再婚相手の娘とレストランの個室で中出しセックス

この体験談は約 4 分で読めます。

去年のことだが、私は年上の女性と再婚した。
私は40過ぎ、彼女は40代半ばだが年齢を感じさせない若々しい容姿の女性だ。

妻には前の夫との間に一人娘がいて、話はしてくれているようだったけれど、結婚の話が本格化してきたときに初めて娘と対面させられた。
忘れもしない、都内のとあるレストランの個室でのことだ。
そう高い店ではないけれど、半個室だから人目を気にせず話ができるとのことで、私が選んだ店だった。

店内の照明は少し落とされていて、薄暗い中で見るその娘は、彼女の若い頃を想像させる美しい女性だった。
童顔で、くりくりとした大きな瞳に長い睫毛。
前髪を上げていて、きれいな額が印象的だった。
日本人とは思えない高い位置にある腰から下のライン、ボリュームのあるヒップから、すんなりとほっそりした足までのラインが素晴らしかった。

妻は、「娘に惚れちゃダメだからね」なんて言っていて、娘は・・・。

「そんなことあるわけないでしょう。私のお父さんになる人だもん」

初めて会ったのに、私に好感を持ってくれていると分かった。
この日のために部下の女性に服を見立ててもらっておいてよかったと安堵したほどだ。

その日は楽しく食事をして、みんな酒も入り、2時間近くが経った頃だっただろうか。
妻の電話が鳴った。

「ごめんなさい、ちょっと職場から呼ばれちゃって・・・お先に失礼するわね」

妻はそう言って出ていった。

「それじゃあ私たちも帰ろうか」

私がそう言うと娘が・・・。

「もう少しいいじゃない。初めて会えたんだし、私、もっとお父さんのことを知りたいな・・・」

そう言って娘は私の隣に移動し、太ももに手を置いてきた。
何をするんだと思って娘の顔を見たら・・・。

「うちのお母さん、性欲すごいでしょ。前のお父さんとはセックスレスになって、そのまま離婚しちゃったの。今度のお父さんはお母さんに合ってるかどうか私が確かめてあげる」

「バカなことはやめなさい」と言うよりも先に娘はさっとテーブルの下に潜り込み、私のズボンのチャックを開けてイチモツを取り出した。
娘になるとはいえ、血は繋がっていない。
そんな状況に興奮したのか、すでに私のモノは半立ちになっていた。
娘は嬉しそうに、「わぁ・・・結構大きいね」と言って、パクリと口に含んでしまった。

「ウ・・・や、やめよう、こんなことは」

「どうして?お母さんとはセックスしまくりなんでしょう?お父さんと付き合い始めてからお母さんの顔がツヤツヤしてるもの。すぐわかっちゃう」

上目遣いでこちらを見ながら竿の部分を下から上へ舐め上げる。
たっぷりと垂れてきた唾液を手のひらで玉袋に塗りつけながらヌルヌルと優しく擦られて・・・。
背筋がゾクゾクとして、腰が引けてしまいそうなほど気持ちがいい。
しかし背もたれがあるから、それ以上後ろに下がることはできない。
たっぷりと濡れてそそり立ったイチモツを手で優しく何度か扱きながら娘はテーブルの下から出てきて、私の膝の上に向かい合いようにして座ってきた。

「ね、親子になるんだし・・・生でもいいよね?もしもできちゃったら私が産んで、お父さんとお母さんの子供ってことにして育てたらいいし」

「そんなこと出来るわけがない・・・」

「でも、お母さんもこの前そんなこと言ってたよ。『お父さんとの子供も欲しいなぁ、でももう産めないだろうし、あんたが産んでよ~』って。だからいいよね?」

「いやいや、待ちなさい・・・!」

娘は目にも止まらぬ早さで下着を足から抜き取り、ゴムも付けないまま腰を落としてきた。

「会ったときから、お母さんが気に入ったちんぽってどんなのだろう?私もセックスしてみたいって思ってたから、もうこんなに濡れちゃってたんだよ・・・ヌルヌルでしょ?」

ズブズブと奥まで一気に入れ込むと、私の首にしがみついて肩に頭を預けながら娘がそう言った。
まったりと包容力のある妻の膣とは違って、若い娘の膣は熱くて濡れていて、ぎゅうぎゅうと痛いほどに私のイチモツを締め付けてくる。
いつもより強い刺激で、もうそれだけで出してしまいそうだ。
でも残念ながら、年とともに遅くなってしまったというか・・・すんなりとはイケなくなってしまったため、快感だけを与えられ続けることになる。
びくりと動いたのを感じたのか、娘は嬉しそうな声で言う。

「お父さんのすごくイイ・・・。それにお父さんも私の中が気持ちいいんだよね?びくびくってしてるもの。ね、もう入れちゃったんだし、何しても一緒だよ。下からいっぱい突いてくれない?」

もう何も考えられなくなって・・・盛りのついた犬のように妻の娘の柔らかなウェストをがっちりと掴んで自分の方へ引き寄せ、下から思い切り突き上げた。
奥を痛がる女性も多いけれど、娘は妻と同じで奥が好きだったらしい。
奥に届いた瞬間、ぎゅうっと膣が締め付けてくるのがわかった。

「は、あぁぁ・・・奥まで届いてる」

溜息混じりにそう言って、声を殺そうと肩に顔をうずめてくる娘。
娘が声をこらえようとしているのなんてお構いなしに、私はただ若い膣を思うがままに貪った。

「ああ・・・もうそろそろ出そうだ・・・!」

「ん、ん・・・、な、中・・・に出していいからっ」

そのまま娘の膣内に思い切り射精してしまった。
ちょうど終わった頃、個室の入口から店員に声をかけられた。

「ラストオーダーですがドリンクのご注文はございませんか?」

「はい、大丈夫です。もうそろそろ出ますので会計をお願いします」

「わかりました」

そう言って店員が去っていく足音を聞きながら、ささっと身づくろい。
娘はぼ~っとした顔のまま下着を穿いて、すぐに立ち上がった。
会計を済ませて店を出たら妻から着信。

「まだかかりそうだから今日は解散にしましょう。気をつけて帰ってね」

タクシーに乗り合わせて先に娘を下したんだが、車のシートに小さな濃い色のシミができていたのは、たぶん精子だったんだろう。
幸いにも娘が妊娠することはなく、今は3人で暮らしているけれど、あれから一度も娘とはセックスしていない。

タイトルとURLをコピーしました