ハプニングバーのオーナーに媚薬調教された妻

この体験談は約 8 分で読めます。

妻は私より7歳年下で、スタイルも良く、とても美人です。
特に妻の美脚は最高です。
妻がハイヒールを履いて街を歩けば、ほとんどの男が振り返ります。
デートの時は妻から少し離れて歩き、他の男が妻をチラ見するのを見るのが私の密かな楽しみになっています。

そんな妻に何ひとつ不満はありませんが、いつもと違った刺激を求めて、妻をハプニングバーに誘ってみました。
妻は口では嫌がっていましたが、その表情は満更でもなさそうでした。
その証拠にハプニングバーに行く当日の格好は・・・。
黒のロングコートとピンヒールのロングブーツ。
コートの下は青のニットとミニのタイトスカート。
下着は上下スケスケの黒。
で、極めつけは黒のガーターストッキング!
最高に私好みのセクシーな格好だったので、密かに妻もエッチなハプニングを期待していたようです。

薄暗い店内は、なんとも言えない淫秘な雰囲気が漂っていて、中には15組ほどの男女がおり、すでに何組かのカップルが絡み合っていました。
もちろん私としては、妻が他の男に犯されることなど到底許せないので、普段と違う妻の反応を堪能することが目的でした。

妻が店に入ると、他の男性客は、撫で回すような、いやらしい目で妻を見てきました。
妻は、その視線に戸惑った表情をしていましたが、こっそりと他のカップルの淫らな行為をチラチラ見ており、私の腕にしがみついていた妻の体は熱く火照っていました。

席に通されると、私は色っぽい妻に我慢することが出来ず、ソファーに押し倒すようにディープキスをして妻の体を弄り始めました。
すでに妻の秘部はパンティの上からでも分かるほどねっとりと濡れていて、妻も相当に興奮していることが分かりました。

そんな妻に私は、いたずら心である物を使ってみたのです。
妻とセックスを楽しむために何度か使ったことがある媚薬です。
この媚薬を使ってセックスをした時、妻はたった2時間のセックスで20回以上も絶頂を迎えたことがあります。
妻の体と相性のいい媚薬なんです。

(そんな媚薬をこんな場所で使ったらどうなるか?)

考えただけでゾクゾクしてきました。

妻も淫らになることを望んでいたようで、喜んで媚薬を飲んでくれました。
妻は、まだ媚薬の効果が出ていないにも関わらず、これから起こることへの期待感からか、太ももの辺りからムンムンとした甘い香りが漂っていました。
私はそんな妻の姿がとても愛しくなり、妻を1時間ほどたっぷりと焦らして、“奥イキ”させる準備をしました。
その頃には妻の体には媚薬が完全に回っていて、妻は秘部のヒダを触れられるだけでイキそうになっていました。
妻は普段のセックスでは、じっくり焦らされた後、クリトリスにローターを当てながらペニスを奥まで挿入されてイクのが大好きで、長いときは2分ほどイキ続けます。
妻曰く、「イキながらさらにイク状態になる」らしく、この奥イキが最高に気持ちいいようです。

私は、このシチュエーションで妻を奥イキさせてやろうと思い、これでもかというほど焦らし、妻の体を最高の状態に仕上げました。
妻も我慢の限界なのか、いつもよりも甘い声で「早く入れて・・・」とお願いしてきました。

(じゃあそろそろ・・・)

そう思っていた私たちのところへ3人の男がニヤニヤしながらやってきました。
その男たちは妻を見るなり、「オーナーが気に入ったそうだ。確かにいい女だな、ちょっと借りて行くぜ」などと勝手なことを言い出し、無理やり妻を別室に連れて行こうとしたのです。
もちろん私は妻を連れて行かれまいと抵抗しましたが、3人には敵わず、妻は店の奥の方へ連れて行かれてしまいました。

結局、それから1ヶ月、妻は家に帰って来ませんでした。
1ヶ月後、妻は何事もなかったかのように帰って来ましたが、私が何を聞いても、連れ去られた後のことだけは絶対に話してくれませんでした。
しかし帰って来た妻は、下の毛が綺麗に剃られてパイパンになっており、また以前とは何かが違う雰囲気があったため、絶対に何かあったと私は確信していました。
パイパンについては、「あなたの好みに合わせたの」と言っていましたが、私は妻に何があったのか気になって仕方ありませんでした。

妻が帰って来てから半年ほど経った頃、突然、私宛に大きな段ボールの荷物が届きました。
箱の中にはたくさんのDVDが入っていました。
そのDVDには『1』『2』・・・と数字がマジックで書いてあり、調べてみると『30』までありました。

私は興味本位で、まずはDVDの『1』を再生してみました。
SM部屋のようなところで撮影されていて、目隠しをされて両手両足を縛られた下着姿の女性が椅子に座っていました。
カメラがその女性に近づいた瞬間、その女性が妻だと分かりました。
目隠しで顔が分からないとはいえ、見覚えのあるスタイルのいい体つきやスケスケの黒い下着、ガーターストッキングやピンヒールのロングブーツなど、私好みの格好をした妻を見間違うはずがありません。

すると1人の男が現れて、妻に対して、「俺の女にならないか?」と言ったのです。
この男は、どうやらあのハプニングバーのオーナーのようです。
妻はオーナーの誘いに対して気丈にも「嫌です」とはっきり答えましたが、オーナーは「それなら仕方ない。お前を調教して俺の女にしてやろう」と笑いました。

私は送られてきたDVDの続きが気になり、ちょうどその日から妻は2泊3日の旅行に行くと言っていたため、DVDを見続けることにしました。
すると、少なくとも30人の見知らぬ男が妻の周りを取り囲み、妻の胸や脚や秘部など、体のあらゆる部分を触り始めたのです。
DVDに映っている妻は私好みのあの格好ですので、ハプニングバーから連れ去られた直後のようです。
そうだとすると、あの日の妻は私が飲ませた媚薬のせいで、体を少し触られるだけでも絶頂に達するほど敏感な状態だったはず・・・。
きっと妻は触られるたびに絶頂してしまっているに違いありません。
現にDVDの中の妻は、男たちに体を弄られるたびに、ビクッ、ビクッと何度も体を仰け反らせています。

『2』と書かれたDVDを見ている途中で私は、このDVDが『30』まであることの意味を理解しました。
そうです、このDVDは妻がいなかった1ヶ月の間に妻が何をされていたのか、その全てが記録されていたのです。
『1』と書かれたDVDは妻が連れ去られた初日、『30』と書かれたものは連れ去られてから30日後という意味だったのです。
妻は1ヶ月もの間、ハプニングバーのオーナーに調教されていたのです。

全て見終わるまで、私は食事もとらずに無我夢中で見続け、気がついた時には、妻が帰って来る予定の日になっていました。
妻は連れ去られてから毎日、休む間もなく調教を受けていました。
妻を調教している男はバイアグラも飲んでいるようで、その様子も映っていました。

まず妻の調教は、焦らされながら精液を飲むことから始まりました。
妻は私の精液すら飲んだことがありません。
それにも関わらず、調教が始まってからは次々に白濁したモノが妻の口の中に注がれ、妻はそれを受け入れることができずに苦しそうな顔をしていました。
そんな妻に対してオーナーは、「イカせて欲しかったら全て飲み干せ」と命令していました。
それからの妻は精液を注がれながら4日間も焦らされ続けましたが、さすがに耐えられなかったのでしょう。
5日目には、ついに口に注がれた大量の精液を一滴もこぼすことなく全て飲み干してしまいました。
私の精液ですら飲むことを嫌がっていた妻が、他人の白濁したモノを大量に飲んでいる姿を見て、不覚にも私は激しく興奮してしまいました。

その後、妻はオーナーから、「だいぶ自分の立場が分かってきたようだな。ご褒美が欲しいか?」と聞かれて、「はい・・・」と小さく頷いてしまったのです。

そして5日目にして、とうとうオーナーのペニスを受け入れてしまったのです。
妻は挿入と同時に絶頂に達し、それから4~5分ほどイキ続けていました。
妻はハプニングバーで私が楽しみにしていた奥イキを、夫ではなくオーナーのペニスで味わっているのです。
しかも今までにないほど長く・・・。

未体験の奥イキを味わってしまった妻は、この時に何かが壊れてしまったのだと思います。
それから妻に対する調教はどんどん激しくなり、1週間ほど経った時には、妻は下の毛を全て剃られてパイパンにされてしまいました。
またこの頃には当然のように中出しされるようになっており、妻のツルツルの割れ目から精液がダラダラと流れ出る様子もはっきりと映されていました。
そして、その割れ目から流れ出る精液は全てワイングラスに溜められ、妻の口に注がれました。
さらに2週間ほど経った時にはアナルまで完全に開発されてしまいました。
アナルバージンだった妻が、たった2週間の調教で、口、秘部、アナルの3穴同時責めで激しくイキ果てるほどになってしまったのです。

しかし私は、3週間が経った頃、妻の様子が少し変わってきていることに気づいてしまいました。
その頃になるとの妻は、毎日の調教をどこか嬉しそうな表情で受けていたのです。
そして最後の『30』と書かれたDVDは、これまでのどのDVDよりも過激な内容になっていました・・・。

その日の調教はいつもと違い、妻は真っ白なウェディングドレスを着せられていました。
ところが、ドレスの下の妻の前と後ろの穴にはモコンバイブが装着されていました。
妻はこの状態のまま、すでに3時間も焦らされていました。
しかし私は、焦らされているだけにしては妻の反応が尋常ではなく、何か様子がおかしいと感じました。
おかしいと感じた理由は、その後の映像ですぐに分かりました。
その日の妻は、前と後ろの穴にバイブを装着される前に、それぞれの穴にたっぷりクスリを入れられていたのです。
無理やりクスリを使われたのか、妻が自分から望んでクスリを使ったのか、妻の呼吸はハァハァと荒く、時折腰をビクつかせていました。
そして妻はクスリを使われた状態で焦らされ続け、今にもイキそうな切ない表情で何かを欲しがっていました。
するとオーナーが妻にこう問いかけました。

「もうお前には選択肢は2つしかない。ダンナのペニスか俺のペニスか、さぁどっちがいい?」

妻は俯いて答えに迷っていました。
するとオーナーは笑いながら言いました。

「1ヶ月前は、あれだけダンナのところに帰りたがっていたのにどうしたんだ?俺はもう満足したから帰ってもらって構わないが、もしお前が帰るなら、お前の調教の様子を撮影したこのDVDをダンナにお土産として送ってやろう。ダンナがどうなるか楽しみだな」

妻は、「それだけはやめて下さい・・・」と懇願しました。

「それならもう一度聞くぞ。俺のペニスとダンナのペニス、どっちを選ぶ?」

しばらく沈黙が続き、妻はついに、「オ、オーナーの・・・です・・・」と小さな声で答えました。

オーナーに「聞こえないな。誰の何をどうして欲しいのか、大きな声で言ってみろ」と言われ、オーナーは妻の唇にギンギンに勃起したペニスを差し出しました。
そのペニスの先には妻の中に入れられたクスリと同じものが塗られていました。
オーナーのペニスが妻の唇に触れた瞬間、妻は条件反射のように目の前のペニスにむしゃぶりつき、何かが吹っ切れたように、「オーナーのペニスを入れて下さい!」と叫んだのです。
この瞬間、妻は心も体も完全にオーナーのものになってしまったのです。

そして妻がウェディングドレスを着せられていたのは、この後に行なわれるオーナーとの結婚式のためでした。
オーナーは「それじゃあ今から結婚式を始める」と言って、妻の耳元で何かを囁いています。
すると妻はウェディングドレスを着たまま、ベッドに寝そべっているオーナーに跨がりました。
そしてカメラの方を向いて、「あなた、ごめんなさい・・・。今日から私はこの人の妻になります」と言った後で自ら腰を沈めて、ギンギンになっているオーナーのペニスを深々と受け入れたのです。

それから数時間、妻はウェディングドレスのままオーナーとの結婚式を堪能していました。
そして妻が気を失うくらい激しく絶頂して、その結婚式を終えた後、オーナーは勝ち誇ったような表情で妻に対して、「俺の女になったんなら、これからは俺の言うことを聞くんだぞ」と言いました。
そしてオーナーは続けて、「お前はダンナのもとへ帰れ。ただし、これからは1ヶ月に一度、危険日に俺のところへ来い」と命令したのです。
妻は戸惑いながらも何か嬉しそうな表情を見せました。

DVDを見終えた私は今までのことを思い出していました。
そういえば妻が帰って来て1ヶ月ほど経った頃、「友達のところに遊びに行く」と言って外出したまま、何の連絡もなく翌日の夕方まで帰って来なかったことがあったのです。
思い起こせば、あれから今まで妻は何かと理由をつけて、毎月のようにどこかへ外泊するようになっていました。
外泊の本当の理由はオーナーに会うためだったのです。

ちなみに、毎月一度の外泊時に、妻は必ず私好みのセクシーな格好で出掛けているようです。
これもオーナーの命令なのでしょう。
きっと2泊3日の旅行というのは嘘で、今もオーナーの調教を受けているに違いありません。

タイトルとURLをコピーしました