従弟のクソガキに風呂場でパイズリをしていた彼女

この体験談は約 7 分で読めます。

今年の夏休みにクソガキに彼女を寝取られた話です。

私は21歳の大学生、彼女のユカも同じ大学で20歳。
似ている芸能人はいませんが、童顔というか可愛いタイプです。
背は小さく、むっちりしています。
胸はFカップで、乳首の色は肌色に近く、乳輪は少し盛り上がっています。
むっちり体型&巨乳好きの私には最高のカラダです。

ユカとの付き合いは高校からでした。
2年の時に同じクラスになり、最初の頃はほとんど話したことはなかったのですが、夏休みのある日、図書館で勉強している時にユカの方から声をかけてくれて・・・。
以来、図書館で会っては話をしているうちにだんだん仲良くなり、自然に付き合う流れになりました。
高校卒業まではユカの門限や受験の忙しさなどでセックスは出来ませんでしたが、大学に入ってからは時間に余裕ができて、無事童貞を卒業してからは暇があればやりまくっていました。

おっぱい好きの私は、パイズリと授乳手コキが好きで、ユカに頼んでよくやってもらいました。
特に授乳手コキは私が一番好きなプレイで、挿入の次にフィニッシュ回数が多いと思います。
授乳手コキというのは、女性に膝枕をしてもらい、おっぱいを吸いながら手コキをしてもらうというプレイです。
AVとかだと赤ちゃんプレイの一環としてたまに出てくるのですが、私は赤ちゃんプレイには一切興味がなく、単純におっぱいを吸いながらイキたいのでやってもらっていました。
初めてユカにお願いした時は笑われましたが、私の性癖を知っているのでやってくれました。
私のコーチングで今ではかなり上手くなったと思います。

学生なのでゴムは必ずつけています。
一度、ゴムがない時にそういう雰囲気になったのですが、ユカは「絶対ダメ」と入れさせてくれず、その日も授乳手コキでイキました。
モテない童貞だった私と違い、残念なことにユカは処女ではありませんでしたが、不慣れな私のセックスでも「気持ちいい」と言ってくれる優しい彼女です。

先日、そんな彼女とデートが終わって家に帰ってみると、玄関に見慣れない靴がありました。
リビングに行くと母の他に、叔母さん(母の妹)とその息子のカズキがいました。
カズキは今年小6で、ものすごいデブ。
カズキは私に対しては軽く「こんにちは」と言うだけのくせに、私の後ろにいたユカに気づくと一気に表情が明るくなりました。
すぐ気がつきました。
明らかにカズキの視線がユカのFカップの胸で固定されていることに。
その日のユカは上はTシャツでしたが、前屈みにならなくても谷間が見えるほど大きく開いたデザインで、大きめの胸のせいでシルエット的にも強調された状態でした。

母に、「ほら、ユカちゃんを紹介してあげて!」と促されました。

嫌な予感がしましたが無視するわけにもいかず、「同じ大学のユカです」と、叔母とカズキに紹介しました。

次の瞬間、嫌な予感が的中しました。
ユカがお辞儀をした瞬間、ユカの胸を凝視していたカズキの目が見開きました。

(エロガキに大切なユカの胸の谷間とブラを見られてしまった・・・)

「初めまして!」

明るく挨拶するユカとは対照的に私の顔は渋い表情だったと思います。
しかし母と叔母の手前どうすることもできず、地獄の数秒間をただ耐えるしかありませんでした。
ですが、こんなのは序の口に過ぎなかったことを後で知らされることになりました。

ユカとはすでに親公認の仲になっていて、今日も泊まりの予定でした。
ただ叔母親子も泊まることになり、(ユカがあのクソガキに何かされたら困る!)とは思いましたが、「◯◯君の親戚の人と話ができるなんて、なんだか結婚したみたい!」と嬉しそうに話すユカを見ていると、帰れとは言えませんでした。
この時、帰していれば・・・。

夕食は5人で食べました(父は帰りが遅いです)。
カズキの正面がユカでした。
案の定、カズキはずっとユカの胸を見ていました。
肝心のユカは叔母がする私の子供の頃の話などを楽しそうに聞いていて、カズキのいやらしい視線に全く気づいていないようです。
カズキの態度に、私は食事を楽しむどころではありませんでした。

夕食が終わり、(やっとこの状態から解放される、早くユカと私の部屋に行こう)と思っていると母が、「カズ君、お風呂入ってきな!」と言いました。
すると、なんとカズキは、「おねーちゃん、一緒に入ろ!」と甘えた声で言い出しました。
さすがにこれはまずいと思い、「いや、ちょっと!」と言いましたが、母に「あんた、カズ君に妬いてるの?」と笑われ、ユカも「子供なんだから大丈夫だよ」と。
叔母は、「ごめんね~、ちょっとだけユカちゃんを貸してね」と。
その間もカズキはユカの手を引いて急かしていました。

さっき谷間やブラを見られただけで泣きそうになっていたのに・・・。

ユカの自慢の美巨乳を見られてしまう!
少し膨らんだエロい乳輪を見られてしまう!
綺麗な色の乳首を見られてしまう!
下の毛も、ワレメも見られてしまう!

考えるだけで気が狂いそうでしたが、叔母の気を悪くすることもできず、見送ることしか出来ませんでした。

2人が風呂から出てくるのを待っている間は全く落ち着きませんでした。
立ったり座ったりウロウロしたり。
変な汗をかき、震えも止まりませんでした。
脱衣所の近くまで行った時は、風呂場の扉、脱衣所の扉を越えても聞こえるほどのカズキの楽しそうな笑い声が耳に入り、思わずぶっ飛ばしたくなりました。
母と叔母は2人でテレビを観ながらビールを飲んでいました。

永遠にも感じられる地獄の時間が過ぎ、ちょうど脱衣所の前を歩いていたとき、風呂場の扉が開きました。

(やっと終わった)

安堵した瞬間、カズキの声が微かに聞こえました。

「おねーちゃんの・・・かった~」

扉越しだったのでよくは聞こえませんでしたが、それを聞いたユカがすかさず・・・。

「しっ!・・・誰にも言っちゃダメだよ」

と口止めしているのを聞いて、(カラダを見られた以上のことをされたな)と確信しました。
頭を殴られたようにクラッとなりましたが、2人が体を拭いている間になんとかバレずにリビングまで戻りました。

やがて2人も出てきました。
私は2人が何をやっていたのかどうしても知りたくて、ユカを呼び、私の部屋に行きました。

「さっきカズキの声が聞こえたけど、なんでそんなことをさせたの?」

私がカマをかけると、ユカは私に気づかれてしまったと観念したらしく謝ってきました。

「怒らないから何をしたか教えて」

ユカに告白させました。
風呂場では次のようなことが行なわれたそうです。

風呂場に入るなり、カズキ君が私のおっぱいに吸い付いてきた。
でもこの時は甘えてきただけと思った。
体を洗おうとした時にカズキ君が、「おねーちゃん、洗いっこしよう!」と言ってきた。
恥ずかしかったけど勢いに負けて洗いっこを始めると、おっぱいに顔をうずめたり強く揉んだり、子供とは思えないことをしだした。
不穏な空気を感じたので「ダメッ」って言うと、カズキ君は「ゴメンナサイ」と言って素直にやめてくれた。
そこからは普通に体を洗い、2人で湯船に浸かった。
向き合う形になり、顔が合うとカズキ君が、「さっきはゴメンナサイ。お詫びに肩叩きさをせて!」と言ってきた。
やっぱり悪気はなくて、ただ甘えたかっただけかなと思ったのと、向き合う形だと胸を見られて恥ずかしいので言う通りに背を向けた。
ところがカズキ君は肩叩きと言いながら肩を揉みだし、その手がだんだん背中、腋と移動して、とうとう胸を揉みだした。
拒絶しようとしたけど、乳首を摘まれたり指の腹で擦られたりして力が入らなかった。
そのうち後ろの方で、「クンクン、クンクン」という音が聞こえた。
カズキ君が私の髪の匂いを嗅いでいると気づいた時、ゾクッとした。
その時、お尻に違和感を覚えた。
カズキ君が勃起したアソコを押し付けていた。
やめさせなきゃ大変なことになると思ったけど・・・。

「おねーちゃんのせいでチンチンが痛くなった!」

いきなりカズキ君が大きめな声で怒りだした。

この時点で私は頭の血管がブチ切れそうになるほどに頭に来ていました。
これ以上聞きたくないという思いもありましたが、同時に私の知らないところでユカがエロいことをされているのが許せず、続きを聞きました。

大声を出されたり、変にお風呂が長引いたら◯◯君(私)に気づかれるし、将来親戚になるかもしれない子と険悪になっては良くないので、「どうすれば許してくれるの?」って聞いた。
するとカズキ君はやっぱりというか、「チンチンを気持ちよくして元に戻してよ」と言ってきた。
子供に見えてもう大人なんだと思ったけど、もう遅かった。
仕方なくカズキ君の方を向き、右手でアソコ握った。
カズキ君は、「あぁーー!」と気持ち良さそうな声を出した。
すごいカチコチになっていた。
子供だからすぐにイクかなと思ったけど、他人に触られるのに慣れてないのか、すぐには出なかった。
仕方ないと思って、カズキ君はおっぱいが好きそうだったし、早く終わらせたかったから・・・。

ここまで聞いたとき、私は死にたくなりました。

(まさか、カズキにしたのか?あのプレイを・・・。世界で私しかユカにしてもらったことのない、あのプレイを・・・)

私が何度もユカにやらせたことが裏目となり、男を悦ばせる手段として使ってしまったようです・・・。

早く終わらせたかったから、カズキ君の頭を胸元に引き寄せた。
するとカズキ君は理解したのか、私に体重を預けて乳首に吸い付いてきた。
お風呂の中だったけど少し重かった。
明らかに鼻息が荒くなり、興奮しているのが分かった。
アソコもさらに硬くなった。
すると1分もしないうちにカズキ君が、「おねーちゃん、出る!」と言った。
私は慌ててカズキ君を立たせて、洗い場の方へ向かせた。
カズキ君が「離さないで!」と言うので、また手で擦ると、ものすごい勢いで精子が飛び出た。
量が凄くて、ずっと出続けるのかと思ったほどだった。
カズキ君が落ち着いたところでシャワーで精子を流し、お風呂を出た。

これまでがユカの告白でした。
私の大事なユカの美巨乳を生で見ただけでなく、好き放題に揉み、吸い付き、エロい乳輪に汚い唾液を染み込ませながら射精したカズキへの嫉妬は最高潮になりました。
私は興奮を抑えきれなくなり、そのまま2人でラブホに行きました。
その日は一晩中ユカを抱きながら、もう二度とユカをカズキに会わせないと決意しました。

以上で終わりです。

タイトルとURLをコピーしました