お姉さんに男の潮吹きをさせられてMに目覚めた

この体験談は約 3 分で読めます。

あまり大っぴらに言えた話ではないんだけど、中学の時にいわゆるDQNだった俺は初めてお酒を飲んだ。
そのとき俺は潰れたらしくて、女の先輩に童貞を奪われた。
ここまでは前置き。

ある日、自分の住むところから少し離れた所にある、デパートやゲーセンが立ち並ぶ繁華街を散策してたとき、うっかりラブホ街に迷い込んだことがあった。
ラブホ街の真ん中まで来てやっとそうだと気がついたのだが、引き返す途中で女の人に声をかけられた。

「ねぇ、キミ1人なの?ちょっとお姉さんの相手をしてもらえない?」

「あ、でもお金が・・・」

「大丈夫、きっと私はキミより年上よ」

俺のスペック。
当時16歳で身長は172センチ、一応スポーツマン。
高校に入ってからはバイトに明け暮れ、そこそこお金には余裕があったからよく外出していた。
それでここ重要、俺は結構な老け顔だ。

さて話を戻そう。
そのお姉さんは、パッと見20代後半と言った見た目。
少し吊り目だったけど美人だった。
そこからは言われるままファミレスへ連れられ、ご飯を食べてからラブホに入った。
正直、緊張しててどんな感じかとか覚えてない。
セックスする前にはシャワーを浴びるというマナーがあるってことは知ってたのだが、ベッドに荷物を置いた途端にお姉さんに押し倒された。

「あ、あの、シャワーは・・・」

「私さ、キミみたいな子を見るとすごく体が疼くんだよね」

「はぁ・・・」

「だから早くしたいなって」

言った途端にディープキス。
とにかく上手かった。
耳を塞がれ、口だけじゃなくて頭の中まで犯されるような感覚。
正直もうクラクラするくらい気持ち良くて。

「っはぁ・・・もうそんなに気持ち良くなったの?」

答える余裕なんかない。

「キミのこと、誰のものにもなれないようにしてあげるね・・・」

そう耳元で呟いた瞬間、耳を舐められた。
何でか知らないのだが、俺は昔から耳が弱い。
中の方までじっくりと舐められた。
力が抜けて、お姉さんのされるがままだった。
一通り舐めると、次は俺の腕を上げて押さえた。

「お、お姉さん・・・?」

軽く声が震えてたと思う。

ガシャ。

いきなり手錠をかけられた。

「な、何するんですか!?」

「気持ちよくしてあげる」

ズボンを脱がされ、パンツの上から亀頭を擦られる。

「んんっ・・・、や・・・だっ・・・」

「体は素直だね」

パンツを引っ張られ、勃ったアレが露出する。
そして目隠しをさせられた。
気持ちよくなっていたせいか、抵抗する気は起きなかった。
そして股間に冷たい感触。

「すぐ気持ちよくなるからね」

どうやらローションをかけられたらしい。
だが手コキをするわけではなかった。
竿を持って亀頭を手のひらで擦られる。

「うぁっ!」

「ほら、『気持ちいい』って言ってごらん?」

「気持ちいい・・・、ですっ・・・」

だが、しごかれてるわけじゃないから射精感は来ないし、ムズムズするような快感だけが延々と続く。

「イキたいの?ビクビクしてるよ?」

「イカ・・・、せて・・・」

その時、手が離れた。
お姉さんの手がアゴに当たる。
キスされるってわかった。

「んぅ・・・」

今度は耳を塞がれてなかったが、さっきよりも深くて長いキスだった。

「じゃあ、いっぱいイカせてあげる♪」

「いっぱい」って言葉に疑問はあったが、この時は言い出す勇気はなかった。
サオを握り激しく擦る。

「あぁぁっ・・・」

我慢続きだった俺はあっという間にイッてしまった。

「ふふ~・・・」

お姉さんは、恐らくは精液でドロドロであろう俺の亀頭をチロチロと舐める。

「んんっ!」

射精後の快感は耐えきれない。

「まーだ♪」

半立ちくらいの硬度になったサオを握り、また亀頭責め。

「あっ、あっ、んあぁっ」

こんなの耐えられない。
おしっこが出る時のような感じがした。

「やめっ・・・出ちゃいますっ!」

「いいよ~」

だがこれは違った。
おしっこじゃなかった。

「んんんっ!んあぁっ!あぁっ!」

射精の快感を倍にして、尚且つ長く続かせるような快感。
最近になって知ったのだが、男の潮吹きというやつだったらしい。
お姉さんに目隠しを手錠をはずされても、腰が抜けたようになってしばらく動けなかった。

「お風呂入ろっか?」

「は、はい・・・」

一度も挿入はさせてもらえなかったが、この後も何度も射精をさせられた。

タイトルとURLをコピーしました