旦那が留守になると僕を呼び出す24歳のセフレ妻

この体験談は約 5 分で読めます。

17日のお盆休み最終日の夜、マコさん(24歳、既婚)から電話が来ました。
お盆に帰省していた旦那さんが仕事のため出先に戻ったため、「遊びに来て」とのことでした。
お泊まりセットをカバンに詰め、待ってましたとばかりにダッシュでマコさんのもとへ行きました。

マンションのオートロックを外してもらい、エレベーターに乗りました。
今からご主人の留守宅を訪ね、奥さんの体内にお盆の間溜めていた精子を注ぎ込む。
考えただけで僕のチンチンはビンビンでした。
そして同時に訪れる罪悪感・・・。
セキュリティーシステムの監視カメラが僕を見ているようで妙に気になりました。
下着の中で勃起しているのがカメラに映らないようカバンで股間を隠し、マコさんの部屋へ行きました。

玄関のドアを開けてもらい、マコさん宅に初訪問。
玄関で抱き合って軽くキスをしました。
その時、勃起した僕のチンチンに気付いたマコさんは笑って・・・。

「タロちゃん、硬くなってる。でも、まだダメだよ」

そう言いながらキッチンに連れて行ってくれました。
僕としては後ろから襲いかかりたかったんですが・・・。

(サルじゃないんだから我慢我慢!)

一生懸命にチンチンを小さくしようと努めました。

僕が知っているマコさんはいつもジャージやジーパンがメインのラフなスタイル、そしてスッピンでした。
でも今日のマコさんは化粧をして、白いノースリーブのワンピースを着ていました。
そんな奥様のオーラを醸し出しているマコさんの後ろ姿を見ていたら、もう我慢できませんでした。
マコさんの後ろから抱きつき、首筋にキスして、勃起しているチンチンを服の上からマコさんのお尻の割れ目に擦り付けました。

マコ「タロちゃん、我慢できないの?しょうがないな~(笑)」

僕「だって今日のマコさん、すごく色っぽいから」

マコ「ウフフ、ありがとう!」

いっぱいの笑顔で僕にキスをしてくれました。
マコさんの方から舌を入れてきたので僕も応戦。
場所を夫婦の寝室に移しつつもキスはしっぱなし。

マコ「タロちゃん、キスが上手いね。感じるよ・・・」

僕「そうかな?僕だってマコさんのキスだけで出ちゃいそうだよ!」

マコ「まだダメ。タロちゃんのは大きいから準備が・・・」

ワンピースのスカートに手を入れて、パンティーの上からマンコを愛撫しました。
右手でマンコを愛撫、左手で胸を揉み、さらに激しく舌を絡ませ、早く濡れてもらおうと頑張りました。
5分ほど強弱を付けつつ愛撫を続け、マコさんが濡れてくる反応を確認しました。

「タロちゃん、気持ちいい・・・。でも服に染みがついちゃうから脱がして・・・」

そう言ってきたので服を脱がせてあげました。
その間もキスは続け、マコさんも僕の服を脱がせてくれました。
マコさんのマンコが濡れてきたので挿入しようとしました。

マコ「タロちゃん仰向けになって。舐めてあげる」

僕「えー。嬉しいけどもうマンコに入れたいよ!ダメ?」

マコ「タロちゃんが舐められて喘ぐのを見るのが好きなの!」

強引にフェラを始めました。
カリを舐め、裏スジを舌でなぞり、袋を口に含んでくれました。
その度に僕の口からは溜め息が漏れ、体もピクンと震え、チンチンはさらにカチカチになりました。

マコ「タロちゃん、気持ちいい?」

僕「うん、出ちゃいそう。マコさんのお口に出していい?」

マコ「今はダメ・・・。最初は・・・ねっ?」

マコさんに挿入を促されました。
正常位で挿入しようとすると、マコさんのアソコはかなり濡れてました。
グチュクギュチュと卑猥な音を立てての結合です。
一気に子宮口まで突いて亀頭をぶち当てました。

マコ「タロちゃん、気持ちいい!!奥が熱い!」

お悦びの様子。
キスをしながら腰を振り、乳首を指先で愛撫して、チンチンの先を子宮口にグリグリ。
僕の下では、いつもと違う人妻のマコさんが感じています。
もう僕のチンチンは限界でした。
それでもなんとかマコさんと一緒にイこうと正常位から女性上位に体位を変えて、マコさんに腰を振ってもらいました。

僕「マコさんのアソコ丸見えだよ。僕のチンチンが全部入ってる!チンチンがマコさんの液で光ってるよ!」

マコ「タロちゃんのバカ(笑)恥ずかしいじゃん!」

マコさんの腰の動きがさらに激しくなりました。

マコ「タロちゃん・・・。イク。マコ・・・イクよ!!」

僕「いいよ!僕も出るよ!出していい?」

お盆の間に溜めていた精子を思いっきり発射しました。
射精感を味わいつつ、旦那さんの留守中に夫婦のベッドで人妻のマコさんの子宮を汚しているという達成感と背徳感。
本当に気持ちいい中出しでした。

挿入したままキスをしているとまた大きくなってきたので2回戦に突入です。
マコさんが上で動くたびに1回目の精子が垂れてきます。
自分の精子を浴びる趣味はないので正常位に体位を変え、攻守交代。
子宮口付近を亀頭でグリグリすると感じてくれるのは確認済みなので、その行為をずっと続けてました。
髪を振り乱しながら喘ぐマコさん。
白い肌が汗ばみ、体温も若干上がってきたように感じられました。
なおも激しくグリグリしていると一度目よりも早く・・・。

「タロちゃん・・・またイク、イクイク!!」

激しく体を仰け反らして絶頂を迎えてくれました。
そのままぐったりしているマコさんの体をバック変え、激しく腰を動かしました。

「タロちゃん・・・すごいよ・・・激し過ぎ!」

大きな声で「アー」とか「イー」とか喘いでいます。
僕は僕でマコさんのお尻の間から結合部を見て興奮していました。
マコさんの白いお尻と僕のチンチン。
チンチンは赤黒くテカってます。
とても卑猥な光景でした。

「タロちゃん、またイッちゃう!」

マコさんはガクっと体を震わせ、3度目の絶頂を迎えてくれました。
僕も同時に2度目の射精。
バックのままマコさんのお尻を掴み、マコさんのマンコの一番深い所に精子を発射しました。
ドクドクっとチンチンから精子が出るたびにマコさんの体がビクビクっと震えました。

僕は2回目の射精が終わったあと、マコさんの子宮口にグリグリっとチン先を押しつけ、全てマコさんのマンコに出し終わったことを確認しました。
チンチンを引き抜くとマンコから精子がドローっと出てきました。
最初のドロッと濃い精子がシーツに落ちて、その後マコさんのアソコからマコさんの白い綺麗な足を伝う薄い精子。
卑猥な光景に僕のチンチンはまた復活しました。
マコさんはまだぐったりしてましたが、お尻を高く突き上げさせ、マンコにバックから3度目の突入。
突くたびにマコさんはビクッと体を震わせました。
感じているというよりはイキっぱなしといった感じでした。

案の定、「タロちゃん、もう限界!許して!」と言ってきました。

可哀想だったので激しく腰を振り、早目に3度目の射精。
今度もマコさんのお尻を掴んだまま一番奥へ。
そしてグリグリさせた後に終了しました。
ぐったりしているマコさんの顔にチンチンを持っていくとキレイに舐めてくれました。
それでまた復活したので、また入れようとしたら・・・。

「タロちゃん激しいから連チャンはもう無理。お口に出して・・・」

渋々了承してお口に。
チンチンを隅々まで5分ほど奉仕をさせ、最後はごっくんしてもらいました。

当分は旦那さんが留守のようなので、通い夫という不適切な関係を楽しませてもらおうと思っています。
今は18日の夜。
昨日頑張り過ぎたせいか連射は無理かもしれませんが、今から行ってきます!

タイトルとURLをコピーしました