飽きてきた彼女を後輩とやらせたらヤリマンになった

この体験談は約 3 分で読めます。

高校時代の俺は昔風に言うなら番長タイプだった。
不良はモテたから俺の数人の女の子と付き合っていた。

そしたら下級生の男が、「やらせてくれる女の子を紹介してください」と言ってきたので、優子を紹介した。
優子とはもう結構やったし、俺もちょっと飽きたからいいかなという鬼畜な考え。
1回、大1枚で契約が成立した。
もちろん優子には内緒で。

放課後、いつものように部室に来るようにと優子に言って待機。
優子は俺とやれると思ってのこのこやって来た。
放課後の部室で待っていたのは、俺と下級生の男。
優子は驚いていた。

優子「なんで2人いるの?」

俺「今日はこいつが相手や」

優子「そんなの嫌や」

俺「ごちゃごちゃ言うな、はよ服脱げ」

逃げる優子を捕まえて床に転がした。
叫ぶ優子にビンタ食らわせると、泣きながらも少し黙った。
ガタガタ震えている。
それを見て下級生の奴は、「大丈夫なんですか?」と不安顔。

俺「大丈夫だって。やるの?やんないの?」

下級生「やります!」

優子の服を脱がせてブラ取り、スカート捲ってパンツも脱がせた。
そしてまんこを触りだしたら、また優子が叫びだした。
うるさいので優子のパンツを口に詰めてやった。

下級生「これ、強姦じゃ・・・?」

俺「それは違う。まんこが濡れて感じてきたら和姦」

屁理屈を言ってまんこ弄ってたらだんだん濡れてきた。

俺「こいつ、ヤリマンだからやっていいぞ」

そう言ってゴム渡した。
下級生もその気になって、パンツを脱いでゴムを付けた。
優子の口に詰めていたパンツを取ってやって、「大人しくしろよ」と言った。
観念したのか優子は黙って頷いた。

下級生が優子にちんぽを打ち込んだ。
俺は優子の口にちんぽを突っ込んでフェラさせた。
下級生は数分で終わった。

俺「お前、早いな」

下級生「すんません、もう1回いいですか?」

俺は指で『プラス5千円』と表示。
下級生から『OK』のサイン。
またゴムを渡した。
2回目はさっきより長かった。
俺が先に優子の口に出した。
下級生も終わって、急いで部室から出ていった。
残ったのは俺と優子。

優子「ひどいことするのね・・・」

俺「後輩の頼み事を聞いてやったんや、お前も喜んでたやろ?」

優子「別に喜んでないもん」

俺「じゃあまた頼むな」

優子「もう嫌や」

俺「こんなんあるんやけど?」

そう言って、さっきこっそり撮った写真を見せた。

優子「このどあほう・・・」

優子は怒って帰った。

この話は下級生の間で広まり、俺のとこに注文が殺到した。
優子も弱味を握られてるから10人ほど相手をした。
そのうち優子も慣れてきたのか、かなりエロい女になってきた。
1人ずつだと時間がかかるから、一度に2人相手するって言ってくるほど。
もうセックス中毒だった。

俺の手に負えないと思って、「これからは優子と交渉しいや」と下級生に言って優子を手放した。

部室を使うのも危険なので、アパートで一人暮らしをしているツレに頼んだら、そこがやり部屋になった。
今さらだけど優子には悪いことをしたと思う。
こんなことになるとは思わなかった。
今、優子がどうなっているかは知らない。

タイトルとURLをコピーしました