上司の愛人に筆おろしされてしまった

この体験談は約 8 分で読めます。

これは俺が結婚する数年前、たぶん20代半ばのこと。
大学を卒業して就職、それから数年、職場では人事異動も結構あり、新しい課長代理が来た。
その人は体つきも貫禄があったんだけど、性格や私生活もなかなか豪快な人で、愛人が何人かいたようだった。
ケータイを3台も持っていて、愛人ごとに使い分けてたんだと思う。
今回はその中の1人、M子さんとのことを書きます。

ある頃から、遅番で帰るときに課長代理の愛人が迎えに来るようになった。
その職場にはみんな車で通勤してたんだけど、俺と課長代理と愛人(M子さん)の3人は同じ方向なので、よく車3台で連なって走ってた。
M子さんはいつも愛想が良くて、俺もすぐに親近感を持って話せるようになった。
彼女は俺に対してもニコニコと「Kちゃん、お疲れー^^」みたいにしてくれて、そしてなぜかいつも潤んだような目をしていた。
俺よりは年上で、たぶん当時30歳くらいだったんじゃないかな。
女性経験なんてほとんどなかった俺は、明るくて優しくて、そして少し妖艶さを感じるお姉さん的な存在のM子さんに、ほのかに惹かれていた。
ちなみに課長代理から、「この前、M子にフェラしてもらった」とか話されて、結構刺激を受けてたし。

ある日、いつものように3台の車で夜の道を帰ってたんだけど、課長代理は用事があるのか、「じゃあなー」て感じで合図してどっかに行っちゃった。
それで前が俺、後ろがM子さんという並びでしばらく走ったんだけど、俺が右に曲がって別れるはずだったのに、なぜかM子さんも曲がって俺について来たんだよね。

(あれ?)

そう思ってすぐに車を左に寄せて止まったら、M子さんも止まって降りてきて・・・。

「Kちゃん、時間ある?良かったら少しどっか寄っていかない?」

俺としては別に用事もないし、憧れのM子さんと2人きりの時間なんて初めてだから二つ返事でOKした。

「じゃあ適当に走って、良さげな所があったら入るからついて来て!」

俺たちが入ったのは喫茶店だった。
テーブルに座ってコーヒーを飲みながら彼女が話したのは、課長代理のことが好きで仕方ないという感じの話がメインだったと思う。
まぁダブル不倫ってやつだけど、そういうのって萌えちゃうんだよね、きっと。

で、そのうち、「Kちゃんは彼女とエッチしてるんでしょ?」みたいな話になってきた。
俺には彼女はいたんだけど、「結婚するまではダメ!」っていう古風な彼女だったんで、「いや、そういうのはしてないんだ。俺、童貞なんですよw」って正直に言った。

「え?ほんとに?」

「うん。だから女の人のあそことかもよくわからないくらい」

「そうなんだぁ・・・。なんだか可哀想」

って感じの流れになってきた。
そしたらM子さんがドキっとするようなこと言い始めた。

「じゃあさ、Kちゃん、女の人のあそこって穴が3つあるのは知ってる?」

「え?3つ?3つってどれとどれ?」

「んとぉ、肛門と~、おしっこが出る穴と~」

「うんうん」

「で、おちんちんが入る穴。ね、わかる^^?」

可愛らしい潤んだ目で俺を見つめながら言うもんだから、俺は内心興奮してきた。
憧れのM子さんの口から「おちんちん」とか言われて、もうパンツの中では一気にペニスが勃起して痛いくらいになってた。

「あ、えーと、一応わかる・・・かな。うん」

俺がしどろもどろに答えてたら、「んとね~」と言いながらM子さんがテーブルの上に指で絵を描きながら説明を始めた。

「お尻の穴がこう、ここにあるとしたら、こういう風に大陰唇があって、ここが小陰唇でしょ、ここが膣ね、で、クリトリスがここ・・・」

向かい合って顔を近づけて話していたから、M子さんのいい香りとたまに俺の顔に触れるM子さんの髪にゾクッとする。
そこで俺は馬鹿な質問をした。

「ねえ、M子さんは、この絵でいうとどこが感じるの?」

すると彼女は少し照れたように、「えぇ?んと、そうだなぁ・・・全部気持ちいいよー。でも特に、こことかここかな」と、クリトリスと膣を指差した。

「へぇ・・・クリトリスと、おまんこの穴が感じるんだ?」

俺はつぶやきながら、はち切れそうなくらい痛くなったペニスの位置を直そうと思って、腰をずらしながらジーンズの上から直してたらM子さんにばれた。

「あれ?Kちゃん、勃っちゃったの?」

「え?あ、・・・うん、だって刺激の強い話だし」

「すごーい!話しだけで硬くなっちゃうんだ・・・どれどれ?」

そう言ってM子さんはわざわざ隣に座って俺の股間を凝視し始めた。

「うわっ、すごい・・・ジーパンの上からでもわかるくらいガッチガチじゃん・・・うわぁ、硬そう!」

俺は見られて興奮するタイプかもしれないw
勃起が止まらなくて、しかも時々びくんとか動いちゃってる。
M子さんは、「なんか可愛いなぁ」とか言いながら向かい側の席に戻った。

「ねぇ、Kちゃん。Kちゃんはいつも1人でしてるんでしょう?彼女のこと考えながらしてるの?」

「んー、どっちかつーと、M子さんのこととか想像しながらしてたりして」

これは正直、本当にそうだったので素直に言った。

「え?あたし?」

「うん」

「そうなんだ・・・ふーん」

(あれ?なんか気まずくなっちゃったかな?)と不安になった。

しばしの沈黙のあとでM子さんは言った。

「ね、Kちゃん。あたしで良ければ、あそこ見せてあげよっか?」

(な、何を言い出すんだ。上司の愛人とその部下という関係なのに、そんなのありか?)

そう思ったが、気づけば、「え?いいの?まじすか」と答えていた。

「んー、なんかさ、今のうちに女の人の構造って言うの、知っておいた方がいいと思うのよね。これも勉強よw」

彼女はちょっと照れ笑いしながら言った。
で、近くのホテルを探して入ろうということになった。
ホテルの部屋に入ると、1日の疲れもあって、とりあえず2人でベッドに仰向けに倒れ込んだ。

「はぁ~・・・」とため息をつく2人。
なんとなく見つめ合って笑っちゃった。

「ね、見る?」

M子さんから言ってきた。

「う、うん。見たい」

「オッケー。なんか改まると恥ずかしい気もするけど」

などと言いながら彼女はベッドの上に座り直し・・・。

「Kちゃんはあたしの前に来て」

そう言いながら柔らかそうなフレアスカートを少し捲り上げ、パンティをゆっくり下ろし始めた。
その姿を見ているだけで俺のペニスは再びギンギンに勃起してきた。
パンティを脱ぎ終わるとM子さんはM字開脚の格好で座り、スカートを捲った。
目の前に現れた、女性の秘部。
エロ本くらいでしか見たことのない(当時はネットで自由にまんこを見られる時代じゃなかった)、しかもずっと惹かれていたM子さんのおまんこ、そしてアナルまでが目の前にある・・・。
俺は硬く勃起したペニスにジーンズの上から擦りながら、M子さんのおまんこを凝視していた。
M子さんは自分の指でおまんこを広げて言った。

「んぅぅ、恥ずかしいな、やっぱり。いい、いくよ?これがお尻の穴ね、それはわかるかwで、ここが少しぷっくりしてるのわかる?これがクリトリスね」

そう言いながら、もう片方の手の指の腹で、その豆のような突起をツンツンと触っている。
部屋が明るいままだったのでよく見えたんだけど、彼女のおまんこはもうすでに全体的に濡れているようで、そのツンツンしてる指とクリトリスの間に糸を引いている。
俺は、「うん、すごい」とか言っていたが、内心もう気が狂いそうになってたw

「で、ここが膣ね。ここにおちんちんを入れてセックスするんだからね」

そう言うとM子さんは、自分の中指をゆっくり膣に挿入し始めた。
妖艶な表情をしながら、「んっ」て小さく呻いている。
やっぱりもう相当濡れてるみたいで、静かな部屋に、くちゅっ・・・ぬちゅ・・・といういやらしい音が響いた。

「あぁ、すごいよ、M子さん」

俺は彼女のおまんこに顔を近づけて凝視した。
女のいやらしい匂いがしていた。
俺はそのとき、ジーンズの上からパンパンになったペニスを握ってたんだけど、絶対に先っぽからは先走り汁が大量に滲んでたと思うw
それに気づいてか・・・。

「ん・・・ねぇ・・・またおちんちん硬くなっちゃってるの?」

M子さんがトロ~ンとした目つきで言った。

「ね、Kちゃんもパンツ脱いでいいよ」

この言葉を待っていたかのように、すぐに俺はジーンズとパンツを下ろした。
ほんとにもうガッチガチに勃起してたから、パンツから解放された瞬間、勢いよくペニスが跳ね上がり、腹に当たってペシッ!と鳴ったw
M子さんは一瞬手の動きを止め、目を見開いて、「うわ、すごいぃ」とか「おっきいよ、おちんちん」とか言ってた。

「そうかな?」

「うん・・・逞しいし、硬いし、パンパンに張ってるし・・・美味しそう。ふふ」

俺が何と言っていいか分からずに黙ってると・・・。

「ねぇ、それ、触っていい?あたしのも触っていいから」

そう言いながらベッドの上に並んで腰掛けるように俺を誘導して、柔らかい手のひらで上を向いたペニスを優しく包み込んだ。
それだけで猛烈に気持ち良くて、「んはあっぁ」と情けない声を漏らしてしまったw

「んふふ、気持ちいい?」

M子さんはペニスを逆手に持ち替えてゆっくり上下に動かし始める。
そんな大人の女性の攻撃に酔いながらも、彼女の濡れたおまんこに触れたくて、中指の腹でヌラヌラと光るヴァギナを上下に擦った。

「んん!い・・・い・・・んぁ」

恍惚の呻きをあげるM子さん。
俺なんかのぎこちない指使いでも、こんなに感じてグチュグチュになってくれるんだなあって、急に愛おしくなってきた。

少ししたらM子さんは、「んん・・・Kちゃんのおちんちん欲しいよぅ」と言って俺の前にしゃがみ、張り詰めたペニスに頬ずりしてきた。
先っぽから出たカウパーが彼女の頬についてヌラヌラと光っていた。
彼女の頬と手のひらに挟まれて、ビクンビクンとペニスが脈打ってた。

いきなり彼女の唇が亀頭を咥え込んだ。
思わず、「んはっ!んうぅ」と唸ってしまった。
K子さんの口の中はものすごく温かく、ねっとりとした舌の感触と、俺のペニスを咥えている絵に興奮して、一気に射精欲が高まってきた。

「んふ、ひもひいい?ぁむ・・・」

M子さんに咥えながら言われて、「も、もう出ちゃうかも」と伝えると、パッと口を離し、「だめぇ・・・おまんこに頂戴」と言って全裸になった。

「ねえ、Kちゃんも脱いで」

そう言われて俺も急いで全裸になると、彼女は俺をベッドに仰向けに押し倒し、騎乗位で跨がった。
そしてペニスを手で掴むと腰を下ろして、ヴァギナに亀頭を擦り付け始めた。
その時、俺はなんとなく、(上司の愛人と一線を越えていいのかな?)と思ってしまい、「あ、あの・・・大丈夫なんですか?」と聞いた。
M子さんは俺がナマでしても大丈夫かと聞いているのと勘違いしたようで、「今日は安全日だし、子供が出来にくい体質だから大丈夫よ」と言って一気に腰を沈めた。
ペニスはいきり立ってるし、ヴァギナはぐっちゅぐちゅだったので、ヌルリと奥まで入ってしまった。
M子さんは少し後ろにエビ反って、「んああぁっ!」と叫んだ。
俺もヌルヌルのおまんこに包まれた感触が気持ちよすぎて、「んうぅ!」と唸ってしまった。
一度入ってしまうと彼女は腰を押し付けるように前後にリズムよく動かし始めた。

「Kちゃん、Kちゃん!おちんちん気持ちいいよぅ!」

だんだんテンポを上げる彼女。
俺も、「M子さん、M子さん・・・おまんこ気持ちいい!」と言いながら下から彼女の乳房を鷲掴みにして、指の間に乳首を挟んで揉みあげたりしてた。
初めてのセックスでよくここまで耐えたと思うけど、さすがに腰を動かされてからは早かった。
たぶん3分もなかったと思う。

「で、出ちゃうよ、出そう!」

すると彼女は、「いいよ!中に出して!」と言って腰を動かしたまま身体を密着させてキスをしてきた。

この時が初めてのキスだったw

キスしながら2人で、「んっ!んっ!」とお互いの舌を貪りあいながら、俺は背中にしがみついた手に力を入れて、M子さんの中に射精した。
極限まで硬くなったペニスが脈打ちながら、ドクッドクッ・・・と何度も何度も白濁液を注ぎ込んだ。
M子さんは、「あぁっ・・・熱い・・・んぅぅ」と言い、身体を密着させたまましばらくそのままにしてくれた。

少ししてM子さんは、「やっちゃったね・・・良かったよ」と言ってくれた。
俺も「ありがとう、ごめんね」と、なぜだか分からないけど謝った。

「なんで謝るの?」

「だってM子さん、俺の彼女じゃないし」

M子さんはそれ以上は深く語らず、「ふふ、絶対に内緒ね!」と明るく言ってくれた。
なんだか嬉しかった。

それ以降、M子さんと身体の関係はない。
その後、上司と関係が切れたみたいで、俺とM子さんの接点もなくなって、それからは会っていない。
でも、今でも時々思い出して勃起してるw

タイトルとURLをコピーしました