初エッチで玉袋までベロ舐めしてくれた後輩OL

この体験談は約 5 分で読めます。

<当時のスペック>
N美:26歳、バツイチ(娘1)、入社半年。
俺:35歳、既婚、入社8年目。

日帰りの出張に社員4人で出かけ(女はN美だけ)、夜21時頃に解散した直後、突然N美からメールが。
今まで彼女とは仕事の連絡で数回しかメールしたことがなかった。

『私、◯◯さんのことが好きです(^-^)』

いきなりの告白にドキッとして返信に戸惑っていたら、『やっぱり迷惑ですよね』とメールが来た。
俺は、『凄く嬉しいよ。よかったら今から戻るから会う?』と返信。
何回かメールのやりとりをした後、スーパーの駐車場で待ち合わせの約束。

N美は大人しい感じで、仕事は黙々ときっちりこなすタイプ。
後ろから見ると制服のスカートから伸びる足がスラリとしていて、なかなかスタイルはいい。
お恥ずかしいが、何度かオカズにしたことはあった。

俺の車に彼女が乗り込んできて、「お疲れさま」などと、とりとめのない会話をしながらドライブ。
俺と彼女の家は50キロくらい離れていて、会社はその真ん中くらいの位置。
ドライブは彼女の家の地域だったので、夜で地理が不案内な俺は、ちょっとだけ下心を燃やしながら国道から脇道へ。
旧国道の峠道であろう道を走る。
周りは真っ暗で明かりは車のヘッドライトだけ。
少し広くなった所に車を停めて、事前に買っておいた缶コーヒーを彼女に渡した。
そして他愛のない会話の続き。

「もう仕事は慣れた?」とか「どうして離婚したの?」など。

やがて沈黙が訪れ、俺は左手を彼女の首筋に持っていき、軽く引き寄せてみた。
拒否られるかと思ったけど、彼女は急に積極的に両腕を俺の首に巻きつけて、激しいキスを求めてきた。
互いの舌を絡ませ、チューチューと舌を吸い合い、歯茎を舐め回す。
彼女と初めてのキスなのに・・・。

俺は彼女の助手席をゆっくり倒した。
抱き合いながら彼女のブラウスを巻りあげて手探りでブラをずらし、ゆっくりと胸を揉み、乳首を吸う。

「ンンックーッアーン」

彼女の息がだんだん荒くなってきた。
チュパチュパと少し汗ばんだ左右の乳首を交互に吸いながらスカートを捲り、パンティの横から指を入れた。
陰毛を掻き分けてクリを見つけ、湿った彼女のアソコを軽く刺激した。
そして彼女の手を俺のチンコへ誘導した。
すると片手で器用にベルトを外し(さすが元人妻!)、勃起したチンコを上手に取り出すと、緩急をつけながら扱いてくれた。

今度は彼女を起こして運転席の俺の方へ抱き寄せ、彼女の頭を無言でチンコの方へ誘導してフェラをお願いした。
はじめは舌先でチロチロと亀頭の先端部分を確かめるように舐め、やがてジュルジュルとチンコを頬張って頭を上下させる。
そして裏筋に舌を何度も往復させると、さらには玉袋までジュルジュルと丁寧に舐めてくれた。
車内は薄暗いため動きはよく見えないが、そのぶんN美の舌の感覚に意識が集中して、官能の世界へと導かれた。

(意外とエロいなぁ、フェラが好きなのかなぁ)

そんなことを思いながら俺は堪らなくなり、「イッていい?」と尋ねると・・・。

「自分だけ気持ちが良くなるのはズルい(笑)」

このまま車でとも思ったけど、彼女の裸を明るい所で見たくなり、「近くにホテルはある?」と聞いた。

カウパー汁とN美の唾液で湿ったズボンを元に戻し、彼女の誘導でラブホへ向かった。

「この辺り、私の家が近いんですよね・・・」の発言に(親と同居)一瞬引き返そうかと思ったが、今さら収まりはつかない。

適当に部屋を選んで中へ。
ドアを閉めると、会話もなく、さっきの抱擁の続きから。
立ったまま耳や首筋に舌を這わしながら彼女の衣服を脱がしていった。
パンティの横から手を入れるとアソコはもう大洪水。
そのままベッドへ押し倒してパンティを脱がすとアソコから愛液が糸を引いている。
両足を大きく開かせてヌラヌラしたN美のアソコを眺め、舌でクリを刺激したり、指2本をアソコの穴の中に入れて振動させた。

「アンアンアン・・・」

口を大きく開き、息がだんだん荒くなってきた。
手はシーツをぎゅっと握り締め、懸命にこらえている。
見慣れた制服姿ではなく、全裸でベッドに横たわっているN美。
職場では大人しそうに見えるのに・・・なんてエロい姿・・・。
そのギャップに興奮した。

彼女の手が俺の手を掴み、「お願い、もう入れて」と懇願する。
俺は無視してアソコとオッパイの愛撫を続ける。

「お願い、早く、お願い!」

何度も声を荒げるN美。

俺「何のお願い?どうして欲しいの?」

彼女「入れて」

俺「何を?」

彼女「これ」

そう言って俺のチンコを握る。

俺「言葉で言わないと判らないよ」

彼女「・・・」

俺「何をどこにどうして欲しいの?」

彼女「◯◯さんの太くて硬いオチンチンをN美のオマンコに入れてください!!!」

俺はゴムをチンコに被せ、足を高く持ち上げて彼女の中に入っていった。
彼女は俺の腰に脚を絡ませ、腰を大きくグラインドさせる。
推定Cカップを揺らしながらアソコはチンコに突かれてクチュクチュ鳴っている。

「イーッイーッイクー!」

動きが激しすぎてチンコが抜ける。

「アン♪・・・抜けちゃったぁ。まだ抜いちゃダメ~、早く入れて」

なんて素敵なんだ。
俺はそっとN美の肩を抱えるように持ち上げ、そのまま対面座位に持っていく。
濃厚なキスをしながらN美は激しく腰を振る。
彼女は余程久しぶりだったのか(1年くらい彼氏はいないと聞いていた)、生まれつきエッチなのか、自分の腰を俺の腰にパンパンと打ち付ける。
アソコから愛液がトロトロと溢れるのがチンコに伝わってきた。
2人の身体の間に独特の女の匂いが立ちこめてくる。
そろそろ限界が近づいてきた。
俺はN美を寝かせて正常位に戻り、最後は深い律動を繰り返して彼女の中で果てた。

互いにハーハーと肩で息をしながら見つめ合って、またキスをした。
落ち着いてきてチンコが萎えてきたので・・・。

俺「これ(ゴム)外してくれる?」

彼女「やったことないよ・・・でもしてみようか?」

俺「じゃあ自分で外すよ。その後で綺麗にしてくれる?」

彼女「いいよ」

彼女は丁寧なお掃除フェラをしてくれた。
とても嬉しかった。
そして2人でお風呂に入り、出てから2回戦。
正常位→女性上位→バック→発射。
もう少し一緒にいたい気分だったが、彼女は同居なので1時間ほどで退室。

彼女を送ったあと、(こんな関係、やばいかな・・・)と複雑な心境に。
それを察したかのように彼女からのメール。

『家に着きました。まだ帰宅中ですよね?今日はこんな事になってごめんなさい。でも嬉しかったです。◯◯さんのことがますます好きになりました。でも同じ会社だし、もう無理ですよね。今日のこと後悔してますか?』

みたいな内容だった。

『前から2人でゆっくり話したいと思っていたよ。でも最初から刺激的なことになってしまったね。後悔はしていないよ。でも明日、会社で会うのは少し照れるかな?』

俺はそう返した。
日々は過ぎて、彼女の俺の呼び方も、名字にさん付けから、名前にちゃん付けに変化していった。
しかし月に2~3回くらい会社帰りに待ち合わせてホテルへ行く程度。
彼女には幼い娘がいるので、あまり長居はできない。
いつも1時間ほどだ。

以前、N美に「私、◯◯ちゃんのおもちゃでいいから大切にしてね」と言われたことがある。

俺は調子に乗って、社内で2人だけの時にフェラ(→口内発射)、ローターやバイブなどの玩具プレイやハメ撮り、露出にアナルセックスもした。
身体の相性も良かったし、会話も合った。
最初は火遊びのつもりだったが、割り切れなくなってしまう自分がいた。

(うちのリビングにN美が立ったらどんな感じなんだろう?)とか、同時に(もしも不倫がバレたら・・・)という恐さや後ろめたさ。

結局、1年ほどで関係は終わった。
N美に好きな男ができたからだ。
冷静に考えると、(妻子がいるのに何やってるんだろ・・・)と思う。
しかし、不倫だけど、独身時代に戻った気分で、N美との恋愛を純粋に楽しんでいたことも事実だ。

タイトルとURLをコピーしました