下着の中を見せてくれた優しい母と

この体験談は約 6 分で読めます。

ボクが中1の時でした。
当時、母は32歳。
髪はショートで顔は童顔、肌はすべすべで、実際の年齢より随分若く見える自慢の母でした。

夏のある日、ボクが学校から帰ると、母が茶の間で横になって寝息を立てていました。
見ると、スカートが膝の辺りまで捲れていて、薄暗い中、母の白い足が目立って見えました。
ボクは近づいて「ただいま」と声をかけましたが、母は眠ったままでした。
じっと顔を見つめると、母の寝顔がやけに可愛らしかったのを覚えています。

その時、母が寝返りを打ちました。
そのせいでスカートがさらに捲れあがり、引き締まった白い太ももが露わになりました。
ボクはだんだんと妙な気分になってきました。
恐らくボクは普段から母のことを、“女”として意識していたのかもしれません。

ボクは母の足下の方へ移動しました。
そこから見ると、スカートの隙間からその中が、わずかにですが見えました。
レース模様の白い下着です。
ボクはじっと見つめていました。

(こんなことをしちゃいけない)

そう思いつつ、母の下着へ向けて眼球が固定されたかのように、じっと見入っていました。

「ゆう君」

母の声でした。

「何見てるの?」

母が薄目を開けて、静かな優しげな声でボクに言いました。
ボクは慌てて、起こそうとしていたと言い訳すると、母はちょっと前から起きていたと答えました。
ボクは目の前が真っ暗になりました。
母に対して、いやらしいことをしてしまった恥ずかしさと後悔で死にたくなりました。

(母はきっと父にも話す。ボクはどこかにやられてしまう・・・)

そう思いました。

「ゆう君、母さんのパンツ見てたんだ?」

静かなトーンだけど問い詰めるような母の言葉に、ボクは黙って頷くしかありませんでした。

『ゆう君みたいないやらしい子は、もううちの子じゃないよ』

ボクはそう言われるのを覚悟しました。
ところが母の発した言葉は予想外のものでした。

「もうそんな年になったんだ・・・。しょうがないよね、男の子だもんね」

母はそう言うとボクの肩に手を乗せました。
ボクと母はしばらくの間、そうしていました。
やがて母が、「ゆう君・・・母さんのパンツ、もっと見たい?」と言いました。
ボクはどう答えていいかわかりませんでした。

「見たくないの?」

ここで「うん」と言ってしまったら取り返しがつかなくなると思い、ボクは首を横に振りました。

「じゃあ見たいの?」

母が、その可愛い顔をボクの顔に近づけて言いました。
ボクは無言で頷きました。

「じゃあ母さんの部屋に行こう」

そう言うと母はボクの手を引いて、自分たちの寝室までボクを連れていきました。

「父さんには内緒だからね」

小さな子供と約束する時のように母がボクに言い、ボクは首を縦に振りました。
母はボクをベッドの前に正座させると、自分はベッドに座りました。
そしてボクの目の前に座った母はゆっくりとスカートを持ち上げました。
母の下着が見えました。
さっき見た時よりもはっきりと見えました。
股間の部分から陰毛がわずかに透けて見え、黒っぽくなっていました。
ボクは目を大きく開き、身を乗り出すように見入ってしまいました。

「触ってみる?」

母が訊いてきました。
ボクはしばらく考えてから「うんうん」と頷き、恐る恐る手を伸ばしました。
触れると、母の股間は温かく、柔らかい感触が指先に伝わってきました。
そうやって弄っていると母が・・・。

「パンツの中に、入れてみる?」

と訊いてきたので、ボクはそうすることにしました。
その時までボクは、たとえ母といえども女の人のアソコに触ったことなどなかったので、当然のごとく心臓は高鳴り、顔は熱くなり、息は荒くなっていました。
ボクの指が母のおへその辺りから下着の中に入っていきました。
母のそこはとても熱く、とても濡れていました。

「濡れてるでしょ?」と母が言いました。

ボクが「どうして?」と訊くと、母は「女の人は気持ちいいとこうなるのよ」と答えました。

ボクが母のアソコを弄っていると、母の手がボクの方に伸びてきました。
母はボクの上着とシャツを脱がし、ボクの胸に手のひらを当てると、ボクの唇に自分の唇を重ねてきました。
ボクは驚き、顔を後ろに反らしました。
母はボクを追うように顔を前に突き出し、ボクの唇に吸いつきました。
母の舌がボクの口の中に侵入してきて、ボクの口の中を掻き回しました。
母の舌がボクの舌に絡みつき、時折ボクの唾液を吸い込みました。
母の手がボクのベルトを外すと、ズボンのチャックを開きました。
すでにボクのペニスはギンギンに硬くなっており、痛いくらいでした。
母はボクを仰け反らせると、ボクのブリーフを膝辺りまで下ろしました。

「ゆう君・・・父さんには絶対内緒だからね」

母は念を押すように言いました。
ボクは黙って頷きました。

母はボクをベッドに横たわらせると、ボクの腰に跨がり、ボクのペニスを指で摘み、ゆっくりと腰を落としてきました。
ペニスの先端にねちょっとした感触を受けました。
母のアソコとボクのペニスの先端が接触したのです。
母がそのまま腰を落とすと、にゅるっと一気に母の膣がボクのペニスを包み込みました。

「ゆう君は、今入ってる母さんのここから産まれてきたんだよ」

母がうっとりとした表情で言い、ボクの唇を自分の唇で塞ぎました。
母はボクの背中を抱き締めながら、ボクの口の中で何度も舌を絡ませてきました。
やがて母はボクの口から離れると、腰を動かしはじめました。
ボクのペニスに母の温かく柔らかい膣が擦りつけられました。
母の膣はねっとりと濡れ、その液は溢れ、ボクのペニスを伝い、ボクの尻まで滴っていました。
母は何度も腰を上下させました。
たまに勢い余ってペニスが抜けると、照れたように可愛く笑い、再び手を使ってボクのペニスを膣に導きました。
母はそうやってボクの上で動き、ボクのペニスを包んで締め付けたり擦りつけたりしながらボクと交わったのです。
何度目かの上下運動でボクは我慢できなくなり、小さくうめいて果てました。
ボクのペニスから精子が吐き出され、母の膣内を満たしました。
たぶんその時が初めての精通だったと思います。

「ゆう君・・・熱い」

母がボクの精子の熱を愛おしむように言いました。

「気持ち良かった?」

母が訊いてきたのでボクは、「気持ち良かった」と言いました。
母は、しばらく繋がったままじっとしていましたが、やがてボクのペニスを引き抜くと、ボクの上から離れました。
母のアソコからは白い液体がぼたぼたと垂れていました。
母はティッシュをアソコに宛てがい、両腕でボクを抱き締めました。

「ゆう君、大好きよ・・・」

ボクも、「母さん、大好き」と言いました。

何分かそうしてましたが、やがて母さんは両腕を離すとボクのペニスに触ってきました。
母の指はペニスを巧みに刺激しました。
ペニスにどんどん血液が集まり、再び硬く勃起してしまいました。

「ゆう君、もう1回入れて、ね」

母はいたずらっぽく微笑むと、ベッドに仰向けになりました。
ボクがどうしたらいいか戸惑ってると、母が足をカエルのように広げました。
母のアソコがはっきりと見えました。
ピンク色でぬらぬら光って、真ん中に穴が開いていて、そこからボクの出した精子がわずかに流れ出ていました。

「ゆう君、ここに入れるのよ」

母は教師のように優しく言うと、「さあ」とボクを促しました。
ボクは母の言う通りにしました。
何度か入れようと試みましたが、思うように入りませんでした。
すると母が手でボクのペニスを自分の膣まで導きました。

「ここよ」

ボクは頷き、腰を前にゆっくりと押し出しました。
最初にぐぐぐという感じでちょっとだけ抵抗があり、後はつるっと入っていきました。
根元まで母の膣内に入ると、ペニス全体に先ほど同様、ぬめぬめとした快感が広がりました。

「気持ちいい?」

母が訊くので、「気持ちいいよ」と答えました。
ボクはしばらく母の膣内の快感に浸ったあと、腰を前後に動かしはじめました。

(今、自分を産んでくれた母の膣内にペニスを入れている)

そんな罪悪感とも何とも言えない気持ちが頭の中でドロドロと渦巻きました。
ボクが腰を突き出すたびに母が小さく喘ぎました。
その様子は、あまりに可愛く、あまりに愛おしく、ボクは母のそんな姿をもっともっとこの目に焼き付けたくて、いっそう強く腰を動かしました。

「ゆう君、好き、大好き!」

母が叫びました。
母がボクの手を強く握りました。
ボクも握り返しました。
そしてペニスに強い快感が押し寄せました。
ボクは再び母の膣内に精子をドクドクと流し込みました。
しばらく頭が痺れたようになりうなだれていましたが、やがていくらか頭がすっきりしてきたので母を見ると、目を閉じて口を半開きにしていました。
ボクは母の胸に抱きつき、母もボクを抱き返し、ボクたちはペニスと膣を結合させたまま、ずっとそのままでいました。

辺りが暗くなるとボクと母は離れ、母はもう一度ボクと唇を合わせ、「2人だけの秘密だからね」と念を押し、夕食の準備をするために台所に行きました。
ボクは母を見送ったあと、しばらくベッドに横になっていました。

その日以来、母はたまにですが、父がいないときにボクにセックスを求めるようになり、そしてボクも母にセックスを求めるようになりました。
その関係はボクが高校生になって彼女が出来るまで続きました。
今でも母の膣の感触が忘れられません。

タイトルとURLをコピーしました