襲ってきた近所のエロガキたちを返り討ち

この体験談は約 5 分で読めます。

ダイエットのために運動してるって人は多いんじゃないでしょうか?
去年のことだけど、私は身長が156センチほどなのに体重が53キロもありました。
タイツとか穿いたときにウェスト部分にプニッとお肉が乗っかるようになっちゃったんですよね。
太ったせいもあってか、高校時代は「貧乳」とからかわれ続けてた胸もDカップまで成長しました。
それは嬉しかったんですけど、アンダーが65センチだったのに、そこも70センチにまで成長・・・。
高校を卒業してたった1年しか経っていないのに、やっぱり体育の授業とか部活がなくなってしまって、会社と家の往復だけになってしまうと太ってしまいますね。
あの頃より確実に外食も増えましたし。
昔の写真と見比べてみたら、なんていうかゴツくなってしまって・・・。

このままじゃいけないと思って、ちょっと運動をすることにしました。
そんなに都会じゃないので、夜遅くまでやっているスポーツジムは駅前まで行かないとありません。
仕事が終わるのは18時過ぎが多かったので、それからジムに行っていると帰りが遅くなってしまいます。
費用だって結構するだろうし・・・。

それで、あんまりお金のかからない方法にしようと思って、ランニングをすることにしました。
仕事が終わると、車で30分くらいかけて家に帰ります。
家の辺りはまだ畑とかもありますし、大きなお店やビルなどは無いのどかな所。
ただ、ランニングをするには外灯が少なすぎて・・・田んぼにはヘビとかもいるので懐中電灯を持って行くことにしました。
ラフな服装に着替え、学生時代に履いていた運動靴を引っ張り出し、外に出て軽く準備運動。
両親は「いつまで続くんだろうな~」って笑っていましたが、気にしませんでした。

走り出してしばらく経った頃、田んぼの側の屋から明かりが漏れていました。

(なんだろう?)

そう思いながらその脇を通り過ぎようとしたら・・・、いきなり腕を引っ張られて中に引きずり込まれてしまいました。
男が数人いたみたいで、電気を消されてしまい顔が見えません。
引っ張り込まれたときに懐中電灯は落としてしまいました。

「おい、入り口を見張ってろ!」

1人がそう言って、誰か1人が出入り口の外に出ました。
そして残りの男たちが私を押さえつけて体を触ってきました。
ラフな服装だったことが災いして、すぐに胸を曝け出されてしまいました。

「おぉ~・・・」

男の1人が感動するみたいな声を出して、恐る恐る私の胸に触れてきました。
さっきまでの乱暴さが嘘みたいです。
じっくりと手のひらで感触を確かめるみたいに揉んだり、乳首を指で挟んでみたり。
そして、とうとう吸い付いてきました。

「おい、がっつきすぎだろ」

1人が笑って言いましたが、その男も同じように反対側の乳首に吸い付きました。
しばらく夢中で乳首の感触を味わっていました。
私はだんだん暗さに慣れた目で見える範囲を観察しました。
すぐそばに懐中電灯が落ちているのに気付くと、それを拾い上げて男たちの顔を照らしました。

「うわっ!」

「おい!なんで懐中電灯を取り上げなかったんだよ!!」

そこにいたのは近所に住んでいる高校生たちでした。
小屋の中にはタバコの匂いがしていたので、夜になるとここに集まって、大人たちの目を盗んで喫煙していたんだかと思います。

「池◯さんとこのケンジ君と、河◯さんとこのカツミ君よね?もう1人は?」

私が怒った声で言うと、走って逃げていく音が聞こえました。
仲間を見捨てて逃げるとか、薄っぺらい友情だなぁと思いつつ、相手がどこの誰かわかってしまえば怖いものなんてありません。

「あんたたち、ここでタバコ吸ってたでしょ。学校に連絡しようか?私にしたことも学校や親御さんに言いつけてもいいんだけど」

「いやっ、それはほんとにヤバいんで・・・」

「俺ら、退学とかなったら困るし・・・許してください!」

急に弱気になって頭を下げてくる高校生たち。
許してあげてもいいけど、二度と同じようなことはしないようにさせなきゃいけない。

「じゃあ私の言う通りにしたら黙っててあげる」

「何をしたらいいんすか?」

「なんでもやります!」

従順な年下男子ってのもなかなか悪くない。
なんだかワクワクしてきて、まずはそこで裸になるように命じました。
ケンジ君とカツミ君は大人しく服を脱いで、クロックスを穿いているだけの姿になりました。
恥ずかしいのかそれとも興奮しているのか、あそこが勃起しちゃってました。

「なに勃起させちゃってるの?自分たちが何したのかわかってる?」

「わ、わかってます!すんませんっ!」

ちょっと怖い声を出すと素直に謝ってきます。
面白くなって色々と無茶な要求をしてみました。

「じゃあ、お互いのおちんちんをシコシコしなさい」

「え?」

「お互いのおちんちんをシコシコしなさいって言ったの。聞こえなかった?」

にっこり笑うと、「マジかよ・・・」って言いながらも、お互いのおちんちんを握ってシコシコし始めました。
なんだかBLを見てるみたいでゾクゾクします。
あ、別に腐女子ってわけでもないんですけどね(笑)

「出そうだったら教えてね~」

しばらくするとケンジ君が、「そろそろ出るかも・・・」って言い出しました。
そこでカツミ君に・・・。

「じゃあカツミ君、ぎゅって握って出ないようにしてあげて。手を緩めたりしたら許さないからね」

「はっ、はい!」

止めされたケンジ君は苦しそうな顔をしています。
そのまま収まるのを待って、またシコシコ。
カツミ君もそのうちにイキそうになったので、ケンジ君に命じて寸止めさせました。
そんなことを繰り返していたら2人が泣きそうな顔になりました。

「もう無理です・・・出したい・・・」

「お、俺も出したいです・・・」

仕方ないなってことで、2人を四つん這いにさせました。
小屋の明かりはもう点けてあったから、お尻の穴も丸見え。

「はい、じゃあ自分でシコっていいよ~」

並んで夢中でシコシコと擦り始める2人。
近くに落ちていた木の棒を拾って、お尻の穴や袋の部分をつついたりしてみました。

「うっ、うぁぁっ・・・」

ついつい力が入っちゃって、ケンジ君のお尻の穴にちょっと棒が入っちゃって・・・。
気持ち良かったのかびっくりしたのか、ケンジ君は射精しちゃいました。
カツミ君も程なくして射精。
ケンジ君はお尻を弄られて射精してしまったことでプライドが傷ついたのか、すごい落ち込んでます。

「また来週の同じ時間にここに来なさい。来なかったら許さないからね」

そう言って小屋を出て、家まで走って帰りました。
汗をかいたのでシャワーを浴びてから寝ましたが、寝る前に小屋での出来事を思い出して、しっかりオナニーしちゃいました。
部屋の電気消して目を閉じて・・・。

(小屋で、もしあのまま大人しくしていたら、どんなふうに犯されていたんだろう。前から後ろから押さえつけられて、中に出されたりしていたのかも・・・)

そう思ったらゾクゾクしちゃって。
右手の指を中に入れてじゅぼじゅぼしながら、左手の指でクリを包皮越しにグリグリして・・・その日のオナニーは本当に最高でした。
今まで意識したことはなかったけど、私って結構変態だったのかも。
また来週、あの子たちに会えるのが楽しみで仕方ありません。

タイトルとURLをコピーしました