アナルを触るたびに500円玉をくれる痴漢と出会って

この体験談は約 3 分で読めます。

私はアラフォーのOLです。
仕事一筋で頑張ってきて、若い頃には結婚するチャンスもありましたが仕事にすべてを捧げ、気づけば四十路の独身キャリアウーマンです。
周りからどう言われようと、私自身は自分の人生に満足しています。

大学を卒業して社会人になってから毎朝、激混みの通勤電車で通勤しています。
若い頃はよく痴漢されましたが、30代半ば過ぎから痴漢の被害に遭うこともなくなりました。
しかし3ヶ月ほど前・・・。

いつものように満員の通勤電車に乗ると、後ろの方に立っている人が、お尻というか、お尻の穴を下着の上から撫でて痴漢してきたんです。
身動きも取れないので犯人もわからないですし、40代のおばさんになると痴漢くらいじゃ怯えませんので勝手に触らせておきました。
しかし、その次の日も次の日も、お尻の穴を痴漢してくるんです。

(童貞の痴漢で、オマンコとアナルを間違ってるのかな?)

会社に着くと、バッグのサイドポケットに500円玉が3枚入っていました。
その時はラッキーと思っていましたが、また次の日に同じ痴漢に遭い、またバッグのサイドポケットに500円玉が入っていました。
このとき初めて、それが痴漢からのお礼だと気付きました。
まさかお尻の穴を触られるだけで月1万円(20営業日換算)もお小遣いを稼げるなら、全然OKじゃん!
なんて思ってしまう、アラフォーキャリウーマンな私w

それから1週間くらいは毎朝、下着の上からお尻の穴を撫でられたり、つつかれたりしました。
だんだん大胆になった痴漢は下着の中に手を入れて、直にお尻の穴を触るようになっていきました。
その頃は私も彼氏がいなくて、もう3年くらいセックスしていなかったので、痴漢に期待するようになってたんです。
実際、アナル痴漢をされてオマンコを濡らしていました。
痴漢もそれがわかったのか、オマンコに指が触れたと思ったら愛液をすくい取り、お尻の穴に指を入れてきました。
そしてゆっくりと指を出したり入れたりされました。
その日から、500円玉が1000円札に変わりました。

翌日は、最初からヌルヌルした指がお尻に入ってきました。
おそらく潤滑剤かローションがアナルに塗られていたんだと思います。
ゆっくりゆっくり電車の揺れに合わせて何度も出し入れされました。
指を入れられるようになってから1ヶ月もしないうちに、なんだか気持ちよくなってきました。
ある日、指ではない少し太く少し硬い物を入れられるようになりました。
そして半年ほど経った今、指3本かそれくらいの太さのゴム製っぽいエッチなおもちゃを入れられるようになりました。

私は電車に乗っている30分の間に何度もアナルでイッてしまうため、朝は必ずナプキンをしています。
アナルの気持ちよさを知ってしまい、家でもアナニーをするようになってしまいました。
オマンコでオナニーするよりも、アナニーの方がずっと気持ちいいんです。

そして今朝、初めてバッグにお金と一緒に手紙が入っていました。

『もっとお尻の穴で気持ちよくなりたくありませんか?もっと太い物を入れてみたいとは思いませんか?』

電話番号とLINEとメールアドレスが書いてありました。

すっかりアナルを開発された私。
仕事一筋で頑張ってきたのでお金もあり、そして独身なので失うものもありません。
このアナル痴漢の彼に連絡してみようと思っています。

タイトルとURLをコピーしました