本番NGの店でしちゃった話・前編

この体験談は約 7 分で読めます。

風俗で本番したことから巻き込まれた体験談です。

私は以前、なぜか狂ったように風俗へ行っていました。
もともと風俗に行くような生活をしていたわけではありません。
なのに毎週のように通っていました。
通っていた地域は都内からちょっとの某県。
都内との県境みたいなエリアです。
今と違って、まだ各店舗の中でプレイを楽しめた時代。
通っていた3店舗のイメクラ全てが店舗内でプレイできました。
その3店舗ですが、勤務している風俗嬢の多くがプロっぽくないんです。
沿線に大学生が多く住む地域を狙って通っていました。

当然のように本番は禁止のイメクラです。
ですが、私は毎回のように本番をしていました。
無理やりではなく、女の子が「入れていいよ」と言ってくれたから。
理由は簡単です。
指の動きや態度などの技術を学んで、それを駆使していたからです。
思っていた以上に風俗嬢が簡単にヤラせてくれるので驚いていました。
周りの友人からも羨ましがられていましたし、ソープに行くより楽しいと実感していました。
ほとんど素人同然の女の子(しかも若い)と毎回セックスできるんですから。

前置きが長くなりましたが、その体験の中から2名の話を書きます。

ある日、店長からメールが来ました。
店長と言っても、その店には昼と夜の各1名ずついます。
メールをもらったのは昼間の店長からでした。

『明後日に新人が入店するんですがもし宜しければ店にいらっしゃいませんか?経験無しの純粋な素人です。年齢は26歳、Gカップのスレンダー。目線は入れさせて頂きますが、画像をお送りしておきます。もし来店して下さるなら、予約をお願い致します』

毎週のように通っていたので、店長とは仲良くなっていたんです。
指名していた姫が遅刻をして、事務所内で待機してたのがきっかけです。
年齢が近いこともあり、潰れる前の頃は、入店予定の女の子の写真まで見せてもらっていました。

仕事の合間を縫って通っていたので、さっそく16時に予約をしました。
そして当日、ジュースを買ってお店に入りました。
店長に聞いてみると、1人だけお客さんがついたらしいです。

(それじゃ~俺は2人目か・・・)

店長自ら部屋に案内してくれました。
扉を開けると、キャバ嬢チックな女の子が立っていました。

「いらっしゃいませぇ~」

まだ笑顔が引き攣っています。
見た目は芸能人で言うと山本梓のような感じです。

「可愛い~ねぇ!山本梓に似てるって言われない?」

「そうですかぁ?何度か言われたことありますけど、アタシは似てないと思いますよ~」

軽い雑談をベッドで開始しました。

「今日が初めてなんだって?緊張しまくりでしょ?」

なるべくにこやかに話しかけました。

「そ~なんです。何を喋ったらいいのか分からなくて・・・」

「接客業も初めてなの?」

「いいえ、この前はキャバクラで働いてましたぁ」

「じゃ~慣れたもんでしょ~。お酒がないだけで男を転がすのは同じだし」

聞いてみると、彼女はもともと神戸にいたらしいのです。
そしてついちょっと前に実家に帰って来て、ここで働くことになったとか。
持ってきたジュースを渡し、緊張を解す為に話をしました。

「いいんですかぁ?前のお客さんはすぐにシャワーだったんですけど」

「いいの、いいの。可愛いから話だけでも楽しいしね」

そんなのウソなんですが、あえて言いました。
彼女は胸の谷間がよく見えるドレスを着ています。
言われていた通りの大きなオッパイ。

(当たりかも・・・)

そう思った私は彼女に言いました。

「マジで好みだから、時間延長しちゃうかな!店長に電話して」

「えっ・・・ホントですか?えぇ~っと・・・電話・・・電話・・・」

私は50分のコースを90分に変更しました。

「これでもっとゆっくり喋れるね」

そう言って世間話を続けました。

20分ぐらいでしょうか。
話を続けると徐々に彼女の緊張がだいぶ解れてきました。
2人でタバコを吸って、ベッドに座っていたので私は腰に手をまわし、恋人に接するように話を続けました。

そして会話が途切れた時にキス。
そのまま押し倒して激しいキスへと流れました。
普通ならシャワーを浴びて・・・となるのですが、そんなの関係なしです。
キスをしながらドレスの谷間に手を滑らせて、ブラの上から胸を触りました。
緊張が一気に解れたのか、普通の女の子の反応をしていました。
ある程度ペッティングを楽しみ、2人でシャワーを浴びました。

「こんな感じで洗ってあげると、お客は喜ぶよ~」と助言も入れながら。

ドレスを脱いだ時に確認しましたが、かなりの美乳です。
大きいので少しは垂れているかと思っていましたが、まったく垂れていません。
乳首は斜め上にツンと立ち、ボリュームのある巨乳でした。

じゃれ合いながらキスなどをシャワーで楽しんだ後、ベッドへ移動して本格的に開始です。
姫を寝かせてキスから始まって全身の愛撫をしました。
首筋辺りから吐息が漏れ始め、乳輪に舌を這わせた瞬間からはっきりと喘ぎだしました。

「あっ・・・ん・・・あんっ!!」

念入りに乳輪を攻め、焦らしまくった最後に乳首へ。

「ああっ!ああああ・・・んん・・・っ」

演技には見えない本気の喘ぎ声。
そっとアソコに指を這わせると、すでに濡れ濡れになっていました。

「敏感なんだね。もうこんなにグチョグチョだよ・・・」

指についたやらしい液体を見せてやりました。

「もう・・・恥ずかしい・・・だって・・・いい~んだもん・・・あっ・・・」

まだお客に使い込まれていないアソコ。
私はクリトリスを中心に舐め回しました。
初めに書いたテクニック集で攻め方も勉強済みです。

「あっあっあっ!あんっ!あんんっ!ああっ!だめですっ!」

私は指を入れました。
指1本でもキツいぐらいの穴に。

「あっヤダ・・・あんっやっ・・・んっあんっ!んっ!」

指を入れて10秒もしないうちに彼女は無言でイキました。
腰を浮かせたかと思うと、少し痙攣して締め付けてきたからです。

「もうイッちゃったの?ホント可愛いなぁ~」

私は彼女を抱き締めました。
そして優しくキス。

「だって・・・最近してないんだもん・・・」

「そうなの?前のお客さんでもイッちゃったの?」

「ううん、前のお客さんはただ寝てたから」

まだ時間はたっぷりあります。
しばらく私達は添い寝をしていました。

「じゃ~今度はアタシがするね。下手だから教えてね」

今度は彼女が私の全身リップを始めました。
下手とか言いながら、舐め方がすげぇ~し・・・。

「凄い上手いよ・・・もしかして彼氏に叩き込まれた?」

「う~ん・・・そうかも・・・んっ・・・」

亀頭へ舌が到達した時、私は我慢汁を大量に出していました。

「すご~い!もうこんなに出てるよぉ~気持ち良かったぁ?」

そう言った瞬間、彼女は亀頭を舌で舐め回しました。
我慢汁を吸いまくり、カリや裏筋を丁寧に舐め回します。
玉袋も蟻の戸渡りも丁寧に舐め回しました。
態度は素人だけどテクニックはプロ並み。
フェラも極上でした。
彼氏に叩き込まれただけあって、男の気持ちいい場所が分かっています。
こんなに丁寧なフェラは風俗に通って初めてでした。

「疲れたでしょ?素股しよっか」

「う~ん・・・でもアタシ、まだ下手だよ。いい?」

「いいよ、一生懸命やってくれたら心が気持ち良くなるんだから」

まずは正常位になってローションを垂らしました。
チンコを握ってもらって素股の開始です。
実は私、素股も結構好きなんです。
下手に入れるより気持ちがいい場合が多いですから。
でもやっぱり力加減が分かっていないので、そこまで良くはありません。

「こうやって裏筋をアソコに這わせてごらん・・・そう・・・そのまま押しつけると擦れて気持ちいいでしょ?・・・ねっ?」

「あぁ~ホント・・・いいかも・・・はぁ~ん・・・いい~」

私は腰をゆっくりと動きながら押しつけている手を掴みました。
上下だけではなく左右にもチンコを滑らせます。
こうするとクリトリスがよく刺激されるんです。
以前、お気に入りだった風俗嬢に教えてもらいました。

「あああん・・・気持ちいい・・・あんっあんっんっ!やだ・・・それ・・・」

「またイッちゃうの?いいよ・・・イッてごらん?ほら・・・」

激しく動かしまくりました。

「いやっ・・・だめっ・・・だっ・・・またイッちゃう!イクッ!」

今度はちゃんと宣言をして、しかも豪快にイキました。
私は手を離し、アソコにチンコを重ねた状態でキスをしました。
ねちっこいキスを返してきます。

「久しぶり・・・こんな感じたの・・・ハァハァ・・・凄い・・・良かった・・・」

もう息も絶え絶えです。
しばらくは休憩しようと思い、優しくキスを楽しんでいました。
今だけでも最高です。
確実に気持ちのこもったキスだったんです。
キスをしながらゆっくり小刻みにチンコを動かします。
亀頭がクリトリスに当たるたびに、「んっ・・・」と感じる姿。

(これは最高だなぁ~)と優越感に浸っていました。

「ねぇ・・・もう入れて・・・お願い・・・」

「えっ?入れちゃダメなんだよ?」

そう言いながら腰は動いています。

「あっ・・・はぁ・・・だって・・・我慢できっ・・・あっ・・・ねっ・・・入れて」

彼女が懇願してきました。
と同時に、自ら腰を浮かせて入れてしまったんです。
実は、「生はちょっと・・・」と言おうと思ってたのに。
ローションを塗りたくっていたせいで簡単に入ってしまいました。

(まあ、入れてしまったんだから仕方がない・・・)

というわけで、そのまま根元まで挿入しました。

「あああん・・・っ・・・いいっ・・・奥まっ・・・あっあっ・・・すごいのっ・・・」

もう完全にプライベートなセックスです。
ちらりと時計を見ると残りは20分ちょっと。

(シャワーもあるから、一気に出すか)

美乳を堪能したかった私は彼女に騎乗位を頼みました。
上に乗った彼女は凄かったです。
上下左右と腰を自在に動かすんです。
しかも自分でも感じてしまっているらしく、動きが猛スピード。
乳首を摘むと、顔を歪ませながら激しさを増しました。
膣内で亀頭が奥に当たっているのが分かります。

「やべぇ・・・イッちゃいそう・・・マジでやばいよ・・・」

「イッてっ!はっ・・・あっ・・・いっぱい・・・出してっ!」

イキそうな瞬間、私は腰をずらしました。
ズルン!とチンコが抜けて、そのチンコを彼女がシゴきました。
まさかシゴいてくれるとは思っていませんでした。
数回シゴいた瞬間、大量に精子を吐き出しました。
グッチョグチョと音を鳴らしてシゴき続けます。
めちゃくちゃ気持ち良かったのは言うまでもありません。

それから少しだけ余韻に浸り、急いでシャワーを浴びました。
そして時間ギリギリまでキスをして、エレベーター前でも濃厚なキス。
お気に入り決定でした。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました