俺の部屋でAVオナニーしてた妹と変な感じになって

この体験談は約 6 分で読めます。

数年前、風呂場でエッチなことを妹としたことがあるのだが、俺が高1、妹が小6になってからはほんとにエロい話になるようなことはほとんどなかった。
ただ、今思えばスキンシップは少し多い方だったかもしれない。
俺がソファを占領するように寝てると、容赦なく腹の上に座ってきたりして、文句を言いつつも放置していると、調子に乗ってそのまま抱きつくように寝転がってきたり。
妹がカーペットでゴロゴロしてるときは、こっちも仕返しとばかりに妹のお尻を枕替わりにしたり、そのままお尻をがぶがぶ甘噛みしてみたり。
この辺でようやく、「なにすんのーw」という抗議の声があがってくる。
お尻を庇うように仰向けになったところで、Tシャツを捲くってお腹に唇を押し当てて、「ブー!」って強く息を吹きかけたりw

妹が徐々に女の子らしい体つきになってくるのを意識してしまって、1人で興奮することもあったが、あくまでも“遊び”の時間だったので、おっぱいやアソコには手を出さなかったし、妹のほうもエロい遊びに発展させようって素振りはなかった。
あくまでもじゃれつきの一環だった。

まぁそんな感じでしばらくはごく平穏な感じだったんだが、妹が中1だか中2だった頃に事は起こった。
たまたまその日は部活をサボって早く帰宅したんだが、妹の靴はあるのに居間に姿が見えないし、妹の部屋もドアが開いたままになってて中を覗いてもいない。
妹は自室にテレビを持ってなくて、ゲーム類は俺の部屋のテレビに繋がっていたので、きっと俺の部屋でゲームでもやってるんだろうとあたりをつけて、せっかくだから脅かしてやろうと忍び足で近づいて、「ただいまー!」と言いながらいきなりドアを開けた。
するとガタガタっと音がしたので中を窺ってみると、なぜか俺のベッドで布団に包まってる妹がいた。
ゲームをしてた様子もない。

「何してん?」

そう言いつつ部屋に入ると・・・。

「ちょ、ちょっと、お昼寝したくなって」

明らかにテンパってる。
訳がわからないと思いつつ、「自分の部屋で寝ろよ」と言いながら布団を剥いだ。

「待って!」

という妹の声と同時だった。
妹の衣服が乱れまくってました。
ブラウスのボタンもまともに留まってないし、慌ててパンツをずり上げましたみたいな感じでスカートを挟んでるし。
どう見てもオナニーしてました、本当にありがとうございましたって感じ。
こっちも頭が真っ白になりながら、もう一度、「何してん・・・?」と聞くと、いきなり枕が飛んできて・・・。

「お兄ちゃんが悪いんでしょ!」

と、涙目で怒鳴られた。

「いや、何も見てないから!知らないから!」

明らかに弁明になってないわけだが、とにかくなんとか妹を落ち着けさせると、ぼそぼそと喋りだした。
その内容はこんな感じだった。
暇だったのでゲームを借りようと思ったら、コードがビデオに繋がってた。
どうやってゲームを繋ぐのか分からなかったので、ビデオでも観てやれと思って再生したら、エッチなビデオだった。
はい、俺にも責任はありました。
確かに、ビデオデッキを観るとまだ再生中だった。
突然だったからテレビの画面を消すので精一杯だったってわけ。
もう頭が真っ白だったので、無意識で画面をつけていた。
女優が責められているシーンだった。

「ちょっともうやめてぇ~」

布団に顔を埋める妹の耳は真っ赤だった。
フラッシュバックのように数年前のお風呂での出来事を思い出して、俺は妹が座るベッドの端に腰を下ろした。
しばらく無言で観るともなしに画面を眺めていると・・・。

「ねぇ、・・・こういうのってモザイクがあるんじゃないの?」と聞かれた。

俺が持ってたAVは、とある先輩が、そのまた先輩から譲り受けたという流出モノで、ノーモザだった。

「あー、うん」

曖昧に頷くと、「私のもこんな感じなの?」と聞いてきた。
横目で妹が見ているのは、大写しになった女優のあそこだった。
人のそれをはっきり見たのは初めてらしく、ちょっとグロテスクな見た目に若干引いたらしい。

「・・・いや、お前のはもっとつるっとしてて綺麗な感じだったよ」

「でも今は違うかもしれないし・・・」

「いや・・・そんな急に変わったりはしないだろ?」

「・・・う~、でもぉ」

埒が明かない感じだったので、思い切って言ってみた。

「なら・・・もう1回見てみる?」

布団に伏せた状態からの上目遣いでこちらを睨みつけてくる妹。

(まずった・・・)と思って焦ったが、妹は「・・・うん」と小さく頷いた。

ビデオを止めた後、「まだ見ないで」と言う妹の指示に従ってベッドを背もたれにして待っていると、「いいよ」と声がした。
振り返ると、体育座りの状態からちょっとだけ足を開いて、両膝に顔をうつ伏せて、たった今脱いだパンツを握り締めてる妹がいた。
やたら可愛かったw

「よく見えないから、もうちょっと足を開いて」

そう言うと、躊躇しながらほんの少し足を開いた。
妹のあそこは、確かに以前に比べると少し変化していた。
まず驚いたのは毛が生えはじめていたことだった。
といっても、まだひょろっとしたのが数本って感じだったが、自分に毛が生えてきた時よりも衝撃は大きかったように思う。
そして、昔はまさに“スジ”って感じだった部分が、内側のピンクの部分が少し外にはみ出るような形に変わっており、色も昔に比べるとちょっとだけくすんだような感じになっていた。

「毛、生えてきたんだ」

「ん・・・少し前から」

「へぇ・・・」

なんとなく言葉を続けられないでいると、不意に「ごめんね」と言われた。

「何が?」と聞いても返答はない。

よく分からないままに、「大人になってきたんだな」と言うと、小さく「うん」と聞こえた。

「触ってもいい?」

妹の首が小さく縦に動いた。
そっと左右に押し広げると、ピンクの肉壁がヌラヌラと光って見える。

「濡れてる・・・?」

独り言のような疑問のような呟きに、「ぅっさい」と返ってきた。
これ以上続けていると頭がおかしくなりそうだったので・・・。

「綺麗だよ。確かに大人になってちょっと成長した感じはあるけど変わってないよ」

そう言って手を離し、妹から離れようと立ち上がりかけたところで、俺に手に妹の手が重なった。

「もっと・・・って欲しい」

もうとっくに頭おかしくなっていた。
妹のヌルヌルを指で塗り拡げるように撫でつけると、あっという間に妹の息遣いも大きくなってきた。
体勢的に辛かったので妹の腰を手前に引っ張り横になるように促すと、妹は仰向けに寝転がった。
ただ、かき集めたタオルケットで思いっきり顔を隠してたけど・・・。

そのまま溝を上下に撫でるように指で弄ってやると、タオルケットの奥から「舐めて」と声が聞こえた。
そっと舌を当てると、びくっと妹の体が跳ねた。
こっちも興奮状態だったので、妹の尻を掴むようにしてあそこに舌を這わせまくった。
この頃になるとAVで観た知識もあったので、必死でそれをマネして小刻みにクリを転がしたり、トトトトっと叩くように舐めてみたり、とにかく(妹を気持ちよくしたい)という一心で頑張った。

どれくらいそうしてたのかわからないが、妹の腰がぐっと持ち上がるように動いたと思ったら、「うぐぅ~」という呻き声を漏らして脱力した。

(今のがイッたのか?もっと続けた方がいいのか?なんか息が荒いけど苦しいのか?)

どうしていいのかわからなくてグルグルと考え込んでいると、横向きに寝返りを打った妹は大きく深呼吸をすると、ただ一言、「すごかった」とつぶやいた。
どうやら満足らしいと思ったらこっちまで心地よい充足感に満たされた。
とはいえ体の方はそうもいかず、チンコははち切れんばかりにギンギンになってる。
一息ついた妹も当然その事には気が付いたようで、もごもごと口ごもると・・・。

「・・・する?」

戸惑いがちに聞いてきた。
なんというかもう可愛く可愛くてますますチンコが痛いわけだが、なんとか理性の方に軍配があがった。
まあ、ここまでしといて今さらではあるがw

「・・・妊娠したら怖いだろ」

と言いつつズボンを脱ぐ。

「ただこのままは辛いから、ちょっとだけ手伝って」

スカートを脱いでもらい、上半身は胸元まで服を捲りあげ、正常位のような体勢で妹の股間にチンコを擦り付けた。
ただそのままだと刺激が少ないので、妹に手でチンコを押さえてもらって、手コキと素股の中間のような感じでしてもらった。
すでに限界ギリギリだったのもあり、1分も経たないうちに射精してしまった。
妹のお腹に飛び散った精子をティッシュで拭いてやり、「すっごく気持ちよかった」と言うと、妹もちょっと満足そうだった。

それから後がちょっと大変だった。
おねしょってほどではないがシーツを濡らしてしまったので、とにかく応急処置をしなきゃってことで、無理やりドライヤーで乾かしたり、妹も汗とか諸々の液体で汚れてたので、お風呂に入れさせたり。
とにもかくにも、“今日も何事もありませんでした”という体裁をどうにか整えたのは母が帰宅する10分くらい前だった。
お互い、まともに顔を合わせにくかったけど、とにかく「今日は何もなかった!分かった!?」と言って無理やり返事をさせ、どうにか切り抜けることができた(と思う)。

タイトルとURLをコピーしました