彼女の匂いが僕を狂わせる

この体験談は約 3 分で読めます。

私はT大学の研究室に所属している大学院生です。

大学構内の一室で飲み会が開かれた夜、少し早めに会場を抜けた私は、同じ建物内にあるラボに戻ってきました。
帰り支度をして、上着をコート掛けから取ろうと顔を寄せたとき、すこし鼻を突く、甘い匂いに気づきました。
頭を突っ込んで嗅ぐと、隣に掛かっていた、トレンチコートがその源のようでした。

ハンガーからは外さずに、服の裏地に鼻を近づけると、牝臭い芳香で息が詰まるほどでした。
どうやら、同級生の女の子、Tさんの着衣のようです。
コートは脱いで、本人はまだ会場で飲んでいるのでしょう。

Tさんとは、ラボが一緒になって以来、2年ほどの付き合いです。
顔立ちが整っていてスタイルも悪くないので、研究室の男性の間では人気があり、性的な会話では格好の標的にもなっていました。
私自身、一時は本気になりかけたのですが、Tさんに常に彼氏がいることと、彼女の勝気な性格から尻込みし、近くを通った時の甘い匂いや、偶然の接触をおかずにして、いやらしい妄想をするばかりでした。
特に匂いは、研究で徹夜した翌日などにはかなり強く、また香水は付けていないようで、獣じみた甘い体臭が漂ってくるようなことが何度かありました。
(これがなかなかに下半身にクる匂いで、大抵はトイレに直行する羽目になります。)

結局Tさんとは、友人の一人としての交友はあっても、それ以上はありえない関係でした。

さて、酔っていたためでしょうか、急にムラムラして、収まりがつかなくなってしまいました。
時間はさほど遅くなかったのですが、皆飲み会に行っているようで、ラボには私一人でした。
それを確認した上で、照明を全て落としてから、鼻息荒くコートの匂いを嗅ぎ続けました。
肌には直接触れないコートでありながら、Tさんが洗わずに着続けてきたらしい上着は、強く匂いました。
まだTさんがいる大学で、部屋を暗くして着衣の匂いを貪るという異常な状況に、私は激しく興奮していました。

「気付かれるかもしない、バレたら身の破滅」と思いつつも、背徳感からか、ますます昂ぶっていきます。

同時に、ハンガーから外したらバレるかもしれないと、妙に冷静に分析し、そのままの体勢で行為に熱中しました。

いよいよ我慢出来なくなり、ファスナーを開けるのももどかしく、下半身を露出しました。
全く手で触れていないにも関わらず、私は勃起していました。
髪や首筋が触れる、襟元付近の牝臭い匂いがたまらなく下半身を刺激してきて、同級生の洒落たトレンチコートを貪りつつ、激しく男性器をしごくという変態行為に溺れていました。

Tさんの手首とひじ裏に触れていただろう袖口の裏地は、スベスベとした化繊材でした。
はじめは、そこに手を差し入れ、その質感を楽しんでいましたが、昂ぶってくるにつれ、そこに射精したい衝動に駆られました。
コート掛けに身体を寄せ、半ば衝動的に我慢汁でヌメる男性器を袖口から挿入し、密着するように外から握り込みました。
私の我慢汁にまみれた裏地は、掠るように先端を刺激して、射精感が急速に込み上げてきました。

ゆっくり引き抜くと裏地が糸を引き、単なる擬似手コキという言葉以上に卑猥で、いやらしい光景でした。

さすがにバレることが怖くなり、一旦止めて、ティッシュで鈴口を覆って再開しました。
しかし同級生の着衣を穢したという背徳感と、Tさんの甘い体臭に自制心を失っていた私は、最後は袖口で性器を搾って、そのまま裏地に大量に射精していました。
案の定、大量の精液はティッシュから零れて、裏地に染みを作ってしまい、精液特有の臭いが付いてしまいました。
あのTさんが、私の精液と臭いが付いたコートに袖を通すことを考えると、また興奮してしまいましたが、その日は極力元の状態に戻して、退散しました。

翌日、Tさんは違うコートを着てきましたが、特に態度に変化もなく、コートの異常に気が付いたのかはよく分かりません。
女性は勘が鋭いと言うので、コートの変化に気付いて捨ててしまったのかもしれません。
残念です。

それ以来、この秘密の変態行為に味を占めた私は、Tさんの目を盗んでは、彼女の膝掛けやマフラーを持ち出して、オナニーに勤しんでいます。
下半身を刺激するあの匂いは彼女が一番強く、他の人ではあまり感じられないようです。
Tさんとすれ違う時、乗り合わせたエレベーター内で、その匂いを嗅いでしまうと、以前にも増して興奮してしまうので、ある意味困っています。

Tさんは、もうすぐ就職で研究室を離れてしまうので、その前に彼女の匂い付きの私物を何とか手に入れたいところですが・・・。