妙に色気のある美人マッサージ師と中出しセックス

この体験談は約 3 分で読めます。

先日、出張先での出来事です。

毎晩夜遅くまで仕事が続き、体はボロボロ・・・。
その日、ホテルに帰ってきたのは午前1時過ぎ。
シャワーを浴びてすぐに寝ようと思っていた。
シャワーから出るとパンパンにむくんだ脚を揉みながら、何気なくマッサージの宣伝を見た。
受付は2:30まで。
普通より遅いなと思いながらフロントへ電話した。

約10分後、部屋をノックされた。
やって来たのは30代の女性だったが、美人で妙に色気があった。
普段ならムラムラするところだが、連日のハードワークで疲れきっていたため、普通にマッサージをしてもらいながらウトウトした。

「脚、すごいむくんでますよ」

寝ぼけたまま、「脚が一番疲れています」と返した。

そこから集中的に脚のマッサージが始まり、またウトウトしながら受けていた。
脚の付け根を丹念にマッサージされると、その気がなくとも下半身が隆起した。
もちろんウトウトしており、その気はなかったが・・・。
しかしそのマッサージ師は耳元で・・・。

「すっごい大っきくなってますよ・・・」

そう囁いたのだ。
もの凄い眠かったが、興奮したマッサージ師は隆起した下半身をジャージの上から優しく撫で始めた。
無反応でいると、その細い指先はジャージの中に入ってきて直接触り始めた。

「すっごい凝ってる・・・解さないと・・・」

そう言うと優しく手コキを始めた。
さすがに感じてきて、「アッ、アッ」と声を漏らした。
穿いているものを膝まで下ろされると、こちらに寄り添い、吐息を吹きかけながら上下に手を動かした。
我慢汁で濡れたペニスがネチャネチャと音を立てていた。
10センチくらいのところに顔を近づけ、「ぁあん、すごぉい・・・」と興奮する女の声を聞き、たまらず抱き寄せてキスをした。
そして、「触りたくなっちゃったよ」と言い、彼女のズボンの中に手を入れた。
そこは、オシッコでもしたのかと思うくらいぐっしょり濡れていた。
指先でクリトリスを転がすと・・・。

「ダメェ・・・そんな事しないでぇ・・・」

と言いながら腰をグリグリ動かす。

「このままセックスしようか?」と言うと、「そんなのダメに決まってますよ」と拒む。

「だよね、分かった・・・」とあっさり引くと、今度は向こうからキスをしてきた。

その頃には僕は何もせずに身を任せていた。
しばらくすると何も要求していないのに、ジュボジュボと音を立ててしゃぶりだした。

(それにしてもエロい女だなぁ)

そう思いながら大の字のまま受け入れた。
しばらく会話がなかったが、たまらず女が、「ねぇ・・・したい?」と言ってきた。

「ダメなんでしょ?・・・疲れてるし、いいよ・・・このままイキそうだし・・・」

そう返すと切ない目で、「入れたい・・・」と甘えてきた。

「じゃあこのまま上に乗っかる?」

女はズボンを脱ぎ、下半身だけ露出した状態で乗っかってきた。

「アッ、アッ!・・・かったぁ~~いっ!」

女は僕の上で激しく動いた。
疲れたのかイッたのか、ぐったりして抱きついてきたので下から激しく突き上げてみると、「イヤーーッ!」と喘ぎながら果てた。

僕は起き上がると、女を四つん這いにして後ろから突いた。
衣服を着ている姿にゾクゾクしながら激しく突いた。
突きながら「上も脱いで」と言うと、女は汗だくの裸体を曝け出した。
正常位になると、「おっぱい吸って」と求めてきた。
チュウチュウと吸うと、「もっと激しく吸って・・・」と言う。
痛いんじゃないかというくらい、吸うというよりも噛り付くような感じで激しく吸いながら突いた。
白い乳房は赤くなったが、女は恍惚の表情で喘いでいる。
最初見たときはツンと澄ました涼しげだった美人が、こんなにエロい女だったとは・・・。
興奮しながら女の体をがっちり抱き締めて、「このまま中に出すよ」と言った。

「いっぱい出して・・・」

女は受け入れてくれた。
僕のペニスはドックンドックンと激しく鼓動を打った。

「ぁあ・・・ドクドクしてるぅ」

女は嬉しそうに言うと、射精が終わっても繋がったままキスをしてきた。
さすがに疲労で、ペニスが萎むと猛烈に眠くなってきた。
最後にまた優しくマッサージをしてもらいながら僕は落ちた。

薄れゆく意識の中で、「じゃあ帰りますね・・・おやすみなさい」と優しく女は囁いた。
また会いたいと思ったが、名前すら聞いていなかったことが残念でならない・・・。

タイトルとURLをコピーしました