叔母夫婦と混浴温泉に行ったらエッチな出来事が続出

この体験談は約 3 分で読めます。

20年以上前のこと。
小学6年のとき、俺は子供のいない30代の叔母夫婦と3人で温泉に行った。

叔父が、「ここは混浴だ」と言った。

部屋で一緒に浴衣に着替えた。
目の前で叔母もショーツだけになって浴衣を着た。
俺は、叔母の乳首や裸体を凝視した。
俺もパンツ1枚になって叔母に浴衣を着せてもらった。
そのとき、叔母は俺の胸からへそ、下腹部を触った。

風呂には他に60代くらいの夫婦がいた。

「失礼します」

「どうぞどうぞ」

大人4人は湯船の縁に腰掛けて世間話をしていた。
お互いの夫婦生活も笑いながら話していた。
そのうち4人ともタオルを外し、下腹部も晒した。

60代のおばさんは叔父を見て、「いい男。あそこも立派」と言った。

叔父は、「そちらさんもお若いですね。締まりもいいでしょう」と言い返した。

俺はずっと勃起して湯船に浸かってた。
のぼせそうな俺を見て叔母が、「我慢するな」と言った。
俺は60代夫婦の間に座った。

叔母夫婦は、「お先に」と言って風呂から出て行ってしまった。
すぐに60代のおばさんが俺の勃起を手でしごいた。
精液が出た。
60代のおじさんは何事もないような笑顔だった。

夕食後、60代夫婦を俺たちの部屋に呼んで、大人はビールを飲みながらまた世間話。
俺は背を向けてテレビを観ていた。
しばらくしたら話し声がしなくなった。
俺はトイレに立った。
そのとき、60代のおばさんが叔父の浴衣の裾に手を突っ込んでいるのが見えた。

トイレからか帰ると60おばさんと叔父がいなくなっていた。
叔母が横になった60代のおじさんの腰を揉んでいた。
おじさんは手を叔母の両足の間に入れていたが、俺を見ると慌てて離した。
叔母は俺に「お願い」と言い、1時間くらいお風呂に入ってくるように言った。

1人でお風呂に入っていると、別の年配女の2人連れが入ってきた。
1人は老婆で歩けない。
若い方に、「君、手伝って」と言われた。
言われるまま、横に行って老婆に肩を貸した。
胸、脇腹、腰、太ももを密着させて湯船まで中腰で連れて歩いた。
また俺は勃起した。
2人とも俺の下腹部を何度も見ていた。
若い方が「ありがとうね」と言った。

俺は湯船にへたりこんだ。
俺を挟んで2人が湯船に座った。
そしてぴったり体を寄せてきた。

「君、1人?家族は?」などと聞かれた。

俺はそれまでのことを正直に話した。

「えー」「きゃはは」などと笑いながら聞いていた。

若い方が「じゃあ君は寂しいね」と言って、いきなり俺を持ち上げると自分の膝の上に乗せて、下腹部を自分の目の前にした。

「咥えさせて」と言って勃起したモノを咥えた。

俺は若い方の両足の付け根に手を伸ばした。
十分に濡れていた。
夢中で弄った。
ときどき若い方は反応して腰をひねった。

俺が「挿れさせて欲しい」と言ったら、若い方は湯船の縁に手をついてお尻を突き出した。

「どうぞ。でもわかる?したことある?」

俺は無言で挿入した。
すぐに果てた。
ぐったりして湯船の縁に腰掛けたら、今度は老婆があそこを握ってきた。
また立った。
すぐに精液が出た。
今度は少しだったけど。

翌朝、叔父に、「また来よう。お前の親には内緒だぞ」と言われ、俺は頷いた。
そのとき叔母は嬉しそうに俺の唇を奪った。
俺のファーストキスだった。

タイトルとURLをコピーしました