夫の連れ子をお風呂上がりに誘惑して

この体験談は約 2 分で読めます。

五十路になった時、恥ずかしながら再婚したんです。
夫には大学生になる連れ子がいて、私に義理の息子ができました。
久しぶりに味わう家族の生活。
最初は再婚出来た幸せを噛み締めていたんですが、ある時、義理の息子の目が気になるようになったんです。

継母である私を義理の息子はいやらしい目つきで舐め回すように見つめてくるんです。
私は知らないふりをしていました。
でも、そのいやらしい目に晒されるうち、心の中で息子を誘惑してみたいというエッチな願望が芽生えてしまったんです。
夜、自分で慰める時は息子に抱かれる場面を想像していました。

そんな時、主人が1ヶ月入院することに。
私は義理の息子と晩御飯を食べる時、わざと胸元の開いたシャツを着て、息子の視線を感じるのを楽しみました。

そして3日目の夜でした。
食事が終わってお風呂から上がると、息子がリビングでテレビを見ていました。
いつもは自分の部屋で見るのに、おかしいなと思いました。

「一緒に見てもいい?」

私はソファーに座る息子の横にガウンのまま座りました。
明らかに息子が緊張しているのがわかり、可愛く感じました。

「膝枕してあげるから横になって」

息子にそう言うと、息子は拒否しました。

「私、もう少し健ちゃんとスキンシップを取りたいと思ってるのよ。だから遠慮しないで」

そう言って息子を横にさせ、息子の手を触りました。
息子の股間に目をやると、ペニスが勃起しているのがズボン越しにわかりました。
私が誘惑しているのがわかると、息子の手が私の足に伸びてきました。
ゆっくりと足を撫でた後、ガウンの中に手が入り、内腿を触ってから、下着の上から割れ目に指を這わせてきました。

「あぁー、気持ちいいわ」

エッチな声を出すと息子は起き上がり、私のガウンの前を開いて乳首に舌を這わせ、その後クンニをしてきました。
やがてガウンの帯も解かれ、下着の中に息子の手が入りました。
一番敏感な部分を触られ、私は感じてエッチな声を出しました。
下着もすぐに脱がされ、おまんこを舐められると体中に電流が流れるような快感に襲われました。

「私にも舐めさせて」

息子と69の体勢になり、息子の勃起したペニスを咥えました。

「あぁーもう我慢できない、イキそう」

息子が悶絶します。

「若いから2回はできるわね」

そう言って、息子を口の中でイカせてあげました。
その後、ベッドに移動して、息子のモノを受け入れました。
久しぶりに満足のいくセックスでした。
私たちは主人が退院するまで毎日愛し合いました。

主人が退院してからも、隠れて義理の息子と母子相姦をしています。
50歳にして出来た義理の息子は私にとって、可愛い彼氏のような存在です。

タイトルとURLをコピーしました