従妹への夜這いが止められない・第6話[完]

この体験談は約 9 分で読めます。

しっかり目に焼き付けてから、おもむろに乳首を口に含む。
和美はたまらず仰け反り、「ハァッ」と声を出す。
両手で両乳房を撫で回し、揉みながら両乳首を交互に口で愛撫した。
和美は可愛い声で喘ぎ声を出しながら俺の首に腕をまわしてきた。
俺の脚は和美の右脚を挟むようにし、ちょうど腿のあたりに息子を短パン越しに擦りつける姿勢。
今度は左腕を和美の首にまわし、肩越しに和美の左乳房を愛撫。
同時に口で右乳房を愛撫し、空いた右手で和美の左脚を撫で回す。
スカートの裾をパンティがギリギリ見えるところまで捲くって脚を撫で回した。

「ハァッハァッハァッ」

和美は首を横にイヤイヤと振りながらも喘ぐ。
次は和美をうつ伏せに転がし、脇腹から手を差し込んで乳房を揉みながら、和美の耳の裏から首筋にキスをした。
密着し、しがみついた状態で乳房を揉んでいるのですごく性的興奮が高まった。
和美も「いやぁん」と甘えた声を出しながら、息を荒くしていた。
でも、「ヒデちゃん、なんか触り方がマニアック~」と言われてしまった。

再び仰向けに戻し、下腹部に頬ずりをするような姿勢で下半身をそっと抱き締めた。
へそ周辺に舌を這わせる。
引き締まってはいるが、さすが女の子、意外に柔らかいお腹をしていた。
そのままスカートを捲り上げてパンティを露わにする。
しかしいきなり秘部は攻めず、そのまま白く引き締まった脚を撫で回しながら舌を這わす。
10代の脚はスベスベして気持ちがいい。
しばらく上から下、下から上へと脚を舐め回し、愛撫した。

徐々にパンティに顔を近づける。
パンティはすでに秘部の当たりが湿っているようだった。
パンティの上の部分を摘んでキュッと引っ張り上げると、パンティが秘部の割れ目に食い込んだ。
和美が思わず、「やだ~」と小声で抗議した。
意地悪くクンクンと何度も摘み上げると和美の息が荒くなってきた。
パンティを脱がそうかと思ったが、敢えてパンティの裾から指を差し入れて愛撫してみた。
和美の割れ目の中は愛液がたっぷり出てきてヌルヌルしており、『いつでも入ってきて』という状態だった。
ピンク色のひだが愛液に濡れて光沢を放っている。

俺は中指をくねらせながら少しずつ膣に指を入れていった。
中はとても温かい。
中指をクッと曲げると和美が「んんっ」と呻いた。
そのまま指先を動かすと少しザラザラした感触があった。
また指を伸ばし、そのままゆっくり出し入れしてみた。
和美はハァハァと喘ぎながらますます強くしがみついてくる。
調子づいた俺は引っ掻き回すように指を動かしてみた。
全てアダルトビデオの受け売りである。
引っ掻き回しながらも速く指を出し入れすると、「ん~~」と唸りながらしがみついてくる。
そのうち指先に何か硬いゴムのようなものが当たるようになってきた。
どうやら子宮口のようだ。
結構身長のある和美の膣は俺の指の長さでは子宮口まで届きそうにないと思っていたのだが、それらしいものに届いてしまった。
指を引き抜くと、指がまんべんなく濡れ、先はふやけていた。

いよいよクンニしようと顔をパンティに近づける。
やはり昼間の明るさの元で恥ずかしいのか両手で隠されてしまったが、そっとどけて股も開かせる。
パンティ越しにキスをしたら、俺の顔を脚で挟んできた。
すべすべしてむっちりとした太腿に顔を挟まれて凄く気持ちよかった。
秘部ではなく内腿を舐めてやったらますます強く顔を挟んできた。
俺もそのまま脚を両腕で抱き込んだ。
そして頭を小刻みに振りながら闇雲に舐め回した。
パンティの秘部を隠している部分を横にずらしただけの状態でクンニ。
和美は逃げたくても俺に両脚をがっちりと抱きかかえられ逃げられない。
そんな状態で秘部を俺に舐められ、「ん~~~」と呻く。
俺の頭を掴み、髪をくしゃくしゃにしてきた。
和美もだいぶ感じて息が荒くなったところで、クンニを止めた。
和美は脱力しきっていたが目が合うと照れ笑いを浮かべた。

「そろそろ入るよ」

そう言うとコクンと頷いた。
俺は下半身だけ脱ぎ、和美のパンティの股の部分をずらして息子をあてがった。

「なんか制服着たままやるのって学校でエッチしてるみたい」

俺は制服を着たまま大事なところは露わにしてやる、この状況に燃えた。
なんだかレイプしているようである。
そのまま腰を前にゆっくり突き出す。
よく濡れていたせいか、息子は簡単にヌルリと膣に侵入していった。
和美はたまらず仰け反った。
しばらく腰を動かすのは止め、和美との生での結合感を楽しんだ。
和美の膣がうねっているのが分かった。

「今、和美の中に入ってるよ。和美の中って温かく柔らかくて気持ちいい」

囁くように言うと、「バカ」と照れくさそうに言われた。

俺は腰をゆっくり前後させた。
突き出すと亀頭が少し固い部分、おそらくは子宮口に当たる。
そのたびに和美の口から熱い息が漏れる。
腰の動きがだんだん速くなる。
セーラー服に半分隠れた乳房がゆらゆらと揺れる。
俺は両乳房を両手で掴み、こね回した。
その感触だけで射精しそうになったがなんとか堪えた。
和美の下半身はスカートに隠れてしまっているが、かえってその状況が萌えた。
スカートをちらっと捲くったら和美は反射的に両手でスカートを押さえた。

「今さら隠さないで見せてよ」

「でもぉ。恥ずかしいよ」

この時、和美の乳房は和美の両腕に挟まれてたわわに揺れた。
すごくいい情景だった。
俺は和美の両手首を左手で掴んで引っ張った。
乳房がことさらに強調されて揺れる。
それを右手で揉む。
本当にたぷんたぷんと音がしそうな揺れ方で興奮した。

和美が手を振りほどき、俺の右手に左手を、左手に右手を合わせてきた。
不思議な一体感が出てきた。
そのまま和美の手を握ったまま布団に押さえつけて腰を振った。
俺の目の前で乳房が揺れる姿勢となった。
乳首に軽くキスをしたら、「いやぁ」と喘ぎながら和美が首を左右に振る。
その仕草に萌えて射精感が急速に膨らんだ。
同時に和美の膣もキュンキュンと締まる。

「あぁっ、出るっ」

思わず口にし、和美を強く抱き締めた。
全裸同士で抱き合うのもいいが、制服を着たままセックスして抱き締めるのもかなり萌える。

「ヒデちゃん!好き!」

本能的に息子を深く突き入れ、奥で発射してしまった。
和美の膣内がうねって、まるで俺の息子から精液を吸い出すようだった。
実際、睾丸の中の精液が全部吸い出されるんじゃないかと思うくらいに大量に射精した。
膣内が熱くなった。

「中に出しちゃったよ」

「今日は安全日だから大丈夫だよ」

互いに自然と唇を重ね、強く抱き合いながらキスをした。
しばらくそのまま余韻を味わった。
俺の息子は少しずつ硬度を失っていったが、「ふにゃふにゃした感触も気持ちいい」と和美は言った。
試しに少し腰を動かしたら、また勃ってきた。

「ヒデちゃん、まだやれそうだね」

妙に嬉しそうに言う和美。
じつは息子が勃ちすぎて少し痛いくらいだった。
一旦アソコを拭こうとティッシュを取るために和美がベッドの傍に立つと、あそこからツーと精液が垂れてきた。
和美は下着を脱いで拭き始めた。
俺はそんな和美を後ろから優しく抱き締めた。

「え?ちょっと待って」

和美の声を無視して制服の裾から手を入れて乳房を揉む。

「あぁっ」

和美は力が抜けて前に倒れそうになり、ちょうど机に手をつく姿勢になった。
そのままスカートを捲り上げ、後ろから立ったまま挿入した。
腰をしっかり掴み、突く。
和美は机に手をついていた状態からなんとか崩れ落ちそうなのを堪えている感じだった。
たわわに揺れる乳房を制服の下から手を差し入れて揉みしだく。

「あぁ。こんな姿勢。恥ずかしいよ」

喘ぎながら和美は言ったが、無視して腰を振る。
指に唾をつけてクリトリスを刺激したら、腰がガクガクと崩れ落ちて床に四つん這いになってしまった。
姿勢的に辛そうだったので、上半身をベッドの縁に預けさせた状態でバックから突いた。
和美の腰を掴み、中を掻き回すように容赦なく後ろから突き込む。
和美はベッドの布団に顔を埋めて喘ぎ声を出している。
そんな和美を後ろから抱きかかえ、俺自身はその場に座り込み座位に移行。
乳房を後ろから鷲掴みにしながら揉み、苦しい体勢だが下から突き上げた。

「辛いでしょ?私が動こうか?」

ここで和美が自分で離れ、俺をベッドの上に促し、仰向けになった俺に跨がって騎乗位の姿勢になった。
和美は一生懸命に腰を上下させていた。
しかし、たまにツボに入ってしまうのか動けなくなったりしていた。
俺が手を伸ばして乳房を触ると、「ウッ」と寄りかかってきた。
人差し指で乳首を押しプルプルと振ってやったら、力が抜けたように前に倒れてきた。
もう自分では動けないようなので、俺が動くことにした。
そのまま横に転がり正常位へ移行した。
普通じゃ面白くないので、和美の両足首を持ち、めいっぱい広げた。
スカートが捲れ、接合部が露わになった。
昼間の明るさではっきり見えた。
息子が陰毛が薄くて綺麗な和美のあそこに突き刺さり、出たり入ったりしている。

「いやぁ。見ないでぇ」

快感に喘ぎながらも恥ずかしがっているのが可愛い。
俺は和美の脚を曲げさせ、両脚を腕で抱え込んで激しく腰を振った。
愛液が溢れているせいか、ジュプジュプと音がした。
だんだん射精感が高まってくる。

「もうイキそうだ」

俺がそう言うと首に手を回してきた。
それでまた強く抱き締めながら一番奥を突いた時、和美の膣内に射精した。
また大量に出た。
しかし、まだ息子は元気だった。
和美は横になりながら、「気持ちよかった~」と言ってくれた。
そして俺の息子がまだ勃っているのを見て、「まだまだできそうだね」と悪戯っぽく笑った。

「好き同士でエッチすると気持ちがいいね」

「うん」

「俺、明日下宿に帰るつもりだけど、そうなると当分エッチ出来ないな」

「・・・うん。そうだね」

「だから今日はいっぱいエッチしよっか?」

「うん。まだ親達が帰ってくるには時間があるし」

「今度は全部脱ごうか」

「うん」

2人していそいそと服を脱いで全裸になった。

「ねぇ、やっぱりカーテン閉めない?」

「和美、とても綺麗だよ。カーテン閉めたら勿体ないよ」

「でもちょっと恥ずかしいよ」

「俺は和美をよく見たい」

和美の裸が部屋の中で眩しい。
色白で均整の取れた身体。
改めて舐め回すように見てしまう。
和美は恥ずかしがって片手で胸を隠し、下半身をもう片方の手で覆っている。

「ヒデちゃんって結構身体がガッシリしてるんだ」

「そう?」

「文化部じゃなかったの?」

「だったけど個人的には鍛えていたよ」

腹は少し弛んでいるものの、腹以外は自転車通学と個人的な筋トレで運動部の人間並に筋肉がついているという自信はあった。
運動部の女の子に身体のことを褒められたのは正直嬉しかった。

「でも・・・」

「何?」

「ウチのお父さんに似て、脚は短いね」

「それは言わない約束じゃ」

和美を抱き寄せ、もう一度キスする。
背丈が近いのでキスしやすい。
しばらく唇を重ねていたら今度は和美の方が俺の首筋にキスをしだした。
なんだかくすぐったいような妙な感覚。
そのまま少しずつ唇を下に移動していく。
自分がしたことを逆にされるとどんな気分なのか興味が湧き、和美のするに任せてみた。
和美が俺の乳首を触った。
途端に息子と脊髄に電流が流れるような刺激が走る。
さらに和美が俺の乳首を舐める。
今まで味わったことのない快感が背骨をとろけさせる。
俺の息子はすぐに怒張した。
和美は悪戯っぽく俺を見上げて微笑みながらさらに唇を下に移動する。

「まだ2回くらいしかしたことないけど」

「え?」

「フェラしたげる」

「おぉ!」

和美は少し躊躇しながら俺の息子を握る。
思わず腰を引いてしまった。
人に触られるのには慣れていない。
しかも風俗とは雰囲気が違う。

和美はまず息子の先っちょをチロっと舐めた。
めちゃくちゃ気持ちがいい。
そのまま俺の息子の先の下の方に舌を這わせ、同時に手でふぐりを優しく揉みだした。
あまりの快感に膝の力が抜けそうになった俺はベッドに腰掛けさせてもらった。
和美は俺の股間に顔を埋め、息子の周辺を指や舌を使って刺激してくる。
そしてしばらくしてから、せ~のっという感じで俺の息子を口に入れた。
一生懸命フェラしてくれているのが分かり、快感と同時に嬉しさも沸き上がる。
時折、歯が当たって少し痛かったが我慢した。
だが快感が募るにつれ、無意識に和美の頭を手で押さえ、頭の動きをコントロールしてしまった。
和美は「んっんっ」と懸命にフェラしていたが、ちょっと頭を動かしすぎて息子が喉の奥に当たり咽せ込んでしまった。
ちょっと辛そうだったのでお礼を言って止めさせ、ベッドに仰向けにさせた。

十分に濡れていたので、そのまま正常位で和美の中に入った。
今度は勢いに任せて激しく突いたりせず、抱き締めてキスをしながらゆっくりとピストン運動をしてみた。
どうやらこの方が感じるらしく、さっきより恍惚とした表情で喘いでいた。
さらにちょっとグラインドをしてみたりした。
激しく単調に突くよりも刺激が強いらしく、和美が激しく喘ぎだした。
そして突然強くしがみついてきて、「あぁぁぁぁ~~~」と叫んで果ててしまった。
その瞬間、和美の膣がきつく締まって射精感が高ぶったが、まだ出なかった。
ぐったりした和美を抱えながらゆっくりピストン運動を続けた。

「ごめん、先にイッちゃった」

「俺はまだだけど和美はまだできる?」

「うん、なんとか」

俺は和美を四つん這いにさせてバックから入れ直した。
またゆっくりと出し入れした。
部屋が明るいので結合部が丸見えである。
白いお尻を撫でたり、白い背中を撫でたり、たわわにぶら下がる乳房を後ろから揉んだりしながら、グラインドしたりしたら脱力していた和美もまた感じ始め、喘ぎ声を出し始めた。
やはりゆっくりの方が感じるらしく、これは和美も新発見だったらしい。

「ヒデちゃん、イッちゃいそう」

「じゃあ俺も合わせるよ」

和美の声が一層大きくなったところでお尻を強く掴んで腰を突き出し、奥深くに射精した。

4回目をやろうとした時、自転車のスタンドを立てる音が外から聞こえた。
和美が窓の外を覗き、「あぁ~、姉貴が帰って来ちゃったよ。なんでこういうときに限って早く帰ってくるんだか」と毒づいた。
時計を見ると3時半。
仕方なく、急いで身体を拭いて着替え、何もなかったかのように2人で良美を出迎えた。
良美に続き、叔父叔母も帰ってきた。
1人で留守番をさせたことを詫びられたが、娘さんといい思いをさせてもらったので、逆にこっちが感謝したいくらいだった。

タイトルとURLをコピーしました