母の店で働いていた巨乳美容師とエステルームで

この体験談は約 4 分で読めます。

僕が中学2年の時、母が家の近くで美容室をやっていた。
ある日、学校の帰りにカットしてもらおうと店に行くと、「今日はお店が暇だったから、お母さんはもう帰ったよ」と従業員のお姉さん(24歳)が1人で片付けをしていました。

結局、そのお姉さんにカットしてもらうことになりました。
椅子に座りカットが始まり、最初は学校の話などをしていました。
そのうちに女の子の話になりました。
正直言うと、その時はまだオナニーも知りませんでした。
そのうちにお姉さんは店のシャッターを閉めて僕に言いました。

「いい、今から和クンにしてあげることは絶対にお母さんには内緒だよ」

お姉さんの顔がいつもより恐く見えました。
頷くとクロスを外し、椅子の前に回って腰を屈めて僕のベルトに手をかけてきました。
ズボンとパンツを脱がすとお姉さんは丁寧に畳んで隣りの椅子に置きました。
訳が分からなかったけれど、なぜかチンコは立っていました。
そして・・・お姉さんが優しくチンコの皮を剥き始めました。

「アッ」

僕の少し痛そうな顔を見て、お姉さんは何かクリームのようなものを塗って両手で包み、ゆっくりと上下に動かしてのです。
しばらくすると、おしっこがしたような気分に・・・。

「お姉ちゃん何か変な気分?オシッコしたい。トイレに行かせて」

「和クン、今ここで出していいよ。私が見ててあげるから・・・」

お姉さんが手の動きを速めました。
次の瞬間、生まれて初めての快感が体中に走りました。
大量に出た精液を両手で受けとめてくれたお姉さんは、それを弄びながら僕の顔を見てました。

「大丈夫?」

「・・・」

お姉さんは温かいタオルでチンコの周りを綺麗に拭いてくれました。
そして店の奥から毛布を運び、シャンプー台のベッドに敷いています。

「じゃあ今度はこっちにおいで」

シャンプー台に促され、その時に上着も脱がされて裸にされてしまいました。

「先に頭を洗っちゃおうね」

ベッドが倒されました。
僕の裸の体にバスタオルを掛けながらお姉さんが聞いてきました。

「和クン、セックスって知ってる?」

返事をしないでいると・・・。

「さっきしたことより、もっと気持ちいいのよ。後で教えてあげるからしてみようか」

僕が頷くと顔にガーゼを被せてシャンプーを始めました。
お姉さんのオッパイが僕の顔に必要以上に近づき、ときに押し付けられました。
でもその頃の僕は奥手だったので、(いい匂いだなぁ)(柔らかいなぁ)くらいにしか思いませんでした。
ただ、チンコはバスタオルを持ち上げていました。

シャンプーが終わり、ベッドを半分起こされてドライヤーで髪を乾かしてもらっているときに、お姉さんが僕のチンコの状態に気付きました。
お姉さんは顔を近づけてきて、「もう1回出しちぁおうね」と言って、いきなりキスをしてきました。
キスはだんだん激しくなり、ついに舌が入ってきました。
無意識のうちに舌と舌が絡み合い、お姉さんの唾液が首にまで垂れているのがわかりました。
ずっとチンコは脈打っていました。
長く濃いキスが終わると、お姉さんは無言で前に回り、何かを口に含みました。
そしてバスタオルを上に折るようにしながらゆっくりと股間に近づいていきます。
右手で優しくサオを支えて、左手は玉袋を弄びました。
そして、右手で支えたチンコをお姉さんは口に含みました。

(あったかい・・・)

お姉さんが口に含んだ液体がサオの先から太股や肛門にまで流れ落ちてきます。
(その感触は今でも忘れることができません)

チュバ、チュバ、ズルルーン・・・。

大胆な口でのストロークが開始されました。
ゆっくりとしたストロークが続きました。

(お姉さんが僕のチンコを食べている)

そんな思いと体中に走る快感で、何がなんだか分かりませんでした。

「あ~、お姉ちゃん、またさっきのオシッコみたいのが出ちゃうよぉ~。あっあっ、出るぅ~」

お姉さんは勢いよく出た精液を口で受け止めながらまだチンコをしゃぶっています。

「くっぅ、くすぐったいョお姉ちゃん!」

お姉さんは優しく口を離すと、「気持ち良かった?」と、僕の顔を見てニコリと笑いました。
お姉さんは僕の下半身を丁寧に拭き終わると、「今度は和クンが私を気持ちよくしてね」と言って一度店の奥に行ってしまいました。
しばらくすると・・・。

「和クン、こっちにおいで・・・」

声の先はエステルームでした。
周りには色々な機械があり、真ん中に小さいベッドがあります。
お姉さんはそのベッドにバスタオル一枚で横になっていました。

「キスして・・・」

緊張しながら口を近づけると、片手は首に回し、もうひとつの手で僕の手をオッパイに促します。
ぎこちなくバスタオルを外し、ぐにゅっと揉むと、ビクリと体を反応させ・・・。

「あっは~ん・・・もっと優しく」

僕の首を押さえてキスしてきました。
口の中で唾液が混じり合う濃厚なキスが続きました。
無意識に舌を首筋から胸元へ這わし、やがて乳首を口に含み、まるで母乳を貪るように吸いました。

「あっあっ~いい・・・もっと下まで舐めてぇぇ!」

お姉さんが悶え始めました。
言われたまま舌をお腹からへその周りに這わせて必死に舐めました。
僕の右手の人差し指をお姉さんがしゃぶっています。
すると股を大きく開き、僕をマンコに誘導しました。

「そこをいっぱい舐めてぇ・・・」

そこは小刻み震えていました。
黒い茂みはもうビチョビチョに濡れて、嗅いだことのない匂いがしました。
その奥に割れ目があるのに気付き、指で開くようにして舐めると、「あ~~ん、はぁ~ん」とお姉さんの体の震えも声も大きくなってきました。

「もっもと奥までお願い!」

僕はそこから口を離し、指を入れて掻き回してみました。
マンコから液がたくさん溢れてきました。
お姉さんは僕の指に合わせて腰を震りながら・・・。

「ダメダメ、イッ、イッちぁう~!」

マンコで指をギュウッと締めつけ・・・やがて力が抜けていきました。
しばらくして気怠そうに起き上がると、「ありがとう。じゃあ交替ね」と。
ベッドに寝かされ、軽くキスをされ、「さっきのお返しだよ」と乳首をペロペロされながら手でチンコを弄ばれました。
お姉さんの舌は僕のチンコをまるでアイスクリームのように舐めあげ、足を持ち上げお尻の穴まで這ってきました。

「あ~ん・・・」

違った快感が脳天を突き刺し、僕は思わず声を漏らしてしまいました。
そしてこのあと、お姉さんに童貞を奪われました。
もちろんお母さんには内緒です。