見た目は中学生なのにセックスが大好きだった元カノ

この体験談は約 3 分で読めます。

23歳から25歳まで付き合っていた元カノは良かったなあ。
3歳年下の女子大生だったけど、小柄で、まるで中学生みたいな顔してて、居酒屋へ行くと必ず免許証を提示させられてた。
一つ不満があるとしたらおっぱいが小振りだったことかな。
貧乳とまでは言えないけど、もうちょっと欲しかったかな。
でもそのおかげで・・・JCブルセラコスプレだけでなく、全裸になっても中学生とヤッてるみたいで萌えた。

そんな顔も身体もJCな元カノだけど、卑猥な音をさせるフェラが上手で、そのギャップにさらに萌えた。
セックスが大好きで、四つん這いにして乳を揉見ながらバックで腰を振ると、愛液が内股をダラダラ伝って床に垂れた。
小振りだけど、おっぱいの感度は良くて、乳首を吸ってやると手マン無しでも濡れた。
でも、元カノは我慢できなくなって・・・。

「オマンコも舐めてぇ」

今まで付き合った元カノは誰も「オマンコ」なんて口にしなかったから、どんな元彼と付き合ってたんだろうと思ったよ。
で、お望み通りクンニしてやればやったで・・・。

「そろそろオチンポが欲しい~~オチンポ入れてぇ~~」

なんて言うの。
セックス中も・・・。

「あ~~そこそこ、そこがいい~~佑造のオチンポ気持ち良すぎ~~」

なんて大騒ぎする。
わざとGスポットをずらして意地悪すると・・・。

「何でいいとこツンツンしてくんないの?そこじゃないってばぁ・・・いつもんとこやってよ~~」

おねだりされて、あんまり可愛いからGスポットを突くと・・・。

「ああ~~イクイク、イクまでやめないで、イクイクイクイク・・・」

イクのかと思えば、「イクまでやめないで」って、面白い娘だった。
たまにメッチャ溜まってて、元カノより先にイキそうになったときは・・・。

「ごめん、俺イキそうだよ」

「うん、いいよ。お腹にいっぱい出して」

そう言ってティッシュボックスから大量のティッシュ出してお腹の上に並べて・・・。

「さあ、出るとこ見せてぇ~~」

って俺の射精観察。
やけに冷静に尿道を見つめられて恥ずかしいけど、ビュビュビュっと出すと・・・。

「わ~!出た出たぁ~!」

って大喜びしてた。
やってる最中に生理が来ちゃうと・・・。

「今日は中に出しちゃって」

興奮して思いっきり中で出して、せっかくだからと抜かずの2発目も決めちゃってた。
中出しできる時にはやらないと損する感じがしてたから。

そういえば、唯一アナルヴァージンくれたのもその元カノで、最初は生理中のオマンコの代替穴で痛がってたけど、いつしかアナルで悶絶するようになった。
ロリで可愛くてセックスが大好きなエロい娘だったけど、大学を卒業したら家業の旅館を継ぐ修行するために帰郷しちゃった。

「仕事を辞めて旅館の若旦那になって、なんて言えないから・・・仕方ないよ」

まあ俺も理工系だし、正直、新天地で異業種に挑戦はできなかった。

最後の夜は泣きながらセックスした。
4発目も頑張ろうとしたけど立たなくて、それでも必死で扱いてたら・・・。

「もう十分だよ。頑張ってくれたよ。もう終わろう・・・」

って元カノは泣いてた。
でも翌朝、朝立ちで最後の1発を決めた。

「頑張れよ。元気でな。さようなら・・・」

「うん・・・佑造も元気でね。さようなら・・・」

駅で人目もはばからず嗚咽した。

あれから20年。
去年、会社の創立50周年記念旅行があって、大型バス2台を連ねて某温泉に行って旅館で盛大に宴会したんだけど、そこの若女将が元カノだった。
ひと目でわかったけど声はかけなかった。
もともと可愛い娘だったけど、和服の似合う綺麗な淑女になってた。
懐かしくて20年前を思い出しちゃったけど、やっぱりお別れの時の元カノの泣き顔が忘れられない。
元気そうで幸せそうな元カノを見て嬉しかった。

タイトルとURLをコピーしました