若い男性社員にアナル処女を奪われました

この体験談は約 3 分で読めます。

自分がスケベだと気づいたのは30歳を越えてからでした。
私は結婚して子供もいる人妻OLです。
いつの間にか30歳を過ぎ、営業部に若い社員も増えて、私は年下の男性社員からは子持ちのオバサンだと思われているんだろうなと思っていたんです。
若い男性社員にとっては自分みたいな人妻は恋愛対象外なんだろうなーって、私も年を取ったんだなーって、ちょっと寂しい気持ちでいたんです。

でも、先日会社の飲み会の席で新入社員の子達にこんな事を言われたんです。

「恵さんって色っぽいですよねぇ、すっごいセクシーです」
「ホント美人だし、旦那さんが羨ましい」
「そうそう、この身体を旦那さんは毎晩・・・うわ、やべぇ、想像しただけでイキそう!」

びっくりしました。
まさかアラサーで人妻の私が年下君達からそんな風に見られていたなんて。
恥ずかしいやらドキドキするやらで顔が熱くなっているのが自分でも分かりました。

「恵さん、俺達に隙を見せたらヤバイっすよ、犯られちゃいますから(笑)」

話はどんどんエスカレートしていきます。
ちょっとマズイかなぁと思いながらも、久しぶりに男性にチヤホヤされて悪い気分ではなかった私は・・・。

「え、何?私、みんなに犯られちゃうの?」

なんて笑いながら言いました。

「ええ、そりゃあもう大変なことになりますよ」
「身体中を玩具にされちゃっても知りませんよ」

彼らも調子に乗って私にいやらしいことを言ってきます。

「玩具って、どんな風に?」

興味本意で続きを尋ねる私。
そんな私の周りには若い男の子ばかり5人くらいの壁が出来ていました。

「そうっすねぇ、まずは会社の制服を着たまま、そのエッチな唇で全員のチンチンを奉仕でもしてもらいましょうか。両手は後ろで縛ってね」

「跪いた恵さんの口に無理やりねじ込んで、ジュポジュポ音がするほど激しく腰を振って調教してあげますよ」

「俺はしゃぶってる恵さんの後ろからブラウスを引き裂いて、大きなおっぱいを揉んで犯してあげますよ」

「それじゃあ俺はタイトスカート捲り上げて、恵さんの敏感な部分を指で悪戯しちゃいます。クチュクチュってエッチな音を出してね」

「全員のチンチンをしゃぶり終わったら、恵さんを四つん這いにして、バックからぶち込んで輪姦ですからね」

「もちろん手や口も休ませませんよ。左右の手に1本ずつ握らせて、口にもちゃんとチンチンを咥えさせます」

「俺、後ろの穴にも興味があるんだよなぁ。恵さん、そっちにも挿れちゃってもいいっすよね?」

もうメチャクチャなハードセックス。
想像の中とはいえ、私は年下の男性社員に集団レイプされている気分。
その後も、SMみたいに拘束されて犯されたり、イラマチオで出された精液を無理やり飲まされたり、お尻にバイブを挿入されたり、アナルプラグで肛門拡張されたり・・・。
私、かなり興奮しちゃって、若い男の子の中で一番タイプの顔をしている1人を誘って、ラブホでエッチしちゃったんです。
私を縛ってアナルプラグで肛門拡張するって言っていた彼で、執拗に私のアナルを責めてきて、「今度、本当にアナルプラグを用意してあげますよ」って、バックで私を恥辱しながら耳元で囁いてくるんです。

その時、(私ってスケベなM女なんだ!)って気づいたんです。
年下の彼に犯されているのが凄く気持ちよくて、まるで淫乱女みたいに何度も絶叫して果ててしまったんです。
それから数度、彼と身体を重ね、実際にローションや浣腸、そしてアナルプラグを使って拡張されて、アナル処女を奪われちゃいました。
彼とセックスしていると、自分がどんどん淫らになっていくのがわかるんです。

「今度、みんなで乱交しましょうよ」

彼に誘われているんですが・・・。
でも、乱交の一線を越えたら、もうエロスの淫靡な世界から戻れなくなるような気がして・・・怖いんです。
もし本当にしちゃったら、子供と夫の顔が見れなくなっちゃうような気がして。
でも想像するとアソコがムズムズして・・・乱交をしてみたくなるんです。
きっと私は戸惑いながらも、近いうちに年下男性社員と乱交しちゃうと思います。

タイトルとURLをコピーしました