酔っぱらって野球拳をしたら大乱交になった

この体験談は約 4 分で読めます。

この前友人たちと飲み会をやって、次の日が休みってこともあって盛り上がってました。
男4人、女2人で、ウィスキーのボトルを何本か空けるくらいの勢いでした。
どんな話題でも盛り上がる状態で、かなりみんなのテンションが高くなっているのがわかりました。

で、もともと企んでいたんですが、俺は自分の隣にいた女の子のことが好きで、彼女に野球拳を申し込んだら、「いいよ」という返事が返ってきたんです。
俺とその子の野球拳が始まりました。
周りの友人も俺たちを煽るように騒いで、その場が一気に白熱していきました。
俺もその子も徐々に脱いでいきました。
彼女は下着と靴下、俺はパンツ1枚でした。
まさに崖っぷち状態での次の勝負、見事に俺は負けて最後の一枚を脱がされて赤っ恥状態。
しかも好きな子が下着姿だったので、俺のあそこは大きくなっていました。

男の友人が、「ははは!お前デカいな!」と笑います。

女の友人も、「本当だ、おっきい~」と笑っていました。

そしたら野球拳をやった彼女がそっと寄ってきて、「おっきいね」と言って俺にキスをしてきました。
周りの友人は唖然とするどころか逆に、「おお~!いいねいいね、本番?」「いけいけ~!」と囃し立ててきます。
女の友人も「え、ここでやっちゃうの?」と興味津々といった感じ。
その瞬間、場の空気が変わりました。

「そんなにおっきい?」

その子に見せつけるように言うと、「うん、しちゃおっか?」と彼女。

酒の力は凄いというか、流れるように事が進んでいきました。
そのまま俺達はみんなの前でセックスを始めました。
俺は彼女を寝かせると下着を剥ぎ取って、襲いかかるようにセックスに突入しました。
みんなの前にも関わらず、俺とその子はお構いなしの激しいエッチをしました。
全員に見えるように前戯をして、彼女もまた自分から股を開いてあそこを披露していました。
俺は彼女のあそこを愛撫し始めると、すぐに濡れてきて、いやらしい声に変わってきました。
そのままイカせるつもりで指で刺激していると・・・。

「やん、だめ、いい」

そう言いながら腰をクネクネさせて感じてきました。
その子のあそこから愛液がピチャピチャと流れてきました。
周りの男の友人も超興奮していて、もう自分のモノを出してしごいてる奴までいました。
女の友人も興奮して真剣な表情で俺たちを見ていました。

「イキそう?感じちゃってるのがわかるよ、イキたいならいっちゃいな」

その子の耳元でそう言って、指の動きを激しくして彼女を思いっきり感じさせました。
彼女は我慢できずに全員の見てる前で、「イッちゃう、イクイク!」と叫んでイキました。
彼女がイク瞬間、全員が興奮の絶頂でした。
俺も彼女の声に釣られてイキそうになってきたくらいです。

それから俺は椅子に座って彼女にフェラをさせました。
彼女のテクニックがまた凄くて、見てる男連中を元気にさせるには十分でした。
彼女は俺のモノを美味しそうに咥え込んでチュバチュバと音を立ててフェラをしてくれました。
その顔が見れただけですごく嬉しかったです。
酔っていても、それだけは感じました。

俺はフェラをやめさせて、優しくベッドに寝かして、覆い被さるように彼女のあそこに自分のモノを当てて囁きました。

「優子、好きだよ。いい?」

彼女は頬を赤くしながら静かに頷きました。
ゆっくりと彼女の中に挿入しました。
挿入した瞬間、ずっと好きだった女の子とひとつになったことが嬉しくて本当に幸せな気持ちになりました。
そして俺は彼女の中で俺のモノを暴れたいだけ暴れさせました。
俺と彼女の激しいセックスを友人達に見せつけるようにしました。
見られてるという感覚が2人を余計に興奮させたのは間違いありません。
同時に友人達の興奮も最高潮に高まっていて、女友達の1人に男友達が迫りました。

「なあ、◯◯・・・俺達もしようぜ?」

そう言って彼女の友人もまた裸にされて、もう1組のセックスが始まりました。

「ほら、友達も始めちゃったよ」

彼女を抱き上げて、友達のセックスがよく見えるようにして、さらにセックスを続けました。
1組のセックスに他の男友達が加わり、最終的には4Pになりました。
男3人で彼女の友人を触ったり舐めたりしゃぶらせたり、入り乱れての激しいセックスでした。
俺と彼女はその光景を見てますます興奮してきました。
彼女は自ら四つん這いになり、「後ろからお願い」と求めてきました。
俺は彼女の細い腰を掴んで一気に奥まで押し込みました。
子宮の当てるように突きまくると、彼女のあそこからいやらしい液がピチャピチャとこぼれてきました。

「あぁん、だめ、もうイキそう・・・」

「俺もイキそう、一緒にイこう」

俺はさらに激しく腰を使いました。
彼女の喘ぎ声も激しくなり、俺達はそのまま一気に絶頂に達しました。

「イクよ!イクよ!」

「イクイク、イッちゃう~!」

一緒にイクことが出来ました。
俺は彼女の中に精子をたっぷりと注ぎ込みました。
彼女はそんな俺をぎゅっと抱き締めて、「すごく良かった」そう言ってキスをしてくれました。
彼女のあそこからは俺の精子が流れていました。

俺と彼女はそのままお風呂でもう一戦、4Pの連中も1人の女性を相手に、穴という穴を塞がんばかりの勢いでセックスを繰り広げてました。
彼女の友達もまた好き者のようで、「もっと、もっと突いて!」とずっと叫んでいて、1人があそこを、1人がアナルを、もう1人は彼女の口でそれぞれの欲望を満たしていました。
その後、俺達は6人で入り乱れて、翌朝までセックスをしました。

俺と彼女は正式に付き合うことになりました。
ちなみに彼女の友達は、俺の男友達3人と今もセックスフレンドの関係を続けています。

タイトルとURLをコピーしました