酔うと記憶をなくして淫乱になる職場の子持ち妻

この体験談は約 4 分で読めます。

某工場に入社して15年が過ぎようとしています。
1年ほど前に人事異動で、私は違う職場に異動になったんです。
その職場には同期の女性(由美子)がいます。
彼女は10年ほど前に結婚して、今は1児の母だったと思います。
童顔な彼女はポッチャリ体型で大人しい感じでしたが、酒を飲むと人が変わるという噂がありました。

その日は、私を含め数人の入れ替え歓迎会が開かれ、居酒屋の個室に15人ほどが集まって酒を飲んでいました。
みんな酔い始め、席を立つ人が目立ち始めた頃、由美子ちゃんが隣に移動して来たんです。

「久しぶり!覚えてる?」

「あ~もちろん!由美子ちゃんでしょ!」

「嬉しい!覚えてくれてたんだ」

「同期は大体覚えてるよ」

「そうか!みんなか!」

酒に酔い始めた感じで、頬を赤らめ目がトロンとなり始めていた彼女は、すでに普段とは違う感じでした。

「ねぇ、お酒飲んでる?」

「由美子ちゃんも飲み足りないんじゃない」

彼女のグラスにビールを注ぐとグイグイと空ける始末。

「お酒強いんだね」

「そうかな?でも大好きなの!」

「へぇ~毎日晩酌?」

「ん~そうしたいけど、旦那がうるさいから控えてるかな?」

「旦那ってどんな人?」

「出張ばっかりで、家には殆ど居ないのよ!」

「じゃ、夜は淋しいね」

「もう~エッチね!でもそうかも!」

「旦那も外でやってたりして」

「まぁいいけど・・・別に気にしないわ」

案外冷めきった感じなんだと思っていると、彼女は色気を出し始め、身体を密着させてきていたんです。
1次会も終わり、2次会の話になると私達も一緒に移動することにしました。
2次会には7人くらいが参加して、カラオケBOXで。

30分が過ぎた頃、私はトイレに向かいました。

(ちょっと飲み過ぎたかな)

そう思いながらトイレで一息ついて部屋に戻ると、由美子ちゃんを囲んで数人が彼女の体を触っているのが分かったんです。
彼女もすっかり酔った感じで、目がもう別人。
そんな中、1人の男性が舌を彼女の口の中に入れ始めました。

「おぉ~始まったなぁ!今日も乱交パーティか!」

「乱交?」

「お前、知らなかったのか?彼女は飲むと淫乱になるから、みんなで犯しまくるんだ」

「そうそう、毎回何度も抜かせてもらっているんだ!その為だけに参加するヤツもいるくらいだぞ」

もう彼女の服装も乱れ始め、パンチラどころの騒ぎではありません。
そんな時、「次に行こうぜ」という話になり、1時間ちょっとでカラオケ店を出ました。
彼女が心配で一緒について行くと、案の定向かった先はホテルでした。
部屋に入るとすぐに彼女は服を脱がされ、全裸でベッドの上に横にされると、数人の男性に囲まれて次々と肉棒を突き刺されました。

「あぁぁぁ~凄い気持ちぃぃ~もっと激しく突いて・・・ん~」

「最高だぜ!おい、そこの道具買えよ!こっちにも色々突っ込むぞ」

彼女はアナルにまでバイブを入れられ喘ぎ声を上げていました。
男全員が1周し、ついに私の順番です。
私は我慢の限界と言わんばかりに彼女に抱きつきました。
ムッチリした白い肌の感触は想像以上でした。
何本もの肉棒を入れた後だけあって穴は緩々でした。
それでも中に入れるとクネクネと肉棒に絡みついてきて、なかなかのマンコです。
アナルもヒクヒクしながらバイブを咥えていました。
腰を振るとブルブルと胸が揺れ、かなり大きなことが分かります。
少なくともFカップくらいありそうな感じで、34歳にしては張りが保たれた立派なおっぱいでした。
両手で揉みながら彼女に初めてキスをすると柔らかくて、彼女から舌を入れてきました。

「ヤス君、前から好きだったのよ!」

耳元で囁かれた時は鳥肌が立ちました。
そして彼女にディープキスされながら絶頂を迎え、我慢しきれずに中に大量放出してしまいました。

「おいおい、中出しはまずいぞ!」

「す、すみません」

肉棒を抜くと、彼女の中から白い精液が垂れ落ちてきました。
その後も代わる代わる男達が彼女に肉棒を付き刺し、やがて1人2人と帰って行きました。

「じゃ、送迎頼むぞ」

そう言って最後の人が部屋を出て行き、彼女と2人だけになりました。
フラフラの彼女を抱き上げて一緒に風呂に入ると、「ヤス君、もう一度抱いて」と言って来たので、風呂で1回、さらにベッドでもう1回じっくりと挿入し、最後は彼女の口に出させてもらいました。
彼女は精液をゴクリと飲むと、「ヤス君とエッチ出来て嬉しい」と微笑んでくれたんです。
彼女を家までタクシーで送り届け、その日は別れました。

翌週、彼女はいつもと変わらぬ感じで真面目に仕事をこなしていました。
辺りでは、「あいつ記憶がぶっ飛ぶから大助かりだよ!また飲み会やろうぜ」とヒソヒソと話していました。
彼女は本当に記憶がなくなるでしょうか?
机に向かってデスクワークしている彼女を見ていると、白い肌と巨乳が頭を過って仕方ありません。
また今週、飲み会が開かれる予定です。

タイトルとURLをコピーしました