彼女が隣に寝てるのに巨乳な女友達と朝まで何度も・前編

この体験談は約 9 分で読めます。

私の名前は秀人と言います。
これは私が大学生だった時の話です。
当時、私には『舞』という彼女がいました。
舞とは大学のキャンパスで知り合い、一緒にバカをやって楽しむ仲間内の関係から、成り行きで付き合っているといった関係でしたが、私もなかなか自分に正直になれずに、自然と彼女と一緒にいるといった間柄でした。

そんな舞との関係が1年ほど経とうとしていたとき、あるきっかけで仲良くなった女の子がいました。
名前は『さおり』といって、見た目は若い頃の小泉今日子似で、身長が150cmもないような小柄な女の子でしたが、胸が大変大きく、舞の小さな胸に比べるとまるで別世界のもののように見え、仲間内で一緒にいるときは、いつもさおりちゃんの胸を気にしている日々が続いていました。

そんなある日のことです。
その日は大学の講義が昼過ぎに終わり、時間を持て余して近くの喫茶店へ行き、これから何をして遊ぼうか相談をしているときでした。

さおり「暇やし、良かったら私の部屋に来たらええやん!みんなでトランプでもして遊ばへん?」

笑顔で喋るさおりちゃんの言葉には悪意などありません。
そればかりか、晩御飯もさおりちゃんが手料理をご馳走してくれるということだったので、私は彼女の舞と友人の仁と3人でさおりちゃんのマンションへ行くことになりました。
部屋に着くとトランプでババ抜きや七並べなどを楽しみました。
そして夕方になるとさおりちゃんの手料理を食べながら4人で談笑して過ごしていました。

やがて夜になると、みんなで仲良く寝ようというプランが出ました。
布団を敷いてその上で話をして、そして眠たくなった人は好きにその場で寝ていくという、いわゆるぶっちゃけトークといったものをすることになりました。
実はこのぶっちゃけトークは私たちの間では恒例行事であり、“日頃の悩みやお互いに思っている不満などを語り尽くす”というものでした。

しかし、ぶっちゃけトークを始めてすぐに仁が、日頃のバイト疲れが溜まっていたのか、「俺、もう眠たいわ」と寝てしまいました。
このとき起きていたのは私と舞とさおりちゃんの3人だけで、“男1人、女2人”というアンバランスな、今思えば少し変わった空間がそこにはありました。
3人になってもぶっちゃけ大会は続きます。
『どさくさ』という言葉がありますが、このときの私はまさにそれでした。

私「ごめん・・・前々から思ってたんやけど、さおりちゃんって胸デカいやんなぁ?いっつも遠くから見てて、大きいなぁって思っててな・・・いったい何カップあるん?」

私はぶっちゃけ大会を利用して、ここぞとばかりにさおりちゃんに質問をぶつけました。
その結果、分かってはいましたが、その場はぶっちゃけ大会ならぬ、“不穏な空気が流れる場”になってしまいました。

舞「あんた、何聞いてるん!」

時計が刻む秒針の音だけが嫌に耳につくほどに部屋が静まり返りました。
その空気を打ち破るかのようにさおりちゃんが口を開きます。

さおり「え?・・・えっと、確か前までDカップだったんだけど・・・この間、計ってもらったらEカップって言われて・・・」

それを聞いた私はビックリして、「えっ!Eカップ!!」と声を上げてしまいました。
どさくさに紛れて聞いた質問に、さおりちゃんは真面目に答えてくれたからです。
天真爛漫な性格な性格からでしょうか。
私はここぞとばかりに“自分の欲望”をさおりちゃんにぶつけてみることにしました。

私「・・・あのさ・・・1回でいいから触らせてもらえへんかなぁ?」

それを聞いた舞がすかさずこう言います。

舞「ええ~!嫌やってぇ!絶対あかんってぇ~!」

自分の彼氏が女友達であるさおりちゃんの胸を触りたがっていることに怒るのは当然です。
しかし私はこのときばかりは、さおりちゃんの胸を触りたい一心で舞の存在を忘れていました。

舞「何考えてるん!!・・・あんた、アホちゃう!」

舞の言葉に私は、もう少しで手に届く物を目の前で取り上げられる気持ちでいっぱいになりました。
しかし、もうここでさおりちゃんの胸を触れなかったら、もう二度とこんなチャンスはやってこない気がして、(さおりちゃんの胸を触りたい!)という欲望を抑えることが出来ませんでした。

私「いやっ、ほんまに!・・・ちょっとだけやから・・・」

私は音が出るくらい手を擦り合わせて懇願しました。
そして何度も何度も、「この通りです・・・お願いします」と連呼しました。
すると・・・。

さおり「くすっ・・・うん。別にかまへんよ」

信じられないことに、さおりちゃんは私の要望に答えてくれました。

私「本当に?やった!」

暗闇の中で素直に喜ぶ私を横に座っていた舞がすかさず止めに入ります。

舞「ちょ、ちょっとちょっと・・・待ってよ!」

そう言いながら舞は暗闇の中でしきりに私の腕を掴み、離そうとしません。
そればかりか私の腕を揺すって何かを訴えかけているようでした。

さおり「舞ちゃん!・・・大丈夫やから・・・暗い部屋やし、見えないから・・・ね!・・・ほらっ!それに遊びやし(笑)」

さおりちゃんの小さい声は暗く静かな空間にそっと広がるように聞こます。

舞「あかんって!・・・絶対に嫌だよ!やめようよ。嫌やってぇ!ねえってば・・・」

それに対して暗闇の中で聞こえる舞の言葉には心なしか力が無いように思えました。

さおり「ええよ・・・別に。暗闇の中やし・・・触るだけやろ?(笑)別に遊びやからかまへんよ。・・・秀人君?手ぇ貸して」

そう言うとさおりちゃんは暗闇の中で私の手をそっと持ち上げてくれました。
そしてゆっくりと私の手のひらに温かいモノを当ててくれます。
それは紛れもなく、さおりちゃんの胸のようでした。
暗闇の中で私が触ったさおりちゃんの胸はとても弾力性があって、舞の胸とは触り心地が全く違って、まさにおっぱいという感じがしました。

私「じゃあ・・・ちょっとだけ・・・ごめんね・・・」

そう言うと私はさおりちゃんの胸を服の上からそっと手を乗せるように触ります。

私「うわっ・・・ほんまにデカい!!!」

それは本当に大きく、ちょうどいい大きさのモノに思えました。

舞「すみませんねぇ・・・小さくて」

舞が横から割って入ります。
それを聞いて黙りこんでしまった私を察知してか、さおりちゃんはただ笑っているようでした。

私「ねえ・・・今、暗闇だから・・・見えないよね?・・・だから・・・だからさっ、その・・・服の上からじゃなくて・・・生で・・・」

舞「あかんっ!!!!!」

私が喋っている最中に、また舞が割って入ります。
このときばかりは暗闇の中でしたが、鬼の形相が浮かび上がってくるようでした。

さおり「舞ちゃん、暗闇やし・・・別にええよ(笑)」

さおりちゃんがそう言うと、舞だけでなく私も言葉を失ったように沈黙の時間が何秒か続きます。

さおり「・・・秀人君・・・いいよ・・・触ってみる?」

願ってもないさおりちゃんからの返事でした。
そして沈黙を破るかのようにさおりちゃんは続けます。

さおり「・・・どうしたらええかなぁ?」

私「・・・えっと、じゃあ服・・・脱いでくれる?」

さおり「うん。分かった・・・ちょっと待ってね。今、服・・・脱ぐから」

ゴソゴソと服を脱ぐ音がします。
私と舞は黙ったまま、その沈黙の中でさおりちゃんは何やら服を脱ぐ作業をしているのがわかりました。
この時、私の鼓動は速く鳴りはじめましたが、さすがにこのときばかりはその音を沈めさせることを忘れて、ただただその場の空気をやり過ごすのが精一杯でした。

さおり「・・・えっと・・・ブラも?」

またまた願ってもないさおりちゃんからの言葉でした。

私「・・・うん・・・お願いします・・・」

私が即答すると、たまりかねたように舞が、「もうちょっと・・・ヤメ」と入ってこようとしますが私もムキになって、「大丈夫!!遊びやから!」と言って舞を説得しました。
私が舞とそんな問答をしているのをよそにさおりちゃんはクスクスと笑いながらまたゴソゴソと動きます。

舞「・・・うん。じゃあいいよ・・・秀人君、はい。どうぞ・・・」

電気が点いてない暗闇の中で、さおりちゃんは私の指示通りに言われるがままにブラを外した合図でした。

私「じゃあほんとに、ちょっとやからね・・・うわっ!!・・・ほんと・・・凄いね・・・柔らかい!」

そう言うと私はさおりちゃんの胸を鷲掴みにしました。
さおりちゃんのおっぱいは私の手のひらに収まりきれないほどの大きさでしたが、触った感じからして、“お椀型”であることが分かります。
暗闇の中でしたが、さおりちゃんの胸を触り続けていると、次第に呼吸が吐息にも似た息遣いに変わってきていることがわかりました。

さおり「・・・ン・・・ン・・・ン・・・」

舞「ねえ!・・・もうやめよう!」

私「もうちょっとだけ・・・」

このとき私は興奮に身を震わせていました。
いつもは遠くから見ているだけのさおりちゃんの大きな胸を、今は“我が物”のように弄んでいたいたからです。
胸を少しだけ触るつもりが、手を少し動かすだけで何度もさおりちゃんの乳首であろう箇所に当たっているのが分かります。
その度にさおりちゃんの口から、「ァァァァ・・・」と小さい吐息混じりの声が聞こえてきました。
私の中で悪魔が囁きます。

(この暗闇の中でのことは誰にも知られない)

そう思いながらさおりちゃんの胸を触っているときでした。
誰かの手が私の股間を触ってきました。
一瞬、さおりちゃんかと期待しましたが・・・。

舞「あんた、勃ってるやん!!!」

一瞬でその手が舞のものだとわかると、その場が私の恥じらいで染められる空気になってしまいました。
ゲラゲラと笑う舞とさおりちゃん。

私「そりゃあ勃つわ!!」

「勃ってますけど何か?」と言わんばかりの誤魔化しに、また笑い声が響き渡りました。

さおり「ほんまに勃ってるの?(笑)」

なんとさおりちゃんがそう言うと、横からの舞の手とは別に、前に座っているさおりちゃんの方から私の股間にもう一つの手がやって来ました。

さおり「うわっ!ほんまや(笑)」

それはさおりちゃんが私の股間を触った証拠でした。
この時の私は、(もっと何かしてもらいたい)という願望が出てきました。

私「いや、でもそんなに勃ってないよ」

舞「勃ってるって!」

私「勃ってないって!」

私はそう言うと、暗闇の中で立ち上がり、ズボンを一気に下ろしました。

舞「何してるん?」

私「勃ってない証拠、見せたるねん!」

私は暗闇の中でパンツ一枚になると、その場でまたあぐらをかきました。
勃ってない証拠を見せると言いましたが、さおりちゃんのおっぱいを触って勃起していることは間違いありませんでした。
しかしこの時の私は、何かしらの進展が起こることを期待していました。
そして私は、その次なる進展をさおりちゃんに突きつけました。

私「ねえ・・・今度は人差し指がどこまで入るか試していいかな?」

舞「・・・はい。もうおしまい」

呆れたように舞は不満をぶつけてきました。

私「遊びだから!」

舞「何で標準語やねん!」

また舞と問答が始まろうとした時でした。

さおり「・・・うん・・・いいよ」

さおりちゃんはそう言うと、「じゃあ・・・指出して」と自分の胸に私の指をそっと押し当ててくれました。

私「うわっ!凄い・・・まだ入る・・・まだ入る・・・」

私は暗闇の中でさおりちゃんの胸に指を押し当てているのに集中しました。
さおりちゃんの弾力のあるおっぱいに、私の指がどんどん埋まっていくのが分かります。
そして沈黙の中で、さおりちゃんの何かに耐えるよう息遣いが聞こえてきます。
さおりちゃんは感じているようでした。

さおり「・・・ン・・・ン・・・ン・・・ン・・・」

私「・・・」

さおり「・・・ごめん。もう痛い」

しかし私には次なる欲求がやってきました。

私「ねぇ、さおりちゃん?・・・おっぱいに顔を埋めていいかなぁ?・・・ほら、ドラゴンボールの亀仙人がブルマにしてたパフパフ・・・あれがしたい・・・」

舞がすかさず私の肩を叩きました。

舞「あかんに決まってるやろぉ!!」

舞の怒号に似たその言葉には、「もうやめて!」という気持ちが強くこもっていました。

私「仁が起きるやろ!静かにしろや!」

暗闇の中でさおりちゃんは私の後頭部に手をそっと回してきます。
そしてそのまま私の顔が下げられました。
顔に何か柔らかいものが押し付けられます。

さおり「・・・これでええの?」

さおりちゃんは優しく私の顔をそっと自分の胸に押し当ててくれました。
その感触は顔全体に広がるようにとても温かく、優しい感触でした。
暗闇の中で私はもう一つの感触に気づきました。
顔に何やら固い物が当たります。
それは紛れもなくさおりちゃんの乳首でした。

(この暗闇の中でのことは誰にも知られない)

私はそっとさおりちゃんの乳首を口で咥えました。

さおり「・・・キャッ!」

暗闇の中でさおりちゃんがビックリしたように声を上げます。
するとその声を聞いた舞がすかさず私の肩に手を置きました。

舞「なぁ!今、何したん!?」

私の中で(ヤバい!怒られる!)と思いましたが、さおりちゃんは信じられないことに舞をなだめてくれました。

さおり「舞ちゃん、何でもないよ・・・ちょっとビックリしただけやから(笑)」

今、暗闇の中で行なわれていることは、私とさおりちゃんしか分かりません。
私はまたさおりちゃんの乳首を舐めました。

さおりちゃん「!!!」

さおりちゃんの身体が少しだけ動くのがわかりました。
そしてゆっくりと、お尻の位置を変えるように座り直すのがわかります。
私はしめたと言わんばかりにさおりちゃんの身体が動く方に首を動かしました。
暗闇の中で私とさおりちゃんだけの鬼ごっこが始まりました。

さおり「ア・・・ッッッッ・・・!!!」

さおりちゃんがまた声を上げたときでした。

舞「・・・ねえ・・・もう・・・もう・・・やめよぉうよぉぉ・・・」

舞の泣き声にも似た声を聞き、私は我に返ったようにさおりちゃんの乳首から口を離しました。
舞の肩を抱き締めて、「もうせえへんから・・・」となだめて舞にキスをしました。

さおり「舞ちゃん・・・ごめんね」

舞「うん。・・・いいよ」

私も2人に謝りました。

さおり「うん・・・じゃあ、みんな寝よっか」

また私たちの中に『友達関係』という四文字が戻ってきました。

「おやすみ」という言葉に、また明日から始まる大学生活を思いながら眠りに就きました。

・・・しかし、この時のことはそれだけでは終わりませんでした。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました