヤらしい女性なんですね」

「そんな事ないです!でも・・・すごく気持ちいいです・・・」

「旦那さんとどっちがいいですか?」

「主人なんか・・・比べ物にならない・・・」

再度挿入して、今度は抜き挿しのペースを少し上げて突きました。

「あ!あん!いい!いいです!」

智子さんは声を荒げ、肉棒に角度を付けシリコンボールがクリトリスに強く擦れるように突くと、「あぁ!!いや!ダメ!ダメダメ!そんなにしたらぁ!」と今にもイキそうな勢いで声を上げました。

「奥さん・・・イッていいですよ」

同じ角度で激しく突くと、「ダメダメダメー!くぅ・・・」と体をヒクつかせてイキました。
体がヒクついてる最中、オマンコの中もビクンビクンと痙攣していました。
気を戻した智子さんは、「はぁ・・・はぁ・・・」と息を荒げながら、「イッたのなんて・・・何十年ぶり・・・」と涙目で、しかもトロンとした表情で言いました。

「今日は帰らなくても大丈夫ですよね?まだまだ何度もイカせてあげますからね」

そう言うと、「あ・・・どうしよう・・・」と言いながらも再び突き始めると、「いい!いい!」と髪を振り乱しながら喘ぎまくりました。
正常位でもう一度イカせると私も我慢の限界が来て・・・。

「奥さん!私もイキそうです!」

「あぁ!中に!中にください!」

期待通りの返事でした。
私はそれまで以上にシリコンボールをクリトリスに擦り付けながら激しく突きました。

「奥さん!イク!イクイクイク!」

「あぁ!来て!私も!イクぅう!」

ほぼ同時に2人でイキました。
しばらくセフレともやってなかったので、かなりの量のザーメンがすごい勢いで吐き出されました。
射精が終わって抜こうとすると、「はぁ・・・お願い・・・しばらく・・・このまま・・・」と智子さんが言うので、キスをしたり首筋を舐めたりしながら余韻を楽しみました。
肉棒を抜くと、すぐに智子さんの両脚をM字で拡げました。
オマンコからザーメンが流れ出るのを見ながら・・・。

「奥さん・・・パックリと口を開けたオマンコから私のザーメンが流れ出てますよ・・・」

「大倉さんはいやらしい言葉をいっぱい言うんですね・・・」

「嫌ですか?」

「いえ・・・今まで、そんな言葉を聞いたことも口にしたこともないから・・・」

「次からは奥さんにも言ってもらいますよ」

「そんな・・・」

「そういういやらしい言葉を口にすると、もっと淫らになって一層気持ち良くなりますよ」

そう話すと肉棒を智子さんの顔の前に持って行き、「奥さんのマン汁と私のザーメンでドロドロになったチンポです・・・お掃除フェラしてください」と舐めさせました。

「どうですか?美味しいですか?」

「なんか・・・すごくいやらしい味がします・・・」

「誰の何の味ですか?」

早速智子さんに淫語を言わせようとすると、「私の・・・マン汁と・・・大倉さんの・・・ザーメン・・・」と顔を真っ赤にしながら言いました。

「どうですか?いやらしい言葉を言ってみて?」

「すごくドキドキして・・・自分が淫らになった気がしました・・・」

教育する楽しみが増えました。
それから休憩を挟み、もう1回戦。
バックと騎乗位で1回ずつ智子さんはイキ、最後は再度バックでハメて2人一緒にイキました。
その後、朝5時頃まで私のベッドで寝て、目覚めた智子さんに即フェラをさせてもう1回戦やりました。

今はセフレと会う回数を減らして智子さんと楽しんでいます。

タイトルとURLをコピーしました