ぽっちゃり熟女と昼間から飲んでラブホでやりまくった

この体験談は約 4 分で読めます。

私は41歳、某レストランチェーンで働いています。
今年の3月いっぱいで前の会社を退職し、今は別の会社です。

ある休日、街をぶらぶらしていると私を呼ぶ声が。
振り返ると前の店のパート熟女さんでした。

「久しぶりですね!元気にしてましたか?」

50代後半で、よく言えばポッチャリ熟女。
普通に言えば、おデブなおばさん。
でも赤ちゃんの頭くらいあるバストと、これまた大きくて柔らかそうなヒップがいいんだな~。
一緒に働いていた時は、よく視姦したものでした。
にこやかに話しかけてくれたものだから、気がつけば一緒に飲みに行くことに。
まだ昼過ぎだったので百貨店内のビアホールへ入りました。

「昼間から飲んで大丈夫なんですか?」

「主人は娘達と旅行に行ってるから今日は大丈夫なの。再会出来たし、嬉しい」

おデブなおばさんはジョッキをグイグイ煽ります。
4、5杯ずつ飲み、お互いにほろ酔いになった頃、酔いに任せて・・・。

「色っぽいよね~。いつも思ってました」

「もう、こんなおばさんをからかって~。でも嬉しいわ」

さらにジョッキを煽ります。
しこたま飲んで、店を出ることになりました。
エレベーターに乗り込むと、平日の午後なので誰も乗っていません。
私は熟女さんのバストを撫でました。

「やっぱり大きいね」

「もう、やだ~」

赤い顔をして妖艶な笑みを向けました。
そしてお返しとばかりに私の股間をすっと撫でてきました。

「まだちっちゃいんだね」

ケラケラ笑います。

「熟女さんのヌードでも見せてくれれば、すぐにビンビンになるのにな」

「嘘だ~。こんなおばちゃんのじゃ無理無理」

「じゃあ試してみる?」

「えっ?」

熟女さんの目が一瞬キラリと光ったのを見逃しませんでした。
エレベーターは1階に到着し、高い日差しが眩しいほどです。

「それじゃあ、お試しツアーに行きましょう!」

酔った勢いで歩き出しました。
熟女さんは無言のまま後ろからついて来ます。
繁華街を抜け、ラブホが並ぶ場所に着きました。

「どこでもいい?」

コクンと頷く熟女さん。
部屋に入って熟女さんにキスをすると、「・・・こんなおばさんでいいの?」と下を向きます。

「熟女さんがタイプなんです」

そう言うと熟女さんから舌を絡めてきました。
しばらくお互いの舌や唇の感触を味わった後、豊満な胸を鷲掴みにすると、「あああ~」と顎を上げて仰け反ります。
ブラウスのボタンを外し、白いブラをずらして乳首を剥き出しに。
褐色に色づいた筒状の乳首はしこって硬くなっていました。
思わずベロベロ舐め回しました。

「んはあぁ~」

悩ましく腰をくねらせ、興奮して荒い息を吐きます。
急に私の前に跪き、ベルトを外してズボンとパンツを一緒に下ろし、まだ半立ちの肉棒を即尺してきました。
呆気にとられつつも、柔らかくまとわりつく熟女さんの舌に感動していました。
熟女さんは声にならない荒い息遣いで一心不乱に肉棒を舐めまくり、ディープスロートまで。
チュパチュパと官能的な音を出してしゃぶるおデブなおばさん。
私も異常に興奮してすぐにマックスに成長しました。

「本当だ・・・すごい硬くて大きい」

その後も熟女のフェラテクを駆使して、10分以上も肉棒を離しませんでした。

熟女さんの服を脱がせてベッドに倒れ込みました。
夢にまで見た完熟巨乳を思う存分に揉みまくり、大きな乳首もしゃぶり倒しました。
熟女さんは悲鳴に近い喘ぎ声を出し続けます。
脂の乗ったオマンコに舌を這わせます。

「いや・・・シャワーを・・・」

声を無視して硬くなったクリに舌を這わせます。

「あああ~~!」

熟女さんは一際大きな声でよがって小刻みに腰を震わせます。
熟女な匂いが一層興奮を高めます。
太い足を大きく開いてクンニを続けると、潮を吹きながらイキました。
熟女さんの愛液で顔がビショビショ。

「ねえ・・・私の中にちょうだい」

そう言うと私を寝かせ、騎乗位でいきなり入れてきました。

「はあ~・・・すごい~」

仰け反りながらも、しっかりと腰だけは小刻みに前後させてきます。
意外にも中が締まります。
そのまま熟女さんは2回ほどガチイキ。
私も下から突き上げて高めていきました。

「もうイキそう・・・どこに出す?」

「中に出して!・・・中にー!」

熟女さんの叫び声を聞きながら思いっきり奥深くにぶちまけました。

「ああ~出てる~・・・熱いのが当たる~」

またガチイキする熟女さん。

30分ほどまどろんでからシャワーでさっぱりし、熟女さんに全身リップをお見舞いしました。
また大きくなった肉棒を熟マンにぶち込んで、バック、騎乗位、正常位と突きまくり、2回目は熟女さん口に射精しました。
熟女さんはゴクリ飲み干し、放心したように横たわりました。
その後、熟女さんと風呂に入り、湯船の縁に手をつかせてバックで突きまくりました。
熟女さんの嬌声が風呂場に響き渡るのを聞きながらオマンコの奥に3度目を放ちました。

身支度を整えてホテルを出ると、日はもうすっかり落ちていました。
恋人同士のように2人寄り添って駅に向かう途中。

「よかったら家に来ない?」

結局、熟女さんの自宅で何度も愛し合ってしまいました。

今はお互いに時間を作ってホテルでハメまくってます。
身体の相性はバッチリ。
熟女さんもご主人とは10年ほどないらしく、欲求不満な体を私の肉棒で癒しています。
近々、カップル喫茶に連れて行こうかと思っている今日この頃。
スケベな熟女は最高です!

タイトルとURLをコピーしました